早稲田大学理工学部の指定校推薦について【面接内容や志望理由書】


こんにちは!

今回は、早稲田大学の指定校推薦に合格するためには評定平均はいくら必要なのか、面接ではどのようなことを聞かれるのかといった情報をまとめてみました!

実際に早稲田大学に指定校推薦で合格した人から話を聞いたので、情報の精度については信頼できるかと思います。

なお、今回インタビューした方の受験学部は早稲田大学理工学部です。

早稲田大学の指定校推薦について

その1 早稲田大学指定校推薦の日程について

早稲田大学の指定校推薦の日程は以下のようになっています。

書類を提出(8月)→校内選抜(9月)→大学への提出(10月)→面接(11月)

なお、早稲田大学理工学部の指定校推薦に出願するためには理数科目の評定が4.0以上が必要です。(この基準はあなたの在籍高校によって多少変動します。)

平均評定には、高1年生時の1学期・2学期・3学期、高2年生時の1学期・2学期・3学期、高3年生時の1学期の通知表が使用されます。

そのため、早稲田大学の指定校推薦に出願を考えている方は高校1年生のうちから定期テストに対する勉強を気を抜かずに行っておきましょう。

次は、早稲田大学の指定校推薦面接時に聞かれることについてご紹介していきたいと思います。

なお、早稲田大学理工学部の指定校推薦には面接の他に「理工学の未来」という内容の小論文試験が課されました。

その2 早稲田大学指定校推薦の面接について

面接官の様子について

2人。50代くらい。

質問①早稲田大学の志望理由を教えてください

自動車のエンジンを研究したいと思い、早稲田大学理工学部ではその環境が整っているから。

(志望理由を明確に言うためには早稲田大学についてきちんと知っておく必要があります。不安な方は、マイナビ進学で早稲田大学のパンフレットを請求し、きちんと大学の取り組みを調べておくと良いでしょう。)

早稲田大学のパンフレットを請求

質問②自動車のエンジンについてはどのくらいの知識があるのか

自動車はもともと好きなのである程度の知識はある。
→この後エンジン開発に関する知識を聞かれました。

質問③学業以外の活動について

生徒会に入っており、スポーツ大会の実行委員会を組織していました。

その3 早稲田大学指定校推薦の志望理由書について

指定校推薦に出願する際には「志望理由書」というものを提出します。

この志望理由書をノーヒントで書くのはとても大変なので、今回はインタビューをした方が実際に提出した志望理由書の書き方をご紹介したいと思います。

【志望理由書の書き方(早稲田大学理工学部)】
なぜ早稲田大学に入りたいのかについて答えました。早稲田大学理工学部で、自動車の開発の研究室に入りたいと書きました。早稲田大学理工学部はとても優秀なので、高校時代から目指していたと書きました。実際には高校2年生あたりから、国立大学か早稲田大学あるいは慶応大学の工学部か理工学部で勉強したいと思っていましたので、それを書きました。また、高校の勉強でどのようなことに注意してやっていたのかなども書いたと思います。

指定校推薦で早稲田大学に合格するために今すぐできる事

早稲田大学の指定校推薦では、
・本校の志望理由を教えて下さい
という質問がなされていました。

この質問に対して、「他の大学でも学べること」を理由として答えるのはNGです。
早稲田大学だから学べること、早稲田大学ではないといけない理由をきちんと答えましょう

また、そのような回答を作るためには早稲田大学について深く知っておく必要があります。
そのため、早稲田大学のパンフレットを取り寄せ、早稲田大学についてきちんとリサーチをしておきましょう。(志望理由書を書く際にも大学パンフレットは役に立ちます!)

マイナビ進学ならば簡単に早稲田大学の学校パンフレットを請求できます。
ぜひ、マイナビ進学の公式ホームページで早稲田大学のパンフレットを請求してみて下さい。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。早稲田大学の指定校推薦面接では
・他の大学ではなく「早稲田大学」をあえて志望する理由
が聞かれます。

そのため、早稲田大学の指定校推薦を受験する方は必ず早稲田大学のパンフレットを取り寄せ、この大学についての理解を深めておく必要があります。

事前に早稲田大学についてきちんと調べておけば、万全の心理状態で面接に望めますよ。

早稲田大学のパンフレットはマイナビ進学で簡単に取り寄せることができます。

早稲田大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*