【同志社女子大学】現代社会学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は同志社女子大学「現代社会学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

同志社女子大学「現代社会学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は同志社女子大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、同志社女子大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも同志社女子大学「現代社会学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

同志社女子大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく同志社女子大学「現代社会学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は同志社女子大学「現代社会学部」社会システム学科の卒業生です。

関連記事
同志社女子大学の全体的な評判

同志社女子大学「現代社会学部」の評判まとめ

同志社女子大学「現代社会学部」の偏差値と入試難易度

◇現代社会学部
社会システム学科…偏差値50
現代こども学科…偏差値50

同志社女子大学現代社会学部は同志社大学社会学部の下、近畿大学経営学部の少し上くらいです。

実際に同志社大学に落ちた人が同系列の同志社女子大学に入学し、センター入試で近畿大学や武庫川女子大学に合格した人が蹴ってこの大学に入学しているパターンが多かったです。中には国公立の大阪府立大学や大阪市立大学、また奈良女子大学に落ちて、滑り止めで受けていたこの大学に入学を決めた友人もいます。

関西の私立女子大学の中ではほぼトップに位置付けられているので、専願で入学した人も結構います。

同志社女子大学「現代社会学部」の志望理由

私が同志社女子大学現代社会学部社会システム学科を志望した理由は、1年生の時から特定の分野に絞って勉強するのではなく、法律、観光、経営、ライフマネジメント等、様々な分野の授業を選択制で受講できることが魅力的だなと感じたからです。

正直、高校生の頃は将来やりたいことも特に決まっていなくて、1つの分野に絞ることができずにいました。そんな中で高校の担任に家から通える範囲内で、将来幅広い可能性が広がっている同志社女子大学の現代社会学部社会システム学科をお勧めされました。

実際にオープンキャンパスに行き、まるでホテルのような校舎や庭園に心惹かれたことと、学部の先輩方が熱心に勉強や受験のアドバイス、また学部の魅力を教えて下さったので目指そうと思いました。

同志社女子大学「現代社会学部」に入学してから感じたギャップ

私が同志社女子大学現代社会学部社会システム学科に入学して感じたギャップは、あまりにも授業中寝ている人が多い事です。自分で言うのもあれなのですが、割と進学校卒業で真面目な性格の私にとって、授業中90分爆睡している人が多い事に驚きました。

特にAO入試等で推薦入学した人たちは授業に対する姿勢が酷く、単位もボロボロ落としていました。また女子大ということもあって華やかなキャンパスライフになるのかと入学前は想像していたのですが、実際は女子だけなのですっぴんにジャージで学校に来ている人が多かったです。

同志社女子大学「現代社会学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

アルバイト先の人達には、同志社女子大学というだけでかなりのお嬢様育ち、お金持ちだという印象を持たれました。お金があったらアルバイトなんてしないと思うのですが、あまりにもお嬢様扱いされるので最初は辟易しました。

また現代社会学部社会システム学科は薬学部など理系の学部と比較すると華やかなイメージがあるので、同志社女子大学の中でも合コンに誘われる回数が多かったです。男性陣にとって、男子禁制の中でキャンパスライフを送っている私たちに対する憧れのようなものがあったそうです。

内部生からみた評判

現代社会学部社会システム学科は、非常に授業の選択肢が多いので、熱心に勉強する人とそうでない人の差が激しいです。必修科目が1年次以外あまり多くないので、正直学校に来なくて単位を落としても進級はできます。(勿論規定の単位数を満たさないと卒業はできません。)

薬学部や国際教養学部と比較すると偏差値がやや低いので下に見られがちですが、熱心な生徒も数多くいます。特に法学を専攻している人は賢い人が多く、テスト前などはその人のノートをコピーするのに皆必死でした。

本格的に特定の分野に絞って勉強するのは3年次からなので、在学中に夢を見つけよう、といったように入学直後は将来やりたいことが定まっていない人も多くいました。

同志社女子大学「現代社会学部」のそれぞれの学科で勉強すること

同志社女子大学現代社会学部には社会システム学科と現代子ども学科があります。社会システム学科は多文化共生、京都学・観光学、ライフデザイン、ビジネスマネジメント、法、の5つのコースから選択し、幅広い視野をもちながら専門的に学んでいきます。

5つのコースから現代社会が抱える課題にトライし、将来的に広く社会で活躍する女性を育む学部です。法コースを選択する人は図書館に通いつめるほど勉強熱心で、観光学コースを選択する人は割と派手でフットワークが軽い人が多く極端でした。

また、現代子ども学科では子どもの視点を重視した社会的諸問題の解決方法を社会に発信し、今後の社会を担う子どもを育む力をつける女性の育成を専門とした学科です。学科の名前からして子ども好きで優しい雰囲気の女性が多かったです。

同志社女子大学「現代社会学部」のリアルな就職先について

現代社会学部社会システム学科は全体的に金融関係に就職する人が多いです。保険系ですと明治安田生命や日本生命、銀行系です優秀な人であればと三井住友銀行の一般職(窓口業務)や京都銀行が圧倒的に多いです。

また、普通層であれば京都信用金庫など、大学が京都なので京都府内の金融機関に就職する人も多いです。中には寿退社を見越して銀行や証券の就職を狙っている人もいました。残念な層(単位ぎりぎりで卒業)の人達は、就職活動もうまくいかず九州や北陸等の実家に帰り家業を手伝うことにしたと言っている人もいました。

また、美人で英語が堪能な人は日本航空やANAの客室乗務員になった人もいます。客室乗務員は非常に競争率が高いので、大学と並行してエアライン専門学校などの養成校に通っている人が殆どでした。私のように運よく大学職員として就職試験のほか、論文と面接3回を経てそのまま採用してもらえる人も毎年わずかながらいます。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、同志社女子大学「現代社会学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

同志社女子大学「現代社会学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で同志社女子大学のパンフレットを請求してみて下さい。

同志社女子大学のパンフレットを請求

関連記事
同志社女子大学の全体的な評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)