専修大学の学費が安いのは夜間部だけ!【4年間で423万円】


こんにちは!
専修大学の4年間のおおよその学費は423万円です。(専修大学には文系学部しかありません。)

また、文系四年制大学の学費の平均額が386万円ですので、専修大学の学費は普通の大学のものと比べて、37万円ほど高いことになります!

よく、専修大学の学費は安い!と言われていますが、それは専修大学夜間部の学費を指すようです。

また、この記事では専修大学の学部ごとの学費や、専修大学の学費を実質タダにする方法についてもご紹介していますので、是非最後までご覧下さい(*^^*)

専修大学の学費は実は高い!学部ごとの4年間の学費一覧

ここでは、入学金も含めた専修大学に4年間通うことでかかるトータルの学費を学部別にご紹介していきたいと思います。

・経済学部、法学部、経営学部、商学部…423万円

・文学部(日本語学科、日本文学文化学科、英語英米文学科)…427万円
・文学部(哲学科)…425万円
・文学部(ジャーナリズム学科)…426万円
・文学部(歴史学科)…431万円
・文学部(環境地理学科)…437万円

・ネットワーク情報学部…500万円

・人間科学部(心理学科)…464万円
・人間科学部(社会学科)…432万円
参考:専修大学公式ホームページ

専修大学は、文学部の中でその学科によって学費が10万円以上も異なります。環境地理学科の学費が最も高く、哲学科の学費が最も低いことから、実習費が4年間の学費に大きく関係していることが伺えます。

また、ネットワーク情報学部は理系よりの学部ということもあり、学費がかなり高めです。ただ、4年間トータルの学費は500万円ですので、私立理系学部と比べると割安かもしれません。

よく専修大学の学費は安い!といった情報がネットに転がっていますが、それはあくまでも「専修大学夜間部の学費」を指します。

昼間に普通の大学生として専修大学に通う場合、学費は423万円~とやや高めです。

専修大学の学費はなぜ安いのは夜間部だけ

専修大学夜間部の4年間の学費は、261万円です。

夜間大学と普通の大学の学費を比べるのもおかしい話なのですが、一般的な私立文系大学と比べても100万円以上学費が安いです。

専修大学夜間部は、進学したいけれど学費が足りないだから昼間は働く必要がある、という学生に向けて作られたコースです。

そのため、昼間よりも学費が圧倒的に安めに設定されているのです。

「専修大学の学費は他の大学と比べて安い!」といった話を聞いたことがある方も多いかと思いますが、これは実は専修大学夜間部の学費を指していたのですね。専修大学の通常のコースの学費は普通に高いです。

とはいえ、そんな高めの専修大学の学費を安くする方法もあるので、最後にそのことについてご紹介していきたいと思います(*^^*)

専修大学の学費を安くする方法

専修大学の学費は実は高い!ということをこの記事では主張してきましたが、専修大学の学費を自力で安くする方法はあります。

実は、専修大学はスカラシップ入試という入試制度を設けております。

このスカラシップ入試制度で合格を勝ち取ると、4年間で384.8万円の学費が全額免除されます。卒業後の返済義務はありません。

もちろん、専修大学の一般入試と比べるとスカラシップ入試の倍率は高いです。しかし、入試問題の難易度はスカラシップ入試と一般入試では相違がありません。

そのため、専修大学レベルの入試問題ならば余裕で高得点が取れるよ、という方にはこの入試方式は本当におすすめです。

また、専修大学は様々な奨学金制度を用意しています。

スカラシップ入試をはじめとした、専修大学の学費を安くする特別な方法は「専修大学の大学パンフレット」に掲載されています。

そして、専修大学の大学パンフレットはマイナビ進学というサイトで完全無料で請求することができます。

マイナビ進学で専修大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

専修大学の学費は安い!という噂がはびこっていますが、それは「専修大学夜間部」の学費を指しています。

普通の大学生として専修大学に通う場合、4年間トータルの学費は423万円~とやや高めです。

とはいえ、スカラシップ入試などといった、専修大学の学費を安くする方法は実はいくらでもあります。

このような情報は「専修大学の大学パンフレット」に掲載されているので、ぜひマイナビ進学で専修大学の大学パンフレットを無料請求してみて下さい。

この一手間を惜しむかどうかで、4年間の学費は大きく変わりますよ。

コメントをかく

*