常磐大学の評判と偏差値【茨城の私立大学です】


こんにちは!
今回は常磐大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、常磐大学は茨城大学に落ちてしまったけれども地元茨城の大学に通いたい、という方が多く受験します。そのため、県外での知名度はとても低いです。

また、常磐大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで常磐大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば常磐大学のパンフレットは完全無料で取り寄せることができます。
常磐大学のパンフレットを無料請求
それでは、さっそく常磐大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は常磐大学人間科学部コミュニケーション学科の卒業生です。

常磐大学の評判まとめ

常磐大学の偏差値

◇人間科学部
コミュニケーション学科…偏差値35

◇総合政策学部
経営学科…偏差値35

◇看護学部
看護学科…偏差値42.5

常磐大学の学生の学力レベル

茨城大学の10%くらいのレベルで、世間で言う頭の良い人はまずいないです

常磐大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
流通経済大学<常磐大学<茨城キリスト教大学 といった印象。

常磐大学の世間からの評判

茨城大学には到底受からないけれど、地元の大学に通いたい人が多いよねと言われたことがあります。東京の友達に常磐大学の名前を言っても誰一人分かりません。認知度はかなり低いと思います。

私自身、高校受験で常磐大学付属を受けるまで存在を知りませんでした。高校時代部活に没頭し、気づけば周りが大学受験への準備を着々と始めていて、自分だけ取り残された気がしました。でも、一歩遅めに始めた受験勉強でも十分受かるくらいのレベルです。常磐大学に落ちた人は、おそらく茨城女子短期大学に行くことになると思います。茨城女子短期大学はとても頭が悪いので行く意味はないです。

野球部やサッカー部は比較的強いので大学でもガチでスポーツをやる人もいます。もともと茨城から出たく無いという生徒が多いので、常磐大学卒業後も、地元で働く人が多いです。県外からの生徒も多くはないですがいたのですが、第一志望に落ちたという理由の友達のほうが多かったです。

常磐大学の学生の様子

基本的には元気な生徒が多いですが、静かな生徒と二極化している印象があります。スポーツに勤しんでいる生徒も多いです。出席確認がしっかりとない授業もあり、その場合は友達と交代で出席偽装している人もいました。

バイトをしている学生はとても多いです。付属からエスカレートした生徒は固まっていてうるさい印象でした。

また、ゲームをしていたり、内職をしていたり、寝ている学生は多かったです。寝ている学生は、部活に入っている学生が多く、教授も特に怒ったりしていませんでした。

少数派のクラスの時は、みんな積極的に発言していてにぎやかで楽しいクラスもありました。大勢のクラスはそもそも来ていない場合が多く、空席が目立っていた印象です。

常磐大学の就職先について

看護学部や、健康栄養学科は、地元の病院や薬局に就職が多いイメージです。中には都内の大きな病院に内定をもらった子もいると聞きました。

また、教育学科など教諭免許を取得できる学部の学生は、地元の小学校や中学校へ就職している場合が多かったです。世間は狭いので同級生の妹や弟が教育実習で見かけたと言う話もよくありました。

一方で、経営学科や法律行政に行った場合地元の企業に入社する場合が多かったと思いますが、そもそも地元の企業が多くなく、就活に苦戦していた印象です。コミュニティ振興は学科によって力の入れ具合が違った印象がありますが、社会福祉系に進む学生が多いイメージです。介護に行った友達も多くいますが、辞めた子が多いです。

常磐大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①校舎が綺麗で過ごしやすいところです。

②地元出身の学生が多く、地元の友達が沢山できたところです。

③キャリア支援の人達がかなり熱心で、サポートがよかったところです。

悪かったところ

①駅からのアクセスが良くないところです。毎回のバスがとてもストレスでした。

②地元が好きな学生が多いこと、また本当は都内に行きたかったけれど落ちてしまったので常磐大学に来たという学生が多く、視野が狭い学生が多いイメージです。その点がもったいなかったなぁと感じています。

③何か目的を持って入学した場合は良いのですが、何も考えずに入学した場合、他の大学(都内の大学など)と比べて、途中から取り返すのが難しい環境だと思いました。

常磐大学に4年間通ってみていかがでしたか?

別の大学に進学すれば良かったなぁと思うことのほうが多いです。理由としては、就職の幅が広がったのではないかと思うところや、一緒に勉強する友達ももっとモチベーションがあったんじゃないか、と思います。

例えば都内の大学に行っていたら、就職は東京、神奈川、埼玉とUターン就職を考えられたのではないかなと思いました。茨城大学や筑波大学のように頭の良い大学に入れない場合、常盤大学や茨キリに行くしかないと言う固定概念がありました。

行って良かったなと思う部分としては、実家から通うことができたので少しは親の負担が少なく済んだかな、と言うくらいです。なので全体的には他の都内の大学に行けば良かったなと今振り返ると、思います。

常磐大学の基本情報

常磐大学の住所と最寄駅

◇見和キャンパス(人間科学、総合政策学部)
〒310-8585
茨城県水戸市見和1-430-1
◇最寄駅(人間科学、総合政策学部)
JR常磐線「水戸駅」・「赤塚駅」より、バス乗車(茨城交通・JRバス関東)→「自由が丘」下車、徒歩5分。


◇桜の郷キャンパス(看護学部)
〒311-3193
茨城県東茨城郡茨城町桜の郷280
◇最寄駅(看護学部)

JR常磐線「水戸駅」および見和キャンパスより無料シャトルバス運行

常磐大学の学費(4年間)

常磐大学の学費は以下の通りです(入学金含む)
常磐大学は茨城大学に落ちてしまったけれども地元茨城の大学に通いたい、という方が多く受験します。そのため、県外での知名度はとても低いです。

人間科学部(健康栄養)…学費473万円
人間科学部(心理、教育)…学費441万円
総合政策学部…学費437万円
人間科学部(現代社会、コミュニケーション)…学費437万円
看護学部…学費633万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、常磐大学の学校パンフレットでご確認下さい。

常磐大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、常磐大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で常磐大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

常磐大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*