名桜大学の評判と偏差値【沖縄の公立大学】


こんにちは!
今回は名桜大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、名桜大学は沖縄県では数少ない国公立大学として、県内での評判はとても良いです。また、立地が良く学校終わりにパッと海へ出かけられる環境にあるという点でもおすすめです。

また、名桜大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはスタディサプリ進路というサイトで名桜大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、スタディサプリ進路を使えば名桜大学のパンフレットは完全無料で取り寄せることができます。
名桜大学のパンフレットを無料請求
それでは、さっそく名桜大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は名桜大学人間健康学部の卒業生です。

名桜大学の評判まとめ

名桜大学の偏差値

国際学群
国際学類…偏差値42.5

名桜大学の学生の学力レベル

近年公立化されたため、沖縄県内では進学校出身や推薦を受けられる程度の学力のある学生が多かったのですが、県外から来る学生は滑り止めが多かった印象です。

名桜大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
名桜大学<琉球大学<大分大学 といった印象。

名桜大学の世間からの評判

2010年度に公立化してからは、看護学科の設立や県外からの入学希望者が増えたことにより、倍率が急激に上昇し、沖縄県内でも人気の大学となっています。しかし、年配の方には以前私立だった時の「誰でも入れる」といった印象が強いせいか、名桜大学の出身ですと言うと微妙な表情をされることが多いです。2ちゃんねる等の匿名掲示板では「Fラン公立」「私立大と変わりない」等と、叩かれているのも目にします(笑)

地元での評判は良い印象を受けます。沖縄県北部地域唯一の総合大学であるため、北部12市町村出身の学生には推薦枠が用意されています。そこに、北部地域の優秀な学生さんが推薦を勝ち取って入学してくるので、地元の方にとっては「でぃきや〜」、沖縄の方言で「できる子」の印象があるんだと思います。

実際に私も、在学中のボランティアやアルバイトで地元の方とお話する機会があり、名桜大学の学生ですというと大げさなほど「すごい」「就職先どこ!?」と褒め称えられたことがあります。が、偏差値は50程度なので、全国的に見るとそうでもないんだと思います(笑)

名桜大学の学生の様子

私がいた学科は、将来に向けて資格を取るための必修科目が多く、まじめな学生が多い印象でした。在学中は、大学ってこんなに課題もテストもあるのか…思っていたようなキャンパスライフと違う…と思っていましたが、真面目に頑張ったおかげでストレートで卒業、就職でき、やる気なしの私の尻を叩いてくれた周囲の友人たちには感謝しています。

また、私の学科は1限目からの講義でも殆ど遅刻する学生はおらず、逆に遅刻や欠席をする学生を白い目で見るような風潮がありました。教授の講義では皆真面目にノートを取ったり、当てられるとスラスラと自分の意見を述べるのですが、学外講師の授業は出席やレポート点数の比率が高かったため、携帯をいじったりコソコソおしゃべりしている学生もいました。

名桜大学の就職先について

人間健康学部はスポーツ健康学科と看護学科があり、前者はスポーツに関連した企業や市民ジム、また体育の教員免許をとった学生は教員採用試験にチャレンジする方も多いです。消防、警察など体力の必要な公務員の道を志す方もいます。

後者は、卒業年度に看護師免許取得する予定のため就職に困っている印象はあまり受けませんでした。殆どの卒業生が病院へ就職します。県外、県内半分ずつぐらいの比率であったと記憶しています。

また、看護師から更なるステップアップを目指すため、保健師・助産師の養成コースである大学院に進む者や、養護教諭を志して教員採用試験を受ける者もいます。卒業生の殆どが看護師関連の医療職に就職するため、一般企業への就職例はあまり見かけません。

名桜大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①自然豊かな環境でのびのび勉強ができました。学校帰りや講義の合間に、パッと海へリフレッシュしにいくこともありました。

②県内外の学生が多く、沢山の友人が出来ました。卒業しても全国各地に会いにいける友人がいます。

③卒業前頃に学内の改築が始まり、おしゃれなカフェやラウンジが出来ました。

悪かったところ

①良くも悪くも田舎なので、週末は大抵お酒を飲むしか遊びがありませんでした。

②場所柄や県外学生が多いため、一人暮らしの学生が多く、男女関係は乱れていたと思います。

③総合大学ではあるが学科数が少ないため、琉球大学や沖縄国際大学など県内のほかの大学に比べるとイベントがしらけていた印象です。

名桜大学に4年間通ってみていかがでしたか?

この大学に進学してよかったと感じています。理由は、上記にも挙げたとおり、名桜大学のある名護市は本当に自然豊かなきれいな街です。のんびりゆったりした時間が流れており、私自身沖縄にずっと住んでいるのですが、名護市に住んでさらに沖縄が大好きになりました。

また、沖縄にいると県外の方と触れ合う機会があまりなく、未だに「ないちゃー」=内地の人、といった差別用語を耳にすることがあるのですが、この大学で様々な地域の方と出会い、文化を知り、自分自身の知見も広がったと思っています。

名桜大学は小さな総合大学ですが、47都道府県の学生が在籍しているという話を聞きました。沖縄県内のほかの大学でも、県外の大きな大学でも出来ないような、あたたかい人とのつながりが出来て、本当に良かったと思っています。

名桜大学の基本情報

名桜大学の住所と最寄駅

◇住所
〒905-8585
沖縄県名護市字為又1220-1

◇最寄駅
名護バスターミナルより「学生送迎バス」乗車→名桜大学にて下車

名桜大学の学費(4年間)

名桜大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

人間健康学部(看護)…学費233万円
人間健康学部(看護以外)…学費231万円
国際学群…学費231万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、名桜大学の学校パンフレットでご確認下さい。

名桜大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
名桜大学は沖縄県では数少ない国公立大学として、県内での評判はとても良いです。また、立地が良く学校終わりにパッと海へ出かけられる環境にあるという点でもおすすめです。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、名桜大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

スタディサプリ進路というサイトを使えば完全無料で名桜大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

名桜大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*