明治学院大学のレベルと難易度【MARCHのほんの少し下の難易度】


こんにちは!
今回は明治学院大学のレベルや難易度についてご紹介していきたいと思います。

明治学院大学は、明治大学や青山大学をはじめとする「MARCH」の下のランクの私立大学と言われています。成蹊大学や成城大学と引き合いに出されることが多いです。そして近年の入試難易度を見ると「日東駒専」を超えているため、準難関私立大学の一つと言えるでしょう。

それでは、次は明治学院大学の学部別入試難易度を見て行きたいと思います!
(今回表示している偏差値は、全て河合塾の偏差値表をもとにしています。)

関連記事
明治学院大学の評判について

明治学院大学の学部別レベル・難易度

明治学院大学文学部のレベル・難易度

青山学院大学(文-英米文全学部)…偏差値62.5
明治学院大学(文-英文全学部3)…偏差値60
学習院大学(文-英語英米文化コア)…偏差値57.5

明治学院大学文学部の難易度は青山学院大学の少し下です。明治学院大学文学部は英文学科、フランス文学科、芸術学科に分かれています。

中でもフランス文学科は歴史や芸術、文学、哲学といった様々な切り口からフランスを深く掘り下げていきます。フランスに特別な思い入れがある人にとってこれ以上ない学部と言えるでしょう。

明治学院大学経済学部のレベル・難易度

青山学院大学(経済-経済個別A)…偏差値62.5
明治学院大学(経済-経済全学英語外部)…偏差値60
國學院大学(経済-経済A得意)…偏差値57.5

明治学院大学経済学部の難易度は國學院大学の少し上です。明治学院大学経済学部はいわゆる楽単と言われる単位が多く、比較的簡単に進級できると言われています。ボランティア活動やアルバイトなどの学外での活動を充実させたい人にはおすすめの学部です。

明治学院大学社会学部のレベル・難易度

立教大学(社会-社会個別)…偏差値65
明治学院大学(社会-社会全学英語外)…偏差値62.5
中央大学(文-社会学一般)…偏差値60

明治学院大学社会学部の難易度は中央大学の少し上です。明治学院大学社会学部は社会学科と社会福祉学科に分かれています。

中でも社会福祉学科では他大学の教授やゲストスピーカーを招く授業があったり、資格取得のための講座が充実していたりと学生の将来を全面的にサポートする体制が整っています。将来福祉系に進みたいと考えている人にはおすすめの学部です。

明治学院大学法学部のレベル・難易度

青山学院大学(法-法個別A)…偏差値62.5
明治学院大学(法-法律全学部3)…偏差値60
國學院大学(法-法律A得意)…偏差値57.5

明治学院大学法学部の難易度は青山学院大学の少し下です。大学生になると学部によっては人数が多く、教授との距離が遠くなるというケースが多く見られます。

ただ明治学院大学法学部には特別TA室という大学院生に相談できる設備があるため、授業で分からないところは分かるようになるまで質問することが出来ます。

明治学院大学国際学部のレベル・難易度

早稲田大学(国際教養-国際教養)…偏差値65
明治学院大学(国際-国際全学部3)…偏差値62.5
学習院大学(国際社会-国際社会科学コア)…偏差値60

明治学院大学国際学部の難易度は早稲田大学の少し下です。明治学院大学国際学部の特徴として、英語をはじめとする言語習得に力を入れています。例えば、1年次には週3コマ以上に英語しか使わない授業があります。

またアメリカ、スペイン、中国をはじめとする留学制度が充実しています。大学の4年間で言語能力を身につけたいという人にはおすすめの学部です。

明治学院大学心理学部のレベル・難易度

上智大学(総合人間-心理学科別)…偏差値65
明治学院大学(心理-心理全学部3)…偏差値62.5
中央大学(文-心理学一般)…偏差値60

明治学院大学心理学部の難易度は中央大学の少し上です。明治学院大学心理学部では、座学だけでなく、フィールドワークやグループワークといった実践的な学びを通して心理学を突き詰めていきます。

また資格取得をサポートする講座や就職支援室があるため、現実的な人生設計をすることが出来ます。

明治学院大学で最も入りやすいのは文学部、入りにくいのは心理学部

明治学院大学の入試難易度を見てきましたが、最も入学するのが簡単なのは文学部、最も入学が難しいのは心理学部です。

一般的に就職で重視されるのは学部ではなく大学名です。もし学ぶ内容よりも就職を重視した大学選びをしたいという考えだったら、例年就職率が90%を超える明治学院大学文学部を選ぶのもありだと思います。

また近年MARCHと入試難易度がさほど変わらないのでは、という声が強くなっているので、もう少し頑張ってMARCHのブランド力を掴みに行くというのも良いでしょう。

大抵心理学というと文学部の中にあったりするので、学部として設置している大学は全国で10大学しかありません。さらにネームブランドでは同志社大学に続く2番目なので明治学院大学心理学部の人気が高くなるのも頷けます。充実した環境で心理学を学びたいという人は挑戦してみるのもアリだと思います。

今回のまとめ

明治学院大学は、明治大学や青山大学をはじめとする「MARCH」の下のランクの私立大学と言われています。成蹊大学や成城大学と引き合いに出されることが多いです。そして近年の入試難易度を見ると「日東駒専」を超えているため、準難関私立大学の一つと言えるでしょう。

ただ、これは偏差値を基準に算出した入試難易度ですので、ご自身の目で過去問との相性を確かめることをお勧めします。

関連記事
明治学院大学の評判について

コメントをかく

*