【筑波大学】人間学群の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は筑波大学「人間学群」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

筑波大学「人間学群」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は筑波大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、筑波大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも筑波大学「人間学群」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

筑波大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく筑波大学「人間学群」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は筑波大学「人間学群」の卒業生です。

関連記事
筑波大学の全体的な評判

筑波大学「人間学群」の評判まとめ

筑波大学「人間学群」の偏差値と入試難易度

◇人間学群
教育学類…偏差値60
心理学類…偏差値65
障害科学学類…偏差値62.5

筑波大学人間学郡の難易度は同志社大学心理学部の少し下、立命館大学総合心理学部の少し上くらいです。

同級生も併願先にこの二校が多かったです。私自身は立命館大学総合心理学部に合格しましたが、同志社大学心理学部は模試の段階でD判定を超えることがなく出願を諦めました。立命館大学総合心理学部がA判定であれば、筑波大学人間学郡がB~C判定、同志社大学心理学部がD判定といったところです。

関東方面の大学では、法政大学や立教大学が同程度の難易度で併願する同級生が多かったです。

筑波大学「人間学群」の志望理由

筑波大学人間学郡を志望した理由は、筑波大学が国公立大学の中で唯一「心理学」と冠のつく学部(学類)だったからです。

もともと心理学へ憧れを抱いていたこともあり、心理学部を調べていました。国公立大学はどこも人文学部や社会学部、教育学部の中の心理学専攻という形でしか心理学を学べないものでした。筑波大学人間学郡では、心理学類という独立した学類で深く勉強ができると感じました。

また、カウンセリング系ではなく、社会現象や宗教などについて学べるということも、インターネットの情報で見かけたことがあり、高校生の自分にとって非常に魅力的に感じた記憶があります。住まいが北陸だったので、関東に大学があることも魅力の一つでした。

筑波大学「人間学群」に入学してから感じたギャップ

私が筑波大学人間学郡に入学してから感じたギャップは、キャンパスの雰囲気と授業内容です。

広大な敷地のため、休憩時間の多くは移動時間となり、漫画などで見ていたゆったりとしたキャンパスライフは平日にはなかなか難しかったです。また、授業も教授のモチベーションに左右されるものが多く、魅力的だと思っていた心理学にそれほど惹かれなくなった時期もありました。もちろん、心理学の深さに興味が湧いて自発的に勉強できるようになった授業もあり、それも良い意味でギャップでした。

筑波大学「人間学群」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

筑波大学人間学郡の評判はとても良かったです。大学を卒業している方々にとっては高く評価してもらえました。彼女の親にも、「真面目にがんばってきたんだな」と褒めてもらえました。

地元での評判は悪くはないですが認知度は高くなく、常に「金沢大学より上?」と尋ねられてきました。また、体育学群のイメージが強いようで、それほど身の上話をしない人からは、スポーツをしているのかどうかという話題になることがとても多かった印象です。

内部生からみた評判

筑波大学では、理系、文系、専門のようにおおよそ3種に分類されます。どの大学でも似た傾向はあると思いますが、人間学郡は文系のためよく「ハーレム」と言われていました。文系校舎と理系校舎の間に小さな川が流れているキャンパスの特徴から、その川を天の川と比喩することがあります。

ただ、実際に在籍している人間学郡の男子学生はユーモアがある一方で真面目な人が多かったです。そのため、恋愛関係のゴタゴタは学郡内で比較的少なかった印象です。女子生徒も綺麗な人が多かったですが、根が真面目なため学問にもサークルにも全力で打ち込む学生が中心でした。

筑波大学「人間学群」のそれぞれの学科で勉強すること

筑波大学人間学郡には教育学類、心理学類、障害科学類の3学類があります。それぞれが「人」を各視点から学べます。各学類の授業はそれぞれ必修となっている部分もあり、どの学類に所属しても一定の内容を学べます。

心理学類は社会心理、教育心理、臨床心理など5領域を学ぶことができ、幅広い興味を満たせます。それもあって、人間への興味が強い学生が多かったです。入試難易度で比べると、教育学類と心理学類が障害科学類よりも数段レベルが高いので、筑波教育、筑波心理というネームバリューは非常に高かったです。

障害科学類に所属する学生の中には、教育学類または心理学類を諦めて入学した者も少なくなかったです。とは言え、一般教養の授業は混同で実施されることが多かったので親しくしていました。

筑波大学「人間学群」のリアルな就職先について

教育学類卒業生は、院に進学する層と就職する層があります。就職先の多くは教員です。一部は人への興味を生かして営業職に就きます。

心理学類卒業生は半数が院に進学するため、年度によっては就職者の方が少ない場合もあります。就職先はりそな銀行などの大手銀行や、クラシエ、大東建託といった全国区企業の営業職、そして公務員が多かったです。また僅かではありますがシステムエンジニア、塾講師も就職先として挙がっています。心理職に就きたい人は院進学をすることが多いです。

障害科学類卒業生は特別支援学校への就職がメインですが、優秀な学生はみずほ銀行や常陽銀行などの銀行のほか、法務省など公務員の道に進んだ実績があります。また、自身のやりたいことを追求する学生は、高齢者の福祉施設や障害者スポーツ財団など、障害者支援の道へ進んでいます。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、筑波大学「人間学群」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

筑波大学「人間学群」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で筑波大学のパンフレットを請求してみて下さい。

筑波大学のパンフレットを請求

関連記事
筑波大学の全体的な評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)