鶴見大学の評判と偏差値【知名度はなかなかひどい】


こんにちは!
今回は鶴見大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、鶴見大学の知名度は中々ひどくあまり世間では認知をされていません。とはいえ入試難易度も低く入学はしやすいので、とりあえず大卒の学歴を手にしておきたいという方には良い大学だと思います。歯学部も偏差値37.5と、とても入学しやすいですよ。

また、鶴見大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで鶴見大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば鶴見大学のパンフレットは完全無料で取り寄せることができます。
鶴見大学のパンフレットを無料請求
それでは、さっそく鶴見大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は鶴見大学文学部日本文学科の卒業生です。

鶴見大学の評判まとめ

鶴見大学の偏差値

歯学部
歯学科…偏差値37.5

文学部
日本文学科…偏差値37.5
文化財学科…偏差値37.5
ドキュメンテーション学科…偏差値35

鶴見大学の学生の学力レベル

県内で中間層高校レベルの生徒が多かった。

鶴見大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
田園調布学院大学<鶴見大学<昭和大学 といった印象。

鶴見大学の世間からの評判

鶴見大学は人に話をしても知らないという方が多く知名度は低い印象です。ですが、地名が大学名なので偏差値が高い大学と思われる雰囲気がありました。実際は偏差値はかなり低く、少しの受験勉強で入学できるレベルです。近くに神奈川大学があるのですが、こちらも県立と誤解される方が多く、頭が良いと見做されるのですが、実際は私立大学なのでそれほど頭が良いわけではありません。

鶴見大学卒業ということで就職が困ったということはありませんでした。小さい会社ですが機器メーカとしては評価が高い会社に就職することができました。わたしは女性なので、4年制大学を卒業したということだけで、学歴があると評価されました。年配の方には、女性は大学を出ているというだけで評価されやすいのかもしれません。

友達からは誰でも入れる大学とからかわれますが、世間からの評判は思ったよりもよく、就職に有利に働いたので、偏差値の低い大学ですが卒業しておいてよかったです。

鶴見大学の学生の様子

良くも悪くもマイペースな方が多かった気がします。あまり、一緒になって行動するという雰囲気はなく、個人で興味があることを熱心にやる方が多かったです。わたしは鶴見大学ではあまり友達が出来ませんでしたが、周囲の方もそんな雰囲気で大学外で色々と交流をしている様子が感じられました。

無気力というわけではありませんが、他人には干渉をしない、自分のペースを通すという方が多かったです。

また、講義の出席率は悪くなかったと思います。また、講義中に話をしている方は見当たらず、比較的、大人しく授業を受けている方が多い印象でした。

また、どこの大学もそうだと思いますが、講義中にずっとスマホを触っている人は多く、とりあえず出席目的だけという人も見受けられました。講義を受けるマナーは悪い方がいなかったので、不愉快な思いをした印象はなかったです。

鶴見大学の就職先について

歯学部は卒業後、大体、6割の方が開業医、もしくは勤務医になるということです。ですが、わたしが卒業した文学部は卒業後、色々な分野に就職しているみたいです。わたしは製造業に就職をしたのですが、スーパーに就職したり、教師になった方もいたようです。

英語英米文学科の方は、外資系の企業に就職したなどの話も聞きました。鶴見大学は歯学部からは専門分野の進路を進むようですが、文学部の卒業進路は多種多様だと思います。製造業、金融業、教員、サービス業などまんべんなく就職されているみたいです。

わたしの周りでは就職をせずに既卒になって方はいませんが、卒業しても進路が決まらなかったという方は何人もいたらしいですね。また、卒業後に結婚をしたという方もいました。

鶴見大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①交通の便が良かったです。鶴見大学は自宅から近かったので通うのが便利でした。

②マイペース過ごせた。人間関係に煩わしいことがなかったのが良かったです。

③図書館が利用しやすく良かったです。

悪かったところ

①近くにコンビニが一つしかなかったことです。また、エレベーターが少なく混雑していたことです。

②友達が全然出来なかったこと。これはわたしのせいかもしれませんが、個人主義の方が多い印象で深く付き合うことが出来ない人が多かったです。

③教授によって授業が適当なこと。時間配分が出来ていない教授がいて、時間が終了してもダラダラと講義を続けている方がいました。また、無駄話が長かったりする方もいたので困りました。

鶴見大学に4年間通ってみていかがでしたか?

鶴見大学を卒業して良かったと思います。理由として就職がすんなり出来たということと、大学卒というブランドは世間では大きいと理解した為です。

入学する前は、偏差値が低い大学だから、入学した大学名を話したくはないと思っていましたが、鶴見大学は知名度が低いから、そもそも存在自体知らないという方がほとんどでした。当然、偏差値が低いということもバレませんでしたので、大学を卒業した女性というだけで、就職をした会社で評価してもらえたと思います。

在学中は、もっと偏差値の高い大学に行きたかったと思っていましたが、よっぽど知名度が高く、優秀な大学でなければ世間の評価は大体、同じということも分かりました。そういう意味では鶴見大学に通い続けて卒業して良かったです。

鶴見大学の基本情報

鶴見大学の住所と最寄駅

◇住所
〒230-8501
神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-3

◇最寄駅
JR京浜東北・根岸線「鶴見駅」より、徒歩5分

鶴見大学の学費(4年間)

鶴見大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

歯学部…学費2,797万円(6年間)
文学部(文化財)…学費489万円
文学部(ドキュメンテーション)…学費485万円
文学部(日本文、英語英米文)…学費437万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、鶴見大学の学校パンフレットでご確認下さい。

鶴見大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
鶴見大学の知名度は中々ひどくあまり世間では認知をされていません。とはいえ入試難易度も低く入学はしやすいので、とりあえず大卒の学歴を手にしておきたいという方には良い大学だと思います。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、鶴見大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で鶴見大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

鶴見大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*