工藤阿須加さんの出身大学と学生時代について



画像引用元:ViVi

工藤阿須加さんの出身大学は、
東京農業大学(私立/河合偏差値50.0)
工藤阿須加さんの出身高校は、
東京学館高等学校(千葉県/偏差値40-61)です。

「家売るオンナ」や「就活家族」などで素晴らしい演技力を発揮されている工藤阿須加さんですが、俳優としてのデビューは21歳と意外にも遅いです。

色々と工藤阿須加さんのインタビューを調べていて分かったのですが、どうやら彼は俳優を目指す前は硬式テニスに熱中していたようです。
それでは、工藤阿須加さんの学生時代を一緒にみていきましょう!

工藤阿須加さんが学生時代におこなったこと

・工藤阿須加さんの高校時代
工藤阿須加さんのお父様はプロ野球選手の工藤公康さんです。
ただ、工藤阿須加さんは野球ではなくテニスを小学5年生の頃から始めます。

本人の努力とお父様の素晴らしい遺伝子もあって、高校生の頃工藤阿須加さんは硬式テニスでなんと関東大会に出場します。
ただ、このように結果だけ切り取ると一見順風満帆のように感じますが、実は高校1年生の頃右肩を壊してしまい、怪我でもがき苦しんでいたと工藤阿須加さん本人がインタビューで語っています。

・工藤阿須加さんの大学受験
大学もスポーツ系の学科に進学すると思いきや「奇跡のリンゴ」という本に感銘を受けた工藤阿須加さんは、東京農業大学への進学を決めます。

この「奇跡のリンゴ」という本は絶対に不可能だとされていた「リンゴの無農薬栽培」を成し遂げた男性のノンフィクションストーリーです。
映画化もしているので興味のある方は是非調べてみてください。

ちなみに工藤阿須加さんは今でも奇跡のリンゴの作者である木村さんの講演会に参加されているそうです。工藤さんの農業への熱い想いが伺えますね。


・工藤阿須加さんの大学時代
「奇跡のリンゴ」という1冊の本との出会いから東京農業大学への進学を決めた工藤阿須加さん。大学入学後も幼い頃から続けていたテニスに情熱を注ぎ込みます。

ダブルスでの関東大会出場など素晴らしい結果を残していたのですが、19際の時に再び肩を壊してしまいます。この時の怪我をきっかけにプロテニス選手への夢は諦め、今度は俳優として活躍することを決意します。

そしてそれから僅か2年後、21歳の時に「理想の息子」で見事俳優デビューを果たしました。凄まじいスピード感。
やはり、何かに全力で取り組める人は他の分野でも華々しい結果を残すものなのですね。

参考
【インタビュー】工藤阿須加、長谷川京子の相手役で二人芝居に初挑戦!『夏の終わりに、恋をした。』
『ちょっと今から仕事やめてくる』工藤阿須加さんインタビュー【PR】
工藤 阿須加さんにインタビュー
vol.166 俳優 工藤阿須加 後悔しないためにどこかで覚悟を決める

工藤阿須加さんの母校:東京農業大学について

最後に、工藤阿須加さんの出身大学である東京農業大学について紹介しておきたいと思います。
東京農業大学は読んで字のごとく農業に特化した理系の学科です。
酒造学部があることで全国的にも有名ですね。

理系&専門分野での強さから就職実績も良いようなので、農業を学びたい方にはおすすめの大学の1つです。

工藤阿須加が演じた「就職家族」の光も、東京農業大学を卒業していたらあんな悲惨な状況には陥らなかったのかもしれませんね。笑

コメントをかく

*