明治学院大学の評判と偏差値【知名度は低いが真面目な人が多く良い大学】


こんにちは!
今回は明治学院大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、明治学院大学の知名度は低いですが、大人しく真面目な学生が多いので合う人には合う大学だと思います。

また、明治学院大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで明治学院大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば明治学院大学パンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく明治学院大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は明治学院大学文学部の卒業生です。

明治学院大学の評判まとめ

明治学院大学の偏差値

◇文学部
英文学科…偏差値57.5
フランス文学科…偏差値57.5
芸術学科…偏差値57.5

◇経済学部
経済学科…偏差値55
経営学科…偏差値55
国際経営学科…偏差値57.5

◇社会学部
社会学科…偏差値57.5
社会福祉学科…偏差値50

◇法学部
法律学科…偏差値55
消費情報環境法学科…偏差値55
政治学科…偏差値50
グローバル法学科…偏差値52.5

◇国際学部
国際学科…偏差値57.5
国際キャリア学科…偏差値57.5

◇心理学部
心理学科…偏差値60
教育発達学科…偏差値55

明治学院大学の学生の学力レベル

MARCHに落ちたような生徒が多かったです。

明治学院大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
専修大学<明治学院大学<法政大学といった印象。

明治学院大学の世間からの評判

私の通っていた大学の評判は、一言でいえば無名すぎることです。たいていの人、特に年配の方に自分の大学名を話しても、たいていは明治大学と勘違いされました。正しくは、明治学院大学なのですが、ほとんどの人は知りません。明治大学と勘違いし、説明しても明治大学の姉妹校と思ってしまうことが多く、理解してもらうのに苦労しました。

若い人、特に関東圏で大学受験を経験した人であれば、割と認知度は高かったです。また、採用試験の面接官も明治学院大学を知っていました。肝心の評判は、おとなしくて真面目な人が多いという意見が多かったです。実際に通学していた時も、割とまじめでみなおとなしい生徒が多かったと思います。

また、授業もさぼったりせず、きちんと出席する人が多かったので、割と評判通りだと思います。それと同時に、おとなしすぎて競争心のない人が多いという意見もありました。実際、大半の生徒はみなコツコツ真面目にやっていましたが、あまり他人と競争するよりも、チームの和を重視して、あまり競い合うことはなかったでした。

明治学院大学の学生の様子

周りの学生は割と熱心に授業に参加している生徒が多かったです。一年生の時は、もちろんですが、3年4年になってもみな授業には積極的に参加していました。

また、授業の終わったとに質問に行く生徒もたまりいたりして、割と勉強熱心な生徒もいました。一部の生徒はあまり授業に参加したりしなかったですが、単位を落としたり、留年している生徒はあまり聞きませんでした。

必修科目は基本的に全員受講していて、欠席している生徒は少なかったです。選択科目は欠席している人もちらほらいましたが、出席率はそれほど悪くありませんでした。授業中は静かに聞いている生徒が多く、あまり大声でおしゃべりしている生徒は少なかったです。

また、授業中にゲームや携帯をいじっている人もそれほど多くなかったです。

明治学院大学の就職先について

どの学部にも共通していますが、大手の一流メーカーなどに就職する人は少なかったです。私の所属する文学部の人は、やはりメーカーに就職する人はほぼいなかったです。語学系に強い学部だったので、できる人は外資系や国際関係の企業に就職する人がいました。

それ以外の人は割とまちまちで、旅行代理店やホテルなどのサービス関係の仕事に就く人が多かった印象です。そこでも、英語を使った業務をする職種につく人もいましたが、たいていは営業や事務職に就く人が多かったです。

また、一部の人は教職免許を取って、地元の高校に就職したりする人もいました。他の学部では、国際学部の人はやはり外資系の企業や海外に本社を置く日本支社に勤めたりする人が多かったようです。

明治学院大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①周辺が緑の多い静かな場所にキャンパスが立っていたので、落ち着いた雰囲気で過ごすことができたこと。遊べるところは少なかったが、コンビニや飲食店もそこそこあったので、あまり不便はなく、落ち着いた場所でした。

②生徒の雰囲気がよかったこと。あまり、不真面目そうな生徒も少なく、外見もそれほど奇抜な人はいませんでした。皆おとなしく、きちんと会話のできる生徒が多かったです。

③学食が充実していたこと。学食のメニューが割と幅広くあり、また学生向けのCoopも入っていたので、お弁当もそこで購入できました。値段も安かったので、学生にはありがたかったです。

悪かったところ

①大学の知名度がなさすぎること。明治学院大学と言っても、あまり知られていないようで、親せきや家族に話しても、たいてい知らないことが多かった。

②サークルが少なかったこと。他校に比べてあまりサークルは多くなかったです。また、サークル自体もあまり活発でないところも多く、加入していない人も割といました。

③学部と学年によって、キャンパスが変わってしまうこと。神奈川から東京に変わってしまいます。また、単位を落として、どちらかしか開講していない授業を受講すると、両方のキャンパスを行ったり来たりすることになります。

明治学院大学大学に通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。
理由としては、前述の通り、真面目な生徒が多いという印象があるようで、採用時の面接官の評価も悪くなかったですし、周りの生徒の就職先も割と雰囲気の良い実直な会社が多かったと思います。

私自身の就職先も仕事熱心で優しい人が多い職場だったので、大学と同じ雰囲気の良い会社に入れたと思います。逆に、競争社会でバリバリ仕事をこなすような会社にはあまり縁がないように思います。確かに一流企業に就職する人は少ないですが、中堅企業でも、自分に合った会社へ入れるという意味ではとても良い会社だと思います。

もし、もっと向上心があってハイレベルを目指したい人にとっては物足りない大学だと思います。良くも悪くも皆おとなしく競争心があまり無いので、物足りないと感じる人には向いていないかもしれません。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。

明治学院大学の知名度はそれほど高くありませんが、おっとりとしていて真面目な学生が多いので穏やかな学生生活を送りたい方には良い大学だと思います。

また、明治学院大学のサークル情報や授業カリキュラムなどといった詳しい事を知りたい方は、明治学院大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に明治学院大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で明治学院大学のパンフレットを取り寄せる

コメントをかく

*