駿河台大学の評判と偏差値【ネットではfランとよばれているが…】


こんにちは!
今回は駿河台大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、駿河台大学は世間的な知名度が低く、学歴コンプレックスをもっている学生も少なくないようです。

この記事以上に駿河台大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで駿河台大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば駿河台大学パンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく駿河台大学の評判について見ていきましょう!
駿河台大学のパンフレットを無料請求

今回インタビューをした方は駿河台大学心理学部の卒業生です。

駿河台大学の評判まとめ

駿河台大学の偏差値

◇法学部
法律学科…偏差値37.5

◇経済経営学部
経済経営学科…偏差値35

◇メディア情報学部
メディア情報学科…偏差値35

◇現代文化学部
現代文化学科…偏差値37.5

◇心理学部
心理学科…偏差値37.5

駿河台大学の学生の学力レベル

偏差値50くらいの高校から進学してく人たちが多かったです。

駿河台大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
駿河台大学<目白大学<武蔵野大学 といった印象。

駿河台大学の世間からの評判

ネットではFランクの大学だと言われてあまり評判は良くないです。

知名度もありませんので、出身大学を言っただけで馬鹿にされたという経験はありませんが、地元の人は知っているような大学です。同じ大学を卒業した友人は、白バイ隊員になったり、システムエンジニアになったり、営業になったりと、多種多様な職種についていますが、大学名だけで判断されたことはあまりないと言っていました。

しかし、私を含め本人たちは、学歴にコンプレックスを持っている人たちが多いように思います。自慢するような大学でもなく、知名度もないので、地方の無名大学のような感覚だと思います。新卒で入った会社(テレビ系のポストプロダクション)には、卒業生が2名ほどいたので、特に「ああ、あそこの大学ね。」というような感じの反応でした。

祖父は、私が有名大学ではなかったので、親戚などに言って回ったりもしていませんでした。やはり、知名度がないので、言っても知らない人が多く、沿線を使っている人は、名前は聞いたことがある程度の評判はどちらともわからないような反応が多かったのを覚えています。

駿河台大学の学生の様子

私の周りは、真面目な生徒が多かったように感じます。もちろん一年生のうちに来なくなって、退学していく生徒も何人かいましたし、大学ならではの費用の問題で通えなくなる生徒もいましたが、私の周りはなんだかんだノルマの単位はちゃんと取って、適度に遊んで、という大学生ならではのキャンパスライフを送っている人が多かったです。

また大教室での授業は、ゲームしている人、スマホをいじる人、授業にこないが代わりに受けてもらっている人、授業を取っていないのに受講している人、などなど色々な人たちが出入りしていました。しかし、先生によって違うのですが、大教室でもみんな真面目に授業を受けている人たちももちろんいました。特に、選択授業で、哲学や論理学を受講している人たちは真面目に受けている印象でした。

駿河台大学の就職先について

体育系の推薦で入ってくる人たちがいる学部では、警察官や白バイ隊員、公務員が多いです。

心理学部は、大学院に進む人たちと、一般企業に進む人たちに二分化されていました。メディア系の学部は、制作会社などに就職する人が多かったです。経済学部は人それぞれで、営業や事務、ショップ店員、システムエンジニア、物流会社など、多種多様でした。

心理学部の友人は、システムエンジニアになった人が2名ほど、家具の営業職に就いた人、心理学部らしく、学校に行けなくなった子供の支援施設で教諭になった人、テレビ系の制作会社に入った人、がいました。有名な会社だと、ニトリに就職した人もいました。皆それほど就職活動が難航しているようではなく、割と早い段階で決まっている人が多かったです。

駿河台大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①先生が面白くて授業が楽しいのです。特に選択授業では、自分の学部とは関係ない授業も取れるので、勉強が広くできます。

②短期留学、長期留学共にあり、長期留学なら1年間留学していても留学先の授業を受けていれば1年分の単位を日本でくれる制度があるので、1年間帰ってきてから大学に通わなくても卒業できます。

③広くて綺麗で、学食も種類豊富ですし、コンビニもあったので良かったです。

悪かったところ

①通いにくい場所で、不便

②周りに何もないのでバイト先を探すのが大変でした。居酒屋などはありますが、私は東京から通っていたので、遅い時間までは働けず稼げなかったです。

③他学部との関わりがあまりないので、サークルに入るなどしないとあまり人と関われません。

駿河台大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。

今思い返すと、もっとやりたかったことや学びたかったことはあります。短期留学をしたのですが、もっと勉強をして長期留学にも挑戦してみたかったですし、心理学部に入ったので、もっと実践的な心理学を学びたかったです。他にも、学生の間にもっとスキルをつけて、就職後もできるようなものが何かあれば良かったなと思いました。

友人も手に職をつけてられるような勉強をしておけばと考えていたようで、みんな学生の時にもっと勉強しておけば良かったと少なからず思っていると思います。もし別の大学に入っていても、同じように今思うことを考えれば、どんな大学に入っても結局は自分の生活次第で変わると思うので、結果的にはこの大学に通って良かったと思います。

駿河台大学の基本情報

駿河台大学の住所と最寄駅

◇住所
〒357-8555
埼玉県飯能市阿須698

◇最寄駅
西武池袋線「飯能駅」より、無料スクールバスで約7分

駿河台大学の学費(4年間)

駿河台大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

メディア情報学部…学費427万円
現代文化学部…学費423万円
心理学部…学費417万円
法学部…学費411万円
経済経営学部…学費411万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、駿河台大学の学校パンフレットでご確認下さい。

駿河台大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
駿河台大学は世間的な知名度が低く、学歴コンプレックスをもっている学生も少ないようです。

この記事以上に駿河台大学について詳しく知りたいという方は、駿河台大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で駿河台大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

駿河台大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*