同志社女子大学の評判について【京都御所の目の前で学生生活を】


こんにちは!
今回は同志社女子大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、同志社女子大学には清楚で真面目な学生が多く、関西地方での評価はかなり高いです。

この記事以上に同志社女子大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで同志社女子大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば同志社女子大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく同志社女子大学の評判について見ていきましょう!

同志社女子大学の評判まとめ

同志社女子大学の偏差値

◇学芸学部
音楽-演奏…偏差値40
音楽-音楽文化…偏差値47.5
メディア創造学科…偏差値50
国際教養学科…偏差値50

◇現代社会学部
社会システム学科…偏差値50
現代こども学科…偏差値50

◇薬学部
医療薬学科…偏差値50

◇看護学部
看護学科…偏差値55

◇表象文化学部
英語英文学科…偏差値52.5
日本語日本文学科…偏差値50

◇生活科学部
人間生活学科…偏差値55
食物-食物科学…偏差値52.5
食物-管理栄養士…偏差値55

同志社女子大学の学生の学力レベル

奈良女子大学に落ちたような生徒が多かったです。生徒によって学力レベルに差があり、推薦で入った生徒の学力レベルは、かなり低かったと思います。

同志社女子大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
京都女子大学<同志社女子大学<武庫川女子大学 といった印象。

同志社女子大学の世間からの評判

私は九州出身なのですが、関西圏の大学を探している時、関西に住む知人へ複数の大学の中で高印象な大学はどこか聞いた際、真っ先に名前が上がったのが同志社女子大学でした。

就職率も高く、良い会社へ就職した先輩を多く輩出しており、将来安心できる大学と言う評判を聞きました。関西圏では、清楚で真面目な生徒が多く、勉強の質も高い優秀な大学と言う印象が強いそうです。

私が働いていたアルバイト先でも、お客様から同志社女子大学の生徒なら優秀なんだね。頭が良いんだね。と言うお声かけをして頂くことが多かったです。就職率の面でも、将来安心できる大学だと言えると思います。現に就職した先で、同志社女子大学の生徒は優秀で仕事の覚えが早いので、積極的に採用していると人事部の方が言っていました。

私が初めて就職した会社では、同志社女子大学出身の先輩が数多く在籍していましたし、私の下の代にも、同志社女子大学卒業の生徒が複数入社されました。

同志社女子大学の学生の様子

単位を取るのが難しく、授業をサボるような学生はほぼいませんでした。それでも、生徒は皆やらされている感はなく、積極的に授業へ参加していたと思います。学科ごとの人数は少なかったので、皆顔見知りで、仲が良かったと感じます。サークル活動への参加も積極的な生徒が多く、近隣の京都大学、同志社大学などに知り合いがいる学生も多かったです。

また、実習や、専門科目の授業は出席に関してとても厳しいので、ほぼ出席率100パーセントでした。専門科目ではない宗教関連の授業は、必須出席日数を満たした後は、サボるせいとが多かったと思います。授業中は大声で話したり、後ろの席を向いているなど派手な行為は見受けられませんでしたが、スマートフォンを触る生徒は多くいました。

同志社女子大学の就職先について

薬学部、管理栄養学科の生徒は、病院や調剤薬局から難なく内定をもらっていたと思います。

私が在籍していた食物科学専攻の生徒は、食品メーカー、食品の総合商社へ就職する生徒が多かったです。その中で、商品開発や商品研究などのs職種を希望する生徒が多かったのですが、これと言った資格がないので、食品メーカーでも営業や営業事務として採用される生徒が多かった気がします。

食品メーカーに就職できなかった生徒は、食に全く関係のない銀行や保険会社に就職する生徒が多かったです。公務員試験を受ける生徒も全体の5パーセント程いました。英文学課の生徒は、旅行会社や広告会社に就職している生徒が多かったです。社会システム科の生徒は、銀行に就職する生徒がかなり多かったと思います。

同志社女子大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①先生が親身になって教えてくださって、どの教科も本気で取り組めたことです。

②大学の校舎がとてもレトロで、場所も京都御所の目の前で、自慢でした。

③就職のサポートも手厚く、決まるまで親身にアドバイスいただきました。

悪かったところ

①単位を取るための試験がとても厳しかったです。勉強やレポートが大変でした。

②学食を食べる食堂が狭く、並ぶことが多々ありました。屋外のベンチなども少なく、教室で食べることが多かったです。

③学祭がかなりしょぼかったです。学祭に参加している生徒が少なかったです。学祭の期間、授業が休みになるのですが、皆その期間に旅行へ行ったりして参加する生徒が少なかったです。

同志社女子大学に4年間通ってみていかがでしたか?

同志社女子大学へ通って、良かったと思います。

私は、昔から食に興味があり、同志社女子大学の食物科学専攻へ入学しました。私は指定校推薦制度で入学し、学力に不安がありましたが、どの授業も教授が親身になってわかるまで教えてくださり、一つも単位を落とさず、卒業することができました。学科の人数は60名強で、大学にしては少人数制度だったのも大きかったと思います。

また、特に心に残っているのが、夏休み限定の特別講義です。どの学科の生徒でも申し込むことができ、様々な講義があるのですが、私が応募した「京都の文化」と言う講義では、伝統芸能の「能」についてや、京都の食文化についてなど、とても興味深い講義を無償で受けることができました。非常に面白かったです。

卒業論文では、1年間に渡り1つのテーマを複数人で実験し、パワーポイントにまとめ上げました。コミュニケーション能力、パワーポイントやワードなどパソコンの使い方、人前で発表すること、沢山の事を学ぶことができました。また、就職活動では採用が決まるまでサポートして頂きました。履歴書やエントリーシートを就職サポートセンターへ持って行くと、添削していただいたり、卒業生の方と個別相談できたり、とても充実した就職活動となりました。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
同志社女子大学には清楚で真面目な学生が多く、関西地方での評価はかなり高いです。

この記事以上に同志社女子大学について詳しく知りたいという方は、同志社女子大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で同志社女子大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で同志社女子大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*