【福岡工業大学】情報工学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は福岡工業大学「情報工学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

福岡工業大学「情報工学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は福岡工業大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、福岡工業大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも福岡工業大学「情報工学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

福岡工業大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく福岡工業大学「情報工学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は福岡工業大学「情報工学部」情報システム工学科の卒業生です。

福岡工業大学「情報工学部」の評判まとめ

福岡工業大学「情報工学部」の偏差値と入試難易度

◇情報工学部
情報工学科…偏差値45
情報通信工学科…偏差値42.5
情報システム工学科…偏差値42.5
システムマネジメント学科…偏差値42.5

福岡工業大学情報工学部はいわゆるFランクの大学です。福岡大学の同じ学部とあまりレベルは変わらないと思います。

同じ学部の人たちは、九州大学を落ちて入学する人もいれば、この大学一本で受かる人もいました。九州では割と有名な国立大学の理系の滑り止め大学だと思います。その甲斐あってか最近ではレベルが上がり入学希望者も増えているようです。

九州産業大学よりはレベルが高いと思います。自分は長崎大学に落ちてこの大学へ行きました。

福岡工業大学「情報工学部」の志望理由

その当時は視野が狭いということがあり、漠然とみんなが行くからという理由で行ったのが1番目の理由です。

2番目の理由としては、パソコンが好きでパソコンスキルを身につけておくとどの業界に行っても活躍の場があると考えたところが2番目の理由です。

3番目の理由は学費が安いという点です。同じような学部がある福岡大学に比べ、学費が3分の2程度に当時の学費では抑えられました。また就職に強くほぼ100%の人が現役での就職ができていた点も非常に大きいと思いました。

4番目の理由としては、滑り止め大学として有名であったためブランドとして取りやすい大学である点も見逃せないのではないかと思いました。まとめると、滑り止めとして選びやすく学費が安いというところだと思います。

福岡工業大学「情報工学部」に入学してから感じたギャップ

私が福岡工業大学情報工学部情報システム工学科に入って感じたギャップは、パソコンを常にいじれるわけではないと言うことでした。情報工学部とはいえ、システムの勉強もしなければいけません。何がいいたいかと言うと、情報を使ってどういったシステムを作ることができるかというところに重きを置いている学部だと言うことです。

常にプログラミングして実装しているような学部ではないところにギャップを感じてしまいました。ただ、それ以外はギャップは少ないように感じました。

福岡工業大学「情報工学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

私は長崎県の出身で、長崎県内では理系の滑り止め大学として有名でした。しかし、福岡工業大学はその名の通り福岡にあります。当然ながら、長崎との印象はちがいました。まず、これは入学した後に知った話ですが、昔はヤンキーなどのいわゆる不良が行く大学でかなりガラが悪い大学だったと聞きました。

そのため、自己紹介で福岡工業大学ですというと福岡県内で知っている方はすごく「え?」というような顔をされます。あまり良い印象は持たれませんでした。

内部生からみた評判

大学内では、とても良い教授が揃っていたこともあり、偏差値が毎年うなぎ登りに上がって行きました。情報工学部情報システム工学科というと、最近勉強のレベル上がったところだねという風に言われたことがあり嬉しかったです。

学生の傾向としては、いわゆるチェックシャツにメガネのオタクが3割、普通のイケてる大学生男子3割、理系女子が4割といった感じでした。まともな人は多いですが、ゲーム好きでコミュニケーションがうまく取れない学生も多い印象です。

他の大学と比べて女子が多いというのは工業大学にしてはいいのかなと思いました。

福岡工業大学「情報工学部」のそれぞれの学科で勉強すること

福岡工業大学情報工学部では、情報工学科、情報システム工学科、システムマネジメント学科、情報通信工学科の4つの科からできています。

情報工学科は、プログラミングをメインに学習します。プログラミングに強い学生も多くオタク気質な学生が多い印象です。

情報システム工学科では、プログラミングはもちろんですが、多岐に渡ります。生体や会社組織などあらゆるシステムのことを情報としてどう捉えるかを学びます。そのためオタクから普通の学生まで様々な人がいます。

システムマネジメント学科はその名の通り、プログラミングも学びますが、情報を用いた経営なども学びます。この大学で唯一大学っぽい学科です。

情報通信工学科は、無線や電波などを学ぶ学科です。スポーツ経験者が多く、体育会系男子が多くいた印象です。

福岡工業大学「情報工学部」のリアルな就職先について

優秀層に関しては主にメーカーへ行くことが多かった印象です。東芝やSONYに行く人が多かったです。また、優秀層では、大学院に行くことも多く、そのまま大学院まで行くこともあれば、九州大学や大阪大学の大学院へ行く学生も少数ながらいた印象です。

普通層は中小企業のメーカーが多いです。特に技術営業や営業マンになるのがこの層の特徴です。具体的な会社はあまり存じ上げませんが、B to B の会社に行く人が多い印象です。

最後に残念な層ですが、ここは様々です。就職浪人する人もいれば、バイト先の正社員になる人、派遣社員になる人等、様々いますが所得が高くなるような就職先に行く人はごくわずかだと記憶しています。具体的には、エレナというスーパーマーケットやマルキョウというスーパーマーケット、居酒屋の正社員などがいました。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、福岡工業大学「情報工学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

福岡工業大学「情報工学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で福岡工業大学のパンフレットを請求してみて下さい。

福岡工業大学のパンフレットを請求

 

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)