【千葉商科大学】商経学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は千葉商科大学「商経学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

千葉商科大学「商経学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は千葉商科大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、千葉商科大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも千葉商科大学「商経学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

千葉商科大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく千葉商科大学「商経学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は千葉商科大学「商経学部」経営学科の卒業生です。

関連記事
千葉商科大学の全体的な評判

千葉商科大学「商経学部」の評判まとめ

千葉商科大学「商経学部」の偏差値と入試難易度

◇商経学部
商学科…偏差値45
経済学科…偏差値45
経営学科…偏差値42.5

千葉商科大学商経学部経営学科は当時偏差値で言うと40前後であり、高校にきちんと通って真面目に受験勉強していればまず間違いなく入学まで漕ぎ付けることができる難易度でした。

正直なところ、通信制高校の生徒であっても推薦入学が認められるほど門戸が広かったと言えます。

私と同じ学部の同級生の中には、亜細亜大学や国士舘大学に合格したが家庭の都合で実家から通いやすいこの大学のこの学科に入学した学生、明治大学を受験したが不合格だった学生などがいました。

千葉商科大学「商経学部」の志望理由

私が千葉商科大学商経学部を志望した理由としては、単純に高校3年生に相当する時期(高等学校卒業程度認定試験の資格で高校を卒業しないまま大学に入学したので、相当する時期と表現しました)に体調不良で通学できるかどうか不安であったため、仕方なく実家から自転車で通える大学であるこの大学のこの学部を選びました。

あまり有名ではなく何を教えている大学か外部によく伝わっていないため、その点就職で有利とは言い難かったのですが、とにかく大学を卒業したいという一心で選びました。今思うともっと偏差値の高い大学に無理にでも行くべきでした。

千葉商科大学「商経学部」に入学してから感じたギャップ

タバコのマナーが悪い学生が非常に多く、タバコのポイ捨てが日常茶飯事でした。学食でも順番待ちを巡って学生達が喧嘩になることも1度や2度ではありませんでした。私が「千葉商科大学に在学しています」と在学当時、他の大学の学生に話すと「本当?もっと良い大学があったじゃん」と高確率で驚かれることがありました。

そのように驚かれることは頷けるところであり、実際教授が学生達の授業態度に怒って一度授業を放棄したこともあります。
簡単に言うと、思ったより荒れていて外部の評判も良くなかったということです。

千葉商科大学「商経学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

少なくとも採用試験の応募者に出身大学を問う企業は千葉商科大学商経学部の学生をまるで相手にしませんでした。それがこの大学のこの学部の学生に対する評価だったと、私は思います。学歴フィルターはあったと私は感じます。

また、この大学の学生のゴミのマナーなどは近隣の商業施設で深刻な問題になっており、「千葉商科大学の学生へ」などと大学名を名指しするような形で注意喚起する内容の貼り紙を掲示する商業施設も1店舗や2店舗ではありませんでした。

内部生からみた評判

実は千葉商科大学商経学部の授業を当時担当していたある講師は、私が入学してから卒業するまでの間に未成年淫行で2回目の逮捕を経験しました。このことは一般紙にも掲載される出来事でした。

にもかかわらず(少なくとも私が卒業するまでの間)解雇はされておらず、平然と教壇に立っていました。このことから当時学内では「この大学はサルでも追い出さずに受け入れるつもりか」と非難が巻き起こっており、これに呆れて大学を中退する学生も何人か現れました。

ある意味で大学の外部の評判というのはまだ穏当であり、大学内部での批判の方が激しかったと私は記憶しているつもりです。

千葉商科大学「商経学部」のそれぞれの学科で勉強すること

千葉商科大学商経学部の場合、商学科、経済学科、経営学科の3学科が当時から存在しましたが、商学科は商学の歴史や統計学などを教え、経済学科はマクロ経済学やミクロ経済学を教え、経営学会は経営理論などを教えました。

この大学のこの学部では商学科、経済学科、経営学科の順番で学生の立場が強かったと記憶しますが、学生間における学科同士の関係は悪くはなかったということでした。

教授に関しても商学科、経済学科、経営学科の順で立場が強かったのですが、学生と異なり教授達は学科別に派閥を作っており、学内政治に長けている教授は指導力が低く研究実績に乏しくても学内での立場を確立することができ、学内政治が苦手な教授はその逆でした。

千葉商科大学「商経学部」のリアルな就職先について

千葉商科大学商経学部では中小の機器メーカーや金融機関、飲食店や小売店、パチンコ店やカラオケ店などのアミューズメント業界に進出する卒業生が多かったのですが、教職に就く人も少なくありませんでした。自営業のオンラインショップの経営を続けてそれをそのままその後の本業にする学生、既定路線で実家の農家を継承する学生、卒業と同時に結婚して専業主婦になる学生もいました。

特にこの大学と縁があるのはミニストップです。ミニストップでかつて社長を務めたのが千葉商科大学の出身者であるという縁からか、素行や人格に問題の無い学生であればまずミニストップに入社することができました。ミニストップと並んで縁が深いのはタリーズコーヒージャパンであり、この会社は現在の社長が千葉商科大学出身です。要は飲食業や小売業が学生の卒業後の進路のメインでした。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、千葉商科大学「商経学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

千葉商科大学「商経学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で千葉商科大学のパンフレットを請求してみて下さい。

千葉商科大学のパンフレットを請求

関連記事
千葉商科大学の全体的な評判

コメントをかく

*