【帝京平成大学】健康メディカルの評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は帝京平成大学「健康メディカル学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

帝京平成大学「健康メディカル学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は帝京平成大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、帝京平成大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも帝京平成大学「健康メディカル学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

帝京平成大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく帝京平成大学「健康メディカル学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は帝京平成大学「健康メディカル学部」健康栄養学科の卒業生です。

帝京平成大学「健康メディカル学部」の評判まとめ

帝京平成大学「健康メディカル学部」の偏差値と入試難易度

健康メディカル学部
健康栄養学科…偏差値50
臨床心理学科…偏差値45
言語聴覚学科…偏差値42.5
作業療法学科…偏差値42.5
理学療法学科…偏差値50
医療-救急救命士…偏差値45
医療-臨床工学…偏差値42.5

帝京平成大学健康メディカル学部健康栄養学科の偏差値は駒沢女子大学人間健康学部健康栄養学科の少し下、東洋大学食品環境学部健康栄養学科より少し上くらいです。

あまり管理栄養士を目指せる学部は多くないのでランクを上げる、下げるとなると一気に偏差値が変わってしまう場合が多いように思います。あまり偏差値自体は高くないので蹴ってこの大学を選ぶというよりは知名度のある大学や偏差値が高い大学に落ちてしまってここに決めたという人が半分ほど、残りは第一志望だったり指定校推薦だったりで入学したという割合だった覚えがあります。

帝京平成大学「健康メディカル学部」の志望理由

私が帝京平成大学健康メディカル学部健康栄養学科を志望した理由は通学のしやすさでした。

数多くの管理栄養士を目指せる大学を調べましたがどこの大学も週5日1限から5限までほぼ必修の授業があると言うことを知りました。通学時間を有効に使うこともできるのでしょうが通勤、帰宅ラッシュにあたると電車で勉強などはとてもできないと思ったのでなるべく自分の時間が取れるようにしたく通いやすいこの大学に決めました。

知名度や歴史などを考えると別の選択肢ももちろんありました。また高校の進路指導や担任の先生からはもっと上の大学を目指せるとも言われました。ですが、どこも通学には不便なところばかりでした。一番の目標は管理栄養士になることです。最後は自分の努力次第と思ったので偏差値や知名度はあまり考えずにきめました。

帝京平成大学「健康メディカル学部」に入学してから感じたギャップ

私が帝京平成大学健康メディカル学部に入学してから感じたギャップは生徒全員が管理栄養士の資格を取りたいと本気で考えている人以外も学科にいたことです。資格取得を目指す学部でありまた学科だったのでクラスの中でもやる気のない人はとても目立ちましたし、個人的にもなぜわざわざこの学部にしたのだろうかと思いました。

周りの生徒を妨害することはありませんが、やはりグループ実習の時などはその温度差にてこずることもありました。興味がある程度だとしても選んだのなら真面目にやってほしい~とよく思うことがありました。

帝京平成大学「健康メディカル学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

まだ創設されて年数が経っていないということもあり、そもそも大学名自体知らないということが多かったです。近所の人やバイト先の方のほとんどには「どこにあるの?」「どんなことやってるの?」と聞かれることがほとんどでした。

学部も健康メディカル学部というイマイチ学部名から専攻内容が想像しにくいのもあって印象が良いも悪いもなかったです。帝京大学のグループ大学なんですと言うとそれはスゴいねー!という言い方も何人かいました。

内部生からみた評判

学部自体が各国家資格取得のために頑張っている学部なので基本的にスゴいねということもなく、また悪く言われることもなかったように思います。全体的に医療に関わろうとする資格なのもあるので基本的に似た者同士が集まっているのかな?という印象でした。

ですが健康栄養学科は調理実習が多いのでその点は他の学科の人たちから羨ましがられたり、料理が好きと思われて好印象になることも多かったです。先生方がよく清潔感のある生徒が多いとおっしゃっていたことはあります。ただハッキリとした理由は言っていなかったのでなんとも言えませんが。

帝京平成大学「健康メディカル学部」のそれぞれの学科で勉強すること

帝京平成大学健康メディカル学部健康栄養学科には、理学療法学科、作業療法学科、臨床工学学科などいわゆるコメディカルの国家資格を目指す学科が集まっています。各資格取得のため(正しくは受験資格ですが)1年生から各学科、必修授業が多いと思います。一般的な大学のような大きな講堂での授業は少なく、各学科さらにクラスを作りより少人数で授業を受けるのでイメージは高校生の延長といったようなものでしょうか。

現場実習もそれぞれあるため並行して就活をするような学科がほとんどです。ある意味同じ各部でありながらも全く接点はないです。自分の目指す資格のために学科を選ぶので人気、不人気はありませんが、理学療法学科は男子生徒が多く、健康栄養学科は女子生徒が多いです。

帝京平成大学「健康メディカル学部」のリアルな就職先について

学部生のほとんどが医療現場に進みます。国家資格の合格率自体は各学科9割ほどだと思います。留年やそれに伴う退学などは2、3割程度になる印象です。4年生での留年は少ないですが、現場実習が始める3年生への進級時には必修授業の単位がすべて取得されていることが条件でした。なので2年生から開講される必修授業を一つでも落とすと3年生になれないのでそこで留年、退学をする人が目立った印象があります。

卒業後に同期と進級判定や卒業認定などの話をしましたが、特別厳しすぎるという印象はありませんでした。もちろん追試はありましたので一度ダメだったからといってすぐ諦めさせられるということはありませんでした。私は追試を受けたことがないので聞いた話になりますが、やはり本試験より優しい問題だったと話す友人が多かったので厳しすぎるということはありません。決められたことを確実にこなせば問題なく卒業することができます。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、帝京平成大学「健康メディカル学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

帝京平成大学「健康メディカル学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で帝京平成大学のパンフレットを請求してみて下さい。

帝京平成大学のパンフレットを請求

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)