薬剤師は本当にモテるのか?現役薬剤師にインタビュー【年収は420万~ 】


こんにちは!

今回は、
・薬剤師は本当にモテるのか?
・薬剤師の年収ではどのような生活レベルを送れるのか?

といったことについて、実際に現役薬剤師さんにインタビューをしてきたいので、それをシェアしたいと思います。

今回インタビューに協力頂いたのは、現役薬剤師のNさんです。
8年目の女性薬剤師さんで、お歳は30代前半、趣味は旅行とのことです。

それでは、さっそく薬剤師の実態に迫っていきたいと思います!

ぶっちゃけ薬剤師さんって男性からモテますか?

社会人になると、調剤報酬の薬剤師は女性ばかりなので、そんなにもてなくなります。結婚してる人は、学生時代の彼氏と、そのまま結婚していったような感じです。

薬剤師は高学歴なイメージがあるため、社会人になって合コンとかしても、男性から引かれてしまうこともあるとか、聞きました。病院薬剤師だと、男性の医者とかもいますが、看護師や検査技師など、ライバルも多いです。男性薬剤師に関しても、他の業種の女性が狙ってるため、よさそうな人は激戦になってしまうかと思われます。

やはり余程の人じゃなければ、学生時代に付き合ってた彼氏と、そのまま続けていって結婚していくのがいいでしょう。学生時代の方が断然もてて、学生時代の彼氏と結婚したので。

薬剤師の世間からの印象と実態

薬剤師の世間からの印象

高学歴な印象があるため、頭がいいと思われます。

ちなみに、しっかりした家庭のお嬢様の印象があるためか、親世代の受けは抜群です。私も実際、結婚するときに旦那の両親から、薬剤師ということで喜ばれました。あと、結婚出産しても働ける印象があるので、女性もバリバリ働いていくイメージがあるようです。

それに、高収入な印象もあるようです。お金持ちと思われることも多いので、余程仲良くならない限りは、職業は言わないようにしてます。

薬剤師の実態【真面目で努力家の人が多い】

何事にもコツコツと、真面目に取り組む人が多いです。幼い頃から勉強ができる子供が多いので、特に女性薬剤師は、プライドが高い人が多いです。

逆に男性薬剤師は、変わり者が多いと言われています。コミュ障的な人も、多いです。また男女とも、人付き合いは苦手な人が多いかもしれません。文系的な明るいノリは、通用しないのではないでしょうか?

静かで真面目な人が多いと思います。飲酒喫煙は、ほとんどしないか、たしなむ程度の人が多いです。仕事帰りにお酒飲むことも、ほとんどありません。

薬剤師の年収は400万円〜【年収が高いと思われるので薬剤師ですと言いにくい】

私は現在薬剤師8年目ですが
1年目…420万
2年目…440万
3年目…480万
といった年収です。

月8万円くらいのマンションで、一人暮らしができます。お昼は節約のため、お弁当と水筒持参してました。仕事で疲れて、夜はコンビニだったので、昼は節約です。

でも外食はできますし、服もマルイとかに入ってるブランドなら、新作で買えます。お金貯めて旅行も行けるので、1人で過ごしていくのに、そんなに不自由な金額ではなかったです。

薬剤師になるまでの道のり

薬剤師になるには、6年制の薬学部に入学する必要がある

薬剤師になるには、
・高校卒業→大学の薬学部入学(6年間)→国家試験合格

という道を進む必要があります。
4年制の薬学部では薬剤師の免許は取れないので、注意が必要です。

薬剤師になるまでに大変だったこと

私の時代は薬学部に入るのがとても大変だったので、大学受験はきつかったです。高1の夏から、みっちり勉強しました。また大学入ってからも、実験やレポートに追われて、日々忙しかったです。合コンやったりバイトやったり、普通の大学生がしていくことを、ほとんどしていません。

進級のためのテストや卒業試験、国家試験は言うまでもなく大変でした。落とすためのテストではないのですが、問題を解く練習が必要なので過去問をどこが間違ってて、どうすれば正解になるかまで、しっかり学習しました。

薬剤師として働いて嬉しかったこと、辛かったこと

嬉しかったこと

① 薬についての知識が増え、詳しくなっていくこと。

②主婦になってからも使える資格なので、子供がいても派遣で働けること。

③憧れの都会で、金銭的にも親のお世話にならず、一人暮らしできたこと。

辛かったこと

①覚えるべき薬や、調剤技術が多く、一人前なるために努力し続けないといけないこと。

②閉鎖的な職場なので、人間関係がきつい。嫌な人がいると、最悪でした。

③学費返済のために、働かないといけないこと。

最後に、薬剤師を目指す高校生にメッセージをお願いします

繰り返しになりますが、薬剤師は結婚出産しても使える資格なので、女性にはぴったりです。嫌なことや大変なことも多かったですが、私は薬剤師になって本当に良かったと、思っています。

薬剤師はまだまだ不足してるようで、就職も引く手あまたです。薬剤師になれるなら、努力して薬剤師になることを、オススメします。また、薬剤師は資格取ることがゴールではありません。

薬剤師になってからも、自分で勉強していくことが大切です。知識や技術を磨いていきましょう。とにかく勉強と努力です。頑張ってくださいね。

コメントをかく

*