社会学部の志望理由【例文2つとその書き方】


こんにちは。
今回は、社会学部への入学を希望する受験生の方に向けて、「社会学部の志望理由の書き方」や「社会学部への志望理由の例文」を書いていきたいと思います。

AO入試や指定校推薦の志望理由を組み立てる際に、ぜひ活用して下さい!

また、志望理由書を書く際には受験大学のパンフレットがとても役に立ちます。

大学パンフレットはマイナビ進学で無料請求できるので、ぜひ活用して下さいね。

大学パンフレットを無料請求

社会学部の志望理由の書き方

社会学部の志望理由の書き方は、大きく分けて2通りあります。「将来の夢から志望理由を書く」という方法と「学科独自の取り組みから志望理由を書く」という方法です。

①将来の夢から志望理由を書く方法
自分の将来なりたい職業が明確に決まっている場合、この方法を用いた方が熱意が伝わりやすくて良いです。私は将来ジャーナリストになりたいです。そのために貴学の社会学部に入学をし〜といった感じですね。

例として、社会学部とゆかりのある職業を挙げておきますね。

社会学部と関係が深い職業
ジャーナリスト、出版社、TV局、新聞記者、編集者、その他一般企業のサラリーマン


②学科独自の取り組みから志望理由を書く方法

いや、将来なりたい職業なんてまだ決まってないよ。
なんとなく授業が他の学科より面白そうだから社会学部を志望しているだけだし!という人は、志望大学の社会学部独自の取り組みから、志望理由を組み立てましょう。

志望大学の社会学部が独自に行っている取り組みは、その大学のパンフレットに全て載っています。

マイナビ進学というサイトでは、多くの大学のパンフレットが送料も含めて無料で手に入るので、ぜひマイナビ進学で志望大学を検索してみて下さい。

大学パンフレットを無料請求

社会学部の志望理由例文

その1 将来の夢から志望理由を書く~食品企業の企画開発の場合~

私は将来、食品企業で商品企画の仕事をしたいと考えています。幼い頃から両親が夜まで働きに行っており、晩御飯はコンビニ弁当が少なくなく、母の手料理を食べたかったことから、食事に寂しさを感じることもありました。

それゆえ、私と同じ環境にいる子供、一人暮らしや共働きで家事に手が回らない人達のために、既製品でも手作りらしさを味わうことができ、国問わずグローバルな食品を企画したいと考えるようになりました。このような私の夢を叶えるべく、○○大学社会学部社会学科心理学専攻への入学を希望します。

私が心理学を学ぼうと考えた理由は三つあります。
一つ目は、夢の実現のためです。幼い頃の経験から、商品を作るには専門的な知識も必要ですが、第一に消費者を重要すべきだと考えます。人の欲求、状況による心情、年齢別の悩みなど、深層心理を読み取り解析できるのは他学部よりも心理学であるからです。

二つ目に、貴学の社会学部心理学専攻の消費心理学を扱う○○教授の論文を読んだからです。私が読んだ『苦情行動の心理的メカニズム』という論文です。社会問題となっている苦情の原因や苦情行動へいたるまでのプロセスを鋭く分析している点から、私の学びたい、消費者の購買意欲などの心情に基づいた消費心理学を○○教授の元でより一層学びたいと感じました。

三つ目は社会学部という点です。社会学部は専攻に分かれていますが、他の専攻の授業が受講可能なので、総合性を高めることができます。夢に基づき、消費者の心情を解析することに加えて、○○専攻の○○プログラムでマネジメントの基礎知識の習得が必要だと考えています。

また、私は貴学の学生数の多さから、コミュニケーションを通じて人の心と触れ、コミュニケーションの構築に繋げることができます。他には、海外で心理学やグローバルな視点を身に付けるために留学を希望しているので、留学設備が整っていることはとても魅力的に感じました。

