【東北福祉大学】総合福祉学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は東北福祉大学「総合福祉学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

東北福祉大学「総合福祉学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は東北福祉大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、東北福祉大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも東北福祉大学「総合福祉学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

東北福祉大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく東北福祉大学「総合福祉学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は東北福祉大学「総合福祉学部」社会福祉学科の卒業生です。

東北福祉大学「総合福祉学部」の評判まとめ

東北福祉大学「総合福祉学部」の偏差値と入試難易度

◇総合福祉学部
社会福祉学科…偏差値37.5
福祉心理学科…偏差値50
福祉行政学科…偏差値45

東北福祉大学総合福祉学部の難易度は、東北学院大学経営部の少し下、東北学院大学文学部の少し上くらいです。

当初は岩手県立大学に入学しようとしていました。理由は国公立の大学だからです。同じ学部の生徒の中にはMARCHの大学を受けて落ちたのでこの大学に入った生徒、地元の国公立の大学に落ちてこの大学に入った生徒などもいました。

例えば、岩手大学、秋田大学、山形大学、北海道大学、青森大学、福島大学、新潟大学などです。

東北福祉大学「総合福祉学部」の志望理由

東北福祉大学総合福祉学部に入ろうと思った理由は、人の心理を学びたい、人ともっと関わりたいと思ったからです。

私は思春期くらいから、人間関係に対してストレスを持っていたので、人はこういう時にどう思っているのか、人にどう接すればよいのかが知りたかったのです。人に関心があるからこそ人のことを知って、私の様にストレスを感じている人のために働きたいと思っていました。

ただ、もともと私立は希望していませんでしたが滑り止めとして受けていました。私立を希望していなかった理由は金銭的な問題があったからです。兄弟がいましたので、私立に入ってしまうと弟に迷惑が掛かるし、奨学金を申請しなければならなくなるからです。結果的に国公立の心理系の大学は落ちてしまい、この大学に入学することになりました。

東北福祉大学「総合福祉学部」に入学してから感じたギャップ

東北福祉大学総合福祉学部に入って感じたギャップは、 大学に入ったからと言って学びたいことと実生活にすぐ活かせるわけではないということです。

人間の心理を学びたいと思い入学し、心理系の学問の講義は受けましたが、雑学レベルの理解に留まりました。もちろんその先は研究するなり、厳しいゼミに入ったり、積極的にボランティア活動をして人と関わることによって気付いたり、学ぶことができるのかもしれませんが、大学生という選択の自由が与えられた状況で私は、そういう選択をしませんでした。

東北福祉大学「総合福祉学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

東北福祉大学総合福祉学部の場合、人柄がよく愛嬌のいい生徒が多かった印象です。大学教授の多くが他の大学でも教鞭をとっており、その教授たちが口をそろえて「東北福祉大学の生徒はほかの大学の生徒に比べて講義に対して意欲的に取り組んでいるし、リアクションが良い」と言っていました。

教授たちが問いかけたりするときに俯かず、声を出したり、笑ったりリアクションを取る学生が多かったのでそういわれたんだと思います。それは、意欲的に学問を学んで成長したいという思いというよりも、学生個人個人の人柄が良かったんだと思います。

内部生からみた評判

東北福祉大学総合福祉学部の場合、特にやりたいことが決まっていない学生が入る学部という印象です。

教育の方面に就職したい人は教育学部に入っていましたし、心理学を学んでそういう方面の仕事に就きたい人は心理学科に入っていました。総合福祉学部はその点マルチで、多くの学生は企業就職していたと思います。福祉系の就職をする人とそうでない人が半分半分といった印象です。

あとは、法律の講義、心理学の講義、経済学の講義など、さまざまな方面の講義があるので好き好きで講義を受けていた気がします。総合福祉という大義名分で自分の精神を保っているような心の弱い人達が多かったです。

東北福祉大学「総合福祉学部」のそれぞれの学科で勉強すること

東北福祉大学総合福祉学部には、社会福祉学科、教育学科、経営学科、看護学科、福祉心理学科の4つがあります。

社会福祉学科では、主に児童、老人、障がい者に対する福祉の勉強や福祉施設での実習をし、そのせいか福祉職を目指す人が多いです。偏差値が一番低い学科で、どこにも受からなかった人が最終的に入る学科です。

教育学科では、学校の先生を目指す人が入る学科で大体の人が社会科の先生を目指していました。福祉心理学科では、心理系の学問を学ぶ学科で、偏差値が一番高い学科で人気がありました。

経営学科は、医療事務を目指す学生が多かったです。看護学科は、看護師を目指す学科です。女性がほとんどでした。

東北福祉大学「総合福祉学部」のリアルな就職先について

東北福祉大学総合福祉学部の場合、多くの人が民間企業に就職していました。宮城県の大学なので、宮城県の企業に就職する人が多く、次が東京の企業、あとはそれぞれの地元へ就職する場合が多い印象です。

私の大学からだとアイリスオーヤマに入った人が居ました。その人は入社してすぐ採用担当になったそうです。ほかの人だと東京海上日動に就職した方もいます。営業でした。だいたいが民間企業の営業職か事務職に就職していました。

3割くらいの人は福祉施設に就職していました。福祉施設の求人は遅く、民間企業が大学3年の冬、1月からで福祉施設系は大学4年の夏以降からでした。なので、民間企業がどこも受からず落ちてしまった人が福祉施設に就職している場合、あとはもともと大学入学から、福祉施設に就職したいと志している人が就職していました。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、東北福祉大学「総合福祉学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

東北福祉大学「総合福祉学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で東北福祉大学のパンフレットを請求してみて下さい。

東北福祉大学のパンフレットを請求

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*