麻布大学の評判と偏差値【獣医学部は有名です】


こんにちは!
今回は麻布大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、麻布大学は全体的に偏差値が低いので世間的な知名度も低いのですが、獣医学部だけは難関なため獣医を志す人の間では有名です。

また、麻布大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで麻布大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば麻布大学のパンフレットは完全無料で取り寄せることができます。
麻布大学のパンフレットを無料請求
それでは、さっそく麻布大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は麻布大学 獣医学科です。

麻布大学の評判まとめ

麻布大学の偏差値

獣医学部
獣医学科…偏差値60
動物応用科学科…偏差値42.5

生命・環境科学部
臨床検査技術学科…偏差値45
食品生命科学科…偏差値37.5
環境科学科…偏差値37.5

麻布大学の学生の学力レベル

獣医学科だけに限ると、日東駒専レベルの合格者が多い。

麻布大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
麻布大学 獣医学科<福岡大学 といった印象。

麻布大学の世間からの評判

獣医学は有名です。ただし一部の人にです。

内情を知る人は卒業生くらいしかいないし、どこの動物病院の先生がどこの大学を出ているかは飼い主さんくらいしか興味を示しませんから。世間一般にはわかりにくい大学と言えます。

獣医学科においては偏差値の振り幅が大きく、下は30、上は60と差がある。ただそれで周囲の人間が人を判断するかどうかはどうかな?私から見て、頭の固い人でペットを見てもらいたいと思わない印象の人もいる。

その人の偏差値は私にはわからないけど。麻布大学自体の知名度は薄く、あまり知られていない。獣医師を志す人ならわかる程度。

獣医学部では他大学と並んでいると思う。ただ、同学部の人には他の学部生に高圧的な態度をとる学生が存在していて、逆に他学部の学生は寄り付いてこない一面がある。

誰もが高圧的な態度をとるというわけではないのに、一部の人のせいで評判が悪いことが悩み。確かに他学部よりも多様性のある学生が目立つ。

麻布大学の学生の様子

麻布大学は小動物の臨床施設も備えており、将来小動物をみたいという志の学生には充実した設備が整えられている。学生は多様性があり、心意気が強い。

小動物愛護の学生も大多数におり優しさがわかる人が多い。中には年齢が上の学生もいて、面白い人が多い。

以外とのびのび学べる環境で生体へ触れる機会が初年度から設けられている。

また、適当にアットホームで柔らかい雰囲気があります。自然に顔見知りとかたまるようにはなってきます。

大学で学ぶことに関係のないことを持ち出すような舐めた人はいませんでしたが、面白い人、優しい人は多かったです。一年から生体へ触れることができるために、みんな興味が強く充実していました。

共に学んでいるうちに仲良くなる、カップルになる学生はいました。

麻布大学の就職先について

他学部はほとんど知りません。多分、他の獣医学部の学生は自分の学部の状況しか知らないはずです。

獣医学部の就職先は限られています。実家を継ぐという人もいましたが、恵まれている方の人です。

獣医師になる人が多いです。将来は独立したいと考えている人が多いようでした。

この世界は最終的には動物病院を持ちたいと思う人が普通です。小動物を診療できる動物病院は多くはありません。

経験を積んでから開業するために、大手に就職する人がいました。卒業してすぐに開業できる人は見ていません。

畜産の方は団体や企業があります。私は小動物専門なら勤務場所、働く企業は問いませんでした 。

他の業界と比べて奉仕の仕事ですから就職先は選びにくいです。

麻布大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①一年時より生体へ触れる授業があること。理論だけ先行してもモチベーションが下がってしまいます。

②小動物目的でしたので、施設の充実に不満はありません。

③優しい学生が多いです。

悪かったところ

①もしも自分が動物ならこの人に見られたくないというタイプもいた。

②立地は東京ではなく、神奈川にある。大学名は麻布としているけど、都内の周辺環境とは遠いことがマイナスポイントかな。

③麻布大学自体は他学部の認知度が低い。他学部との牽制も耳に入ってきて、大学全体のマイナスイメージとなりうると思う。とても残念なこと。大学全体で偏差値、評判を上げるように努力してほしい。一部の学生が思い上がらないようにしてほしい。

麻布大学に4年間通ってみていかがでしたか?

卒業できて良かったです。年間の学費の問題ですが、医学部のように多額ではないので親からのプレッシャーはほどほど低い。

命を扱う職業に就くために人間性も磨こうと読書量を増やしたり、専門分野意以外の本を読んだりしてきた。その努力はそれなりに意見を持つことに役立ってきていると自負しているため。

麻布大学は、動物に触れる機会が他大学よりも早く、慣れるスピードも速いというメリットがあると考えていたので、こうした授業の進め方も良かった。これから麻布大学獣医学部を受けるならこうした条件も考慮されたらいいかと思います。

おそらく臨床しやすいからと思われますが、小動物に関心が強いならおすすめできます。雰囲気は年次にもよると思いますが、明るい方でした。

麻布大学の基本情報

麻布大学の住所と最寄駅

◇住所
〒252-5201
神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71

◇最寄駅
R横浜線「矢部駅」北口より徒歩約4分。

麻布大学の学費(4年間)

麻布大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

獣医学部(獣医)…学費1,382万円
獣医学部(動物応用科学)…学費932万円
生命・環境科学部…学費632万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、麻布大学の学校パンフレットでご確認下さい。

麻布大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
麻布大学は全体的に偏差値が低いので世間的な知名度も低いのですが、獣医学部だけは難関なため獣医を志す人の間では有名です。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、麻布大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で麻布大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

麻布大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*