流通科学大学の評判と偏差値【偏差値的にはfランだが資格サポートが手厚い大学】


こんにちは!
今回は流通科学大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、流通経済大学の偏差値は低くいわゆるfラン大学ですが、資格取得等のサポートは手厚いので、同レベルの偏差値の大学と比較してもお勧めな大学です。

また、流通科学大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで流通科学大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば流通科学大学のパンフレットは完全無料で取り寄せることができます。
流通科学大学のパンフレットを無料請求
それでは、さっそく流通科学大学の評判について見ていきましょう!

流通科学大学の評判まとめ

流通科学大学の偏差値

人間社会学部
人間社会学科…偏差値40
観光学科…偏差値40
人間健康学科…偏差値40

経済学部
経済学科…偏差値42.5
経済情報学科…偏差値40

商学部
経営学科…偏差値42.5
マーケティング学科…偏差値42.5

流通科学大学の学生の学力レベル

普通科目は高校1年生レベルの生徒が多かった

流通科学大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
流通科学大学<神戸学院大学 といった印象。

流通科学大学の世間からの評判

・偏差値だけを見ると数値は低いが、いろんな資格サポートがあるため、自分に合った資格をいくつでもとれます。
・学業面だけを見ると弱いところがあるが、部活動にも力をいれており、男子バスケット部や野球部は成績を残しています。
・最近では学生寮ができ、学校自体もとても綺麗になって生活しやすいです。

・最寄駅には大学が多く、流通科学大学だけ馬鹿だと言われることが多かったです。
・社会人になった時に役立つ知識等を3回生のときから就職支援サポートの人が教えてくれるため、就活にはとても自信がもてました。
・流通科学大学の学生ですと伝えるとやはり大学名だけでは周りから馬鹿にされることが多々ありました。

・留学生がとても多いため、英語の授業中は国際交流時間が設けられ、身につく知識がとても多かったです。
・食堂がとても広く、値段もとても安いため、学生だけではなく周りの住人さんたちもよくお昼ご飯を食べにきていました。
・パソコンルームも沢山あるため、レポートの時期には活用しやすいです。

流通科学大学の学生の様子

勉強に対してやる気のある学生とない学生の差がとても多かったです。テストはほぼ持ち込みありのテストだったので、テスト勉強をしていなかったです。出席がない授業に関しては出席率がとても低かったです。

授業に出ない代わりに部室を利用したりバイトばかりをしている学生が多かったです。部活に対しては皆真面目に取り組み、帰りも夜が遅かったです。

また、後列に座っている学生は、寝ている、ゲームをしている、喋っているが多かったです。出席だけ出して授業を途中退出する人がほとんどでした。出席がある授業は、形上出席して、授業はほぼ聞いていない人が多かったです。

友達や後輩をうまく使って出席を取ってもらう人もいました。必須授業に関しては、単位がかかっているから出席率もとても高かったです。

流通科学大学の就職先について

流通科学大学は様々な分野に就職していると思います。学科が分かれているため、その分その知識を増やせる。商業科の学生は私含め、その分野に強いところに就職しているが、IT系やウェディング系に進む学生も多いです。女子生徒で商業科の学生はやはり事務希望がとても多かったです。

しかし事務は倍率が高く、学歴だけで見られることが多いので就職活動で苦労している人が多かったです。男子学生は、不動産屋の営業や銀行、IT等様々な分野についた人が多かったと思います。その中でも地域活性化の企業に勤める人は運動部で活躍した人が多く就職したと聞きました。トヨタの自動車部品メーカー等、大学では習えない分野に進んだ学生もいました。

流通科学大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①社会人になって役に立つ資格がたくさん取得でき、社会人としてスキルアップできました。

②部活動にも入っていたため、勉強面だけではなく、大学4年間がとても充実しました。

③授業をじっくり自分で考えて取得できるため、3回生では単位を全て取得できました。

悪かったところ

①周りから馬鹿にされることが多かったため、自分自身やる気をなくしてテスト時持ち込み可能な授業ばかりとって楽に単位をとっていました。

②偏差値が下なだけあって、周りの学生は、勉強に対して意欲が全くなかったです

③教習所が大学の近くにあったため、授業をさぼって教習に行く生徒がとても多かったです。自分の時間を作れるというプラスな考えもあるが、単位取得に響いてくる可能性もあります。

流通科学大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思う。理由は、初めは偏差値だけで物を周りから言われ、やる気を無くしてた時期もあったが、結果的にしっかりした企業に就職ができ、自分のスキルアップに繋げることができました。勉強面だけではなく、部活動を通してたくさんの大学生の方と接することが多く、コミュニケーション能力もそこでさらに蓄えることができました。

男女合わせて生徒数がとても多い大学なので、友達がたくさんでき、いろんな面でお互い切磋琢磨できる環境でした。周りの大学に比べると、馬鹿で偏差値も低いですが、その分流通科学大学にはプラスになることがたくさんあったので、通っていてよかったと思います。資格もたくさん取得できたおかげで、今社会人としてパソコン能力がとても身についていて助かっています。

流通科学大学の基本情報

流通科学大学の住所と最寄駅

◇住所
〒651-2188
兵庫県神戸市西区学園西町3-1

◇最寄駅
神戸市営地下鉄「三宮駅」より23分、「学園都市駅」より、北へ徒歩5分

流通科学大学の学費(4年間)

流通科学大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

人間社会学部…学費423万円
経済学部…学費423万円
商学部…学費423万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、流通科学大学の学校パンフレットでご確認下さい。

流通科学大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
流通経済大学の偏差値は低くいわゆるfラン大学ですが、資格取得等のサポートは手厚いので、同レベルの偏差値の大学と比較してもお勧めな大学です。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、流通科学大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で流通科学大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

流通科学大学のパンフレットを無料請求

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*