【阪南大学】国際コミュニケーション学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は阪南大学「国際コミュニケーション学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

阪南大学「国際コミュニケーション学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は阪南大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、阪南大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも阪南大学「国際コミュニケーション学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

阪南大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく阪南大学「国際コミュニケーション学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は阪南大学「国際コミュニケーション学部」国際コミュニケーション学科の卒業生です。

関連記事
阪南大学の全体的な評判

阪南大学「国際コミュニケーション学部」の評判まとめ

阪南大学「国際コミュニケーション学部」の偏差値と入試難易度

◇国際コミュニケーション学部
国際コミュニケーション学科…偏差値40

阪南大学国際コミュニケーション学部国際コミュニケーション学科のレベルは下です。

桃山学院よりも下ですが、阪南大学の中では国際コミュニケーション学部国際コミュニケーション学科は1番上です。主に語学を勉強している学部なので、実際に同じ学部の友人は英語が好きなど関西外国語大学の滑り止めでも受けていた学生が多々います。

留学制度も整っている学部なので阪南大学の中では他の学部より留学に行きやすい学部になっています。

阪南大学「国際コミュニケーション学部」の志望理由

私が阪南大学の国際コミュニケーション学部国際コミュニケーション学科を志望した理由は、元々英語が好きで外国人や海外も大好きでした。それをきっかけに英語に関わる勉強がしたいと思い、関西外国語大学の滑り止めとして阪南大学国際コミュニケーション学部国際コミュニケーション学科を志望しました。

しかし、関西外国語大学は思うように中々合格もできず、仕方なく滑り止めで受かった阪南大学国際コミュニケーション学部国際コミュニケーション学科に入学を決めました。家からも電車一本で行ける距離で他の大学を受験するより、英語の勉強ができて、私の入りたいサークルがあり、家に近い大学に行けると思ったので、関西外国語大学と阪南大学以外は受けませんでした。

阪南大学「国際コミュニケーション学部」に入学してから感じたギャップ

私が阪南大学国際コミュニケーション学部国際コミュニケーション学科に入学してから感じたギャップは、英語の授業が1回生の時しか必修では無いということで、英語の単位を取るためにもTOEICの点数を取らなければ単位をくれないところでした。

他にも主に英語の勉強というより国際的な授業が多いイメージがあります。あと大学は広いイメージを持っていった為、食堂の狭さとか校舎の狭さにびっくりしました。校舎自体も古く新しい校舎が少ないです。

阪南大学「国際コミュニケーション学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

阪南大学の場合やはり他の大学よりレベルが低いが為、どこ大学か友達とか就活でも紹介する際、誇りをもって阪南大学の国際コミュニケーション学部国際コミュニケーション学科と言えません。

レベルが低いせいかクラブなどに行き来している学生も多い為、阪南大学と言うだけでチャラそうなどのイメージも付けられやすく、特に阪南大学の経済学部経済学科はチャラいとつけられてるイメージがあります。しかし、学生のみんなはとてもフレンドリーな人が多いです。

内部生からみた評判

阪南大学国際コミュニケーション学部国際コミュニケーション学科は阪南大学の中ではトップの学部です。国際コミュニケーション学部国際コミュニケーション学科の学生も私が思うには真面目な人が多いイメージがあり、4回生で単位が残って学校に行っている学生が1番少ない学部ではないのかなと感じます。

他にも就活でも3回生の頃からインターンとか行っている学生が1番多かったのではないかなと思います。留学にも力を入れている学部なので、私のゼミではゼミの3分の2は留学に行っていた学生が多いです。とにかくオンオフをしっかりとれる勉強意欲の高い学生が多いです。

阪南大学「国際コミュニケーション学部」のそれぞれの学科で勉強すること

阪南大学には国際コミュニケーション学部、国際観光学部、経済学部、経済情報学部、流通学部の5つの学部があります。

観光学部では、主に英語と観光地や世界遺産など勉強しています。経済学部はどこの大学と同じで経済のことを勉強しています。やはり男子生徒が8割を占めているらしいです。

経済情報学部はパソコンなど勉強しといるイメージはありますが、阪南大学ではあまり存在が薄い為、国際コミュニケーション学部に通っている私はあまり知らないです。流通学部は、ほかの大学には無い学部だと思います。ファッションやスポーツについて専門的なことを大学で勉強できる学部になっています。なので流通学部は特に人気の学部なのかと思います。

阪南大学「国際コミュニケーション学部」のリアルな就職先について

阪南大学国際コミュニケーション学部国際コミュニケーション学科の就職先は主に英語が好きな人が多い為、航空関係の職に就く人が多いです。航空関係で職につけば、外国に関われるなどの理由で就く人が多いです。

私の友達には航空関係の仕事に就くため、ドバイに就職している学生もいます。海外で働きたいと夢見ていた学生だったのでその夢を叶えています。他にもホテルマンなども外国人に関わり、英語を使える仕事のため多いイメージがあります。

国際コミュニケーション学部国際コミュニケーション学科にはメディアなど勉強することもあるので、広告関係やメディア関係で就職する学生も多いと思います。元HNKで働いていた教授がいるため、その先生のコネで広告、メディア関係に就職したと言う話を聞いたこともあります。けれどみんなが働きたい職についていることが多いです。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、阪南大学「国際コミュニケーション学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

阪南大学「国際コミュニケーション学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で阪南大学のパンフレットを請求してみて下さい。

阪南大学のパンフレットを請求

関連記事
阪南大学の全体的な評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)