商学部の志望理由【例文2つとその書き方】


こんにちは。
今回は、商学部への入学を希望する受験生の方に向けて、「商学部の志望理由の書き方」や「商学部への志望理由の例文」を書いていきたいと思います。

指定校推薦やAO入試の願書を書く際に活用していただければ嬉しいです。

また、志望理由書を書く際には受験大学のパンフレットがとても役に立ちます。

大学パンフレットはマイナビ進学で無料請求できるので、ぜひ活用して下さいね。

大学パンフレットを無料請求

商学部の志望理由の書き方

商学部の志望理由の書き方は、大きく分けて2通りあります。「将来の夢から志望理由を書く」という方法と「学科独自の取り組みから志望理由を書く」という方法です。

①将来の夢から志望理由を書く方法
自分の将来なりたい職業像から志望理由を組み立ている方法です。将来の目標がはっきりと決まっている方は、こちらの方法で志望理由書を書くことをおすすめします。参考までに、商学部と関係のある職業を書いておきますね。

商学部と関係が深い職業
経営者、公認会計士、税理士、公務員、企業のマーケティング部門、小売業

②学科独自の取り組みから志望理由を書く方法
いや、将来やりたいことなんて決まってないよ!モラトリアムを延長したいから大学に入学したいだけだわ!
という方におすすめなのが、この「学科独自の取り組みから志望理由を書く」という方法です。

「貴学の商学部は少人数ゼミを行っており〜」
「貴学の商学部ではマーケティング分野の教育に力を入れており〜」
「オープンキャンパスで商学部の様子を見学した際、雰囲気がとても良かった」などという志望大学の商学部独自の取り組みを調べて、それをもとに自分の志望理由を組み立てていきましょう。

志望大学の経営学部が独自に行っている取り組みは、その大学のパンフレットに全て載っています。

マイナビ進学というサイトでは、多くの大学のパンフレットが送料も含めて無料で手に入るので、ぜひマイナビ進学で志望大学を検索してみて下さい。

大学パンフレットを無料請求

それでは、次は志望理由の例文を見ていきましょう。

商学部志望理由例文

その1 将来の夢から志望理由を書く

私は将来公認会計士として、企業、そして社会に対し貢献していきたいと考えています。そのため、○○大学経営学部会計ファイナンス学科を志望します。

公認会計士になりたいと思ったきっかけは日商簿記を学んだことにあります。簿記は高校に入学してすぐに学び始め、日商簿記二級までの知識を習得することができました。

三年間における簿記の学習を通し、特に印象深かったことは、「簿記の基本である財務諸表が企業の経営状態を明白にさせ、経営をしていく上で重要になってくる」ということです。情報化社会が進行する中で、情報の信頼性はますます重要になってくると考えています。

公認会計士という立場で、企業の監査を行うことにより情報の信頼性を確保していき、社会がより円滑に発展するよう支えてきたいと思います。

貴学会計ファイナンス学科を志望した理由は、貴学の教育体制の充実さにあります。まず会計やファイナンスにおける幅広い教養を身に付けることが出来る。そして何より公認会計士、税理士など高度な資格取得において強力なバックアップ体制が整っています。その一つが少人数授業であり、先生方や仲間と密接的に学ぶことができるという、自身にとってとても学びやすい環境だと考えています。

また、二年次のコース選択ではアカウンティングコースを選択し、管理会計論・原価計算論・会計監査論などを通し、専門的な知識だけではなく実社会に出て会計上の様々な問題を解決する際の力も身に付けていきたいです。

資格取得を中心としたキャリア開発講座では自らの課題を発見し、より理解を深め、多くの新しい知識を蓄えることにより、自分自身をさらに高める有意義な時間にできるようにしたいと思います。
以上の理由により、貴学経営学部会計ファイナンス学科を志望します(736文字)
引用元:【至急】志望理由書の添削をお願いします

解説
これは経営学部の志望理由書ですが、商学部志望のかたでも「公認会計士」という職業を軸にすれば通用するので掲載しました。(商学部経営学科を志望する場合はこの志望理由でOKですが、経営学部と商学部を併設している大学を志望する場合は、だったら経営学部でもよくない?と突っ込まれないように注意してください。)

この方は、将来なりたい職業→その職業に興味を持ったきっかけ→志望大学の学科独自の取り組み→入学後の具体的な展望という流れで志望理由を構成しているので、とても分かりやすいですよね。

大学独自の取り組みも志望理由に織り交ぜている点もポイントが高いです。「公認会計士になりたいんだったら別にうちの大学じゃなくても良いよね?」というツッコミにも対処できるので。

その2 学部独自の取り組みから志望理由を書く

私は高校での授業で、発展途上国での児童労働を知りショックを受け、 また、途上国と先進国との流通の実態やフェアトレードについても学びました。

そして世界の経済的諸問題を解決しながら発展に繋がる仕事がしたいと考えるようになり、学校以外でも、フェアトレードに関連するNPOのボランティアへ参加し、実際に活動している方々にも色々なお話を伺い、更に理解を深めることができました。

将来、先進国と途上国との対等な経済関係の下に、各々の国に寄与する事業を担う、企業や団体の一員になり、世界経済の発展に貢献する人間になりたいと強く思っています。
その為に、私は慶応義塾大学商学部に入学して、世界各国の経済・社会の現状を深く学び、貿易・流通についての見識を深め、社会で活用できる実力を身につけたいと考えています。

更にここでは、四年間通して選べる総合教育科目や、三・四年次に専門外の分野を選択でき、産業社会を俯瞰できる広い視野を養い、寄付講座やインターンシップによって、学内での講義の他に、関連する現実の問題を体験、実感できることに大きな魅力を感じています。

この学部だからこそ、学べ、体験でき、培われる力を以て将来の夢を現実にできると考えています。(515字)
引用元:志望理由の添削をお願いします

解説
この方は、関心を持っている出来事→それに関連した大学の商学部独自の取り組みという流れで志望理由書を構成していますね。この方法なら「将来の夢とか別にないわ」という方でも楽々志望理由書を書くことができるかと思います。

大学の学部独自の取り組みはパンフレットに全て掲載されています。

大学パンフレットを無料請求

まとめ

商学部の志望理由書の書き方は
①将来の夢から志望理由を書く
②志望大学の商学部独自の取り組みから志望理由を書く
という2つの方法があります。将来の夢が固まっていない人には②の方法がおすすめです。

志望大学の経営学部独自の取り組みは、その大学のパンフレットに全て掲載されています。

マイナビ進学というサイトを使えば、多くの大学のパンフレットは送料も含めて無料で手に入るので、ぜひ活用してみて下さい。

大学パンフレットを無料請求

コメントをかく

*