大学生活では心理学の習得を中心に、ボランティアやオープンキャンパス実行スタッフ、留学などを通じて多くの人々と携わりたいと考えています。よって、手料理らしさをテーマにするだけでなく、苦しみや悲しみ、孤独を感じる人々を食で笑顔に、幸福へと変えて貢献する商品企画の仕事に就くために貴学での学びが必要だと考えています。

(956文字)
引用元:指定校推薦の志望理由書の添削をよろしくお願いします。社会学部心理学専攻です。

解説
社会学部では、一般消費者の心理を学ぶことができるのでこの方のように
「私は商品企画をしたいです。そのために貴学の社会学部で消費者心理を学び〜」と繋げることができます。

ただ、これだと社会学部と将来の夢の関連がやや弱いので、職業を軸にして志望理由を組み立てるのであれば「ジャーナリスト」や「マスコミ」の方がやりやすいかな、と思います。
大学独自の取り組みに触れられているという点は素晴らしいですね。

その2 学部独自の取り組みから志望理由を書く

私が貴学への入学を志望する理由は、日本と韓国、その他東アジア諸国による対外的な

情報発信の在り方について比較、検討したいとかねてから考えていたからだ。

私は高校一年生の時にアメリカ、オレゴン州へ留学をした。現地には小規模なコリアタウンがあった。韓国系アメリカ人のロビー活動が当時から盛んであったという印象が今でもある。

そして現在はロビー活動の結果、アメリカ国内のある地域において、日本海の表記にすべて韓国呼称の「東海」を併記するという法案が可決するなど日本への影響も深刻である。日韓両国の政治的な混乱および衝突を乗り越える手段として情報発信の在り方が今日こそ問われる時はない。

私は貴学で、日本の対外的な情報発信の在り方を見つめ直し、同時に東アジア地域の情報発信の在り方も分析することで、「新しい報道」という視点から東アジア地域の緊張緩和に努めたいと考えている。

歴史的、文化的価値観やバイアスが加わって語られているという点において「報道」の分析には文化研究の視点が欠かせない。「新しい報道」の在り方を追究する際、当然のことながら韓国、その他東アジア地域の情報発信の在り方のみならず、そして何より日本の情報発信の在り方についても再検討していくことが必要だ。貴学では、東アジア各地域におけるこれまでの報道の在り方を分析し、これから望まれる「新しい報道」の在り方を追究したいと考えている。

更に、英語や韓国語の語学の習得においても、クラスがレベル別に分かれていたり、講義も英語と日本語の両方で受講できるため、語学力が定着しやすいという利点がある。

また、東アジア地域からの留学生も多く、彼らと直接意見を交わすことや、多様な文化、価値観に触れ合うことが可能なため、日韓関係を報道を通じ、多角的な目線から研究していきたい私にとって不可欠である。以上の理由から、私は貴学を志望する。

(780文字)
引用元:至急、この志望理由書を添削していただけませんか?

解説
なりたい職業なんてまだ分からないよ!という方は、この志望理由書のように「報道のあり方を学びたいから」という理由で志望動機を組み立てることをおすすめします。

正直、この方の志望理由書はとてもレベルが高いです。
これくらいの完成度の志望理由書を書くのは正直難しいですが、報道に関する何か原体験があれば同じような構成で志望理由が書けるかと思います。

まとめ

社会学部の志望理由書の書き方は
①将来の夢から志望理由を書く(ジャーナリスト、マスコミなど)
②志望大学の社会学部独自の取り組みから志望理由を書く
という2つの方法があります。将来の夢が固まっていない人には②の方法がおすすめです。

ただ、どちらの場合も「その大学の社会学部ではなくてはいけない理由」を加えることが大切です。

志望大学の社会学部独自の取り組みは、その大学のパンフレットに全て掲載されています。

マイナビ進学というサイトを使えば、多くの大学のパンフレットは送料も含めて無料で手に入るので、ぜひ活用してみて下さい。

大学パンフレットを無料請求

コメントをかく

*