【九州工業大学】情報工学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は九州工業大学「情報工学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

九州工業大学「情報工学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は九州工業大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

スタディサプリ進路を使えば、九州工業大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも九州工業大学「情報工学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

九州工業大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく九州工業大学「情報工学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は九州工業大学「情報工学部」知能情報工学科の卒業生です。

※2018年、「情報工学部」の学科改編がありました。

関連記事
九州工業大学の全体的な評判

九州工業大学「情報工学部」の評判まとめ

九州工業大学「情報工学部」の偏差値と入試難易度

◇情報工学部
情工1類…偏差値47.5
情工2類…偏差値47.5
情工3類…偏差値47.5

九州工業大学の難易度は九州大学工学部の少し下、北九州市立大学国際環境工学部の少し上くらいです。

実際に同じ学部の友人は北九州市立大学に受かるレベルの学力がありますが九州工業大学を選んでいます。そして、本当は九州大学工学部に行きたかったけれど残念ながら落ちてしまって後期試験で九州工業大学に受かったという友人もいます。

また、同じ九州工業大学でも工学部よりは少しだけ情報工学部のほうが受かりやすいという話を聞いたことがあります。

九州工業大学「情報工学部」の志望理由

私が九州工業大学を志望した理由は、就職実績やサポートがしっかりしていて良かったからです。これからの時代はAIの発展など情報工学の知識が役に立つ分野が先頭に立って日本あるいは世界を引っ張っていく時代です。なので、その時代の流れに乗っかって情報工学の知識を身につけて就職に困らないようにしておこうと思い、九州工業大学情報工学部を志望しました。

実際、企業側からしても情報系に強い人材は引く手あまただそうで、プログラミングのスキルがこれくらいあると給料が何パーセントアップするだとか、情報系の学校を出ていたらほぼ必ずとるだとかいうことをよく耳にします。

九州工業大学「情報工学部」に入学してから感じたギャップ

九州工業大学は工業系の大学ということもあり、入学する前は学部のうち男子が9割ぐらいを占めていて、女子はほとんどいないのかな、と思っていましたが実際はそれほど男女の割合に差はなく、男子6割女子4割くらいの印象でした。同じ九州工業大学でも情報工学部は、工学部より女子が多いです。

あとは、九州工業大学は予習やレポートで忙しいと聞いていたので心配していたのですが、入学するとそれほどでもなく1年のうちは適度な量の課題で忙しいと感じることもあまりありませんでした。

九州工業大学「情報工学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

九州工業大学だということを大人に話すと大体おー、すごいねといってもらえます。全国的にはあまり知られていない学校ですが、九州圏内だと九大の次にネームバリューのある理系の国立大学なので、まあ九大には行けないまでも少し受験を頑張ったんだねというような人たちが通っている印象です。

なので、九州圏内の福岡県外の人たちからも九州工業大学情報工学部は良い印象を持たれています。実際、県外から入学して一人暮らしをしながら通っている人も多くいます。

内部生からみた評判

九州工業大学では二つの学部しかなく、工学部と情報工学部がありますが、これらの学部はそれぞれキャンパスも違っていて離れているのでほぼほぼ独立しています。なので、学部同士であっちの学部はどうだとかあっちの学部の方が◯◯がいいなどの話はあまりしません。

そして、キャンパスが離れているということもあり、学部同士での交流はあまりありません。学部間でのヒエラルキーなども特に感じたことはありません。キャンパスの広さでいうと工学部の方が少しだけ広いですが、勉強の内容以外で学部によって違うことはほとんどないかと思います。

九州工業大学「情報工学部」のそれぞれの学科で勉強すること

九州工業大学情報工学部の場合、知能情報工学科、情報・通信工学科、知的システム工学科、物理情報工学科、生命科学情報工学科の五つがあります。

知能情報工学科では、現在飛躍的な進歩を遂げているコンピュータや様々なメディアを題材にして社会サービスの題材となる情報技術の仕組みや手法を基礎から学ぶことが出来ます。

情報通信工学科では、人や物が情報を介して相互に連携をとるICT社会を主導できるような情報通信技術を基礎から学ぶことが出来ます。

知的システム工学科では、知的システム、システム制御技術、機械工学を融合した高度なロボットの応用技術やICT基盤技術について基礎から学ぶことが出来ます。どの学科もこれからの情報社会において大切な技術や知識を学ぶことが出来ます。

九州工業大学「情報工学部」のリアルな就職先について

九州工業大学情報工学部では、優秀な人だとトヨタ自動車や安川電機、日産など誰もが聞いたことのあるような企業に就職しています。他の人は、NECソリューションイノベータ、本田技研工業などの企業に就職しています。いずれも工業系の企業が多いですが、これからの時代、情報技術者はどの分野の企業でも必要になってくる人材なので就職先はたくさんあります。

実際に就職した先輩が人事部の人から聞いたという話では九州工業大学を卒業しているというだけで必ずとるのだそうです。必ずとはいかないまでも情報工学を大学のうちに学んでおくと就職の時にとってもらえる可能性は多少上がると思います。

また、九州工業大学情報工学部では、就職の道だけでなく大学院に進学する道もあります。むしろ大学院に進む人の方が多く、学部生の約6割が院に進むそうです。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、九州工業大学「情報工学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

九州工業大学「情報工学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひスタディサプリ進路で九州工業大学のパンフレットを請求してみて下さい。

九州工業大学のパンフレットを請求

関連記事
九州工業大学の全体的な評判

コメントをかく

*