【山形大学】地域教育文化学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は山形大学「地域教育文化学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

山形大学「地域教育文化学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は山形大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、山形大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも山形大学「地域教育文化学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

山形大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく山形大学「地域教育文化学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は山形大学「地域教育文化学部」地域教育文化学科の卒業生です。

山形大学「地域教育文化学部」の評判まとめ

山形大学「地域教育文化学部」の偏差値と入試難易度

◇地域教育文化学部
児童教育…偏差値50
文化創生…偏差値50

山形大学地域教育文化学部の難易度は、宮城教育大学の少し下、短期大学や私立大学の教育学部の少し上くらいです。

後期試験のレベルだと、埼玉大学や新潟大学の教育学部より少し下くらいです。実際に同じ学部の友人の多くが、宮城教育大学を受験したか、どちらを受けるかで検討して山形大学を受験していました。

埼玉大学や新潟大学の教育学部を落ちた人、そこに届かなかった人も、後期受験等でこの大学を受験し、入学した人も多かったです。

山形大学「地域教育文化学部」の志望理由

私が山形大学地域教育文化学部を志望した理由は、まず教育を学び、教職の道に進みたいと思っていたからです。もともとは、社会科分野を専門にしたいと思っており、合わせて図書館司書教諭の勉強もできるとのことだったので、志望しました。

また、ただの教育学部ではなく、地域教育文化学部という名称でもあり、地域に根差した、実のある学びや実践的な教育に期待し、この学部を選びました。

当初は、教育学部からでなく、人文系の学部から教職科目を取り教師を目指そうとも思いましたが、高校生の頃は目標も目的もまだ曖昧でしたので、専門や科目を絞ってよいものかと考えることもありました。教職を目指すことは決めておりましたので、とりあえず教育学部で一通り教科や科目を学んでみようと教育学部を志望しました。

山形大学「地域教育文化学部」に入学してから感じたギャップ

私が山形大学地域教育文化学部に入学してから感じたギャップは、教育づくしの学部ではなかったことと、もう既にどの教科のどんな教師になるというところまで考えて入学してきている人が多かったことです。

教育の授業ももちろんありますが、地域のことや幅広い教養を得るための授業が多かったのが、専門を絞りきれていない私にとって良い意味でギャップでした。言葉は良くないですが、決してレベルが高い大学ではないのに、同期の学生たちが想像以上に将来ビジョンや理想を持っている人が多かったのも、すごく衝撃を受けた部分でした。

山形大学「地域教育文化学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

地元の大学、地域に根差した大学ということもあり、山形大学の学生です、というと良い印象を持たれることが多かったです。山形大学の学生ならしっかりしてるから大丈夫、教育学部ならなおさら先生の卵なのだから安心して信頼できる、と総じて評価は高かったように思います。

地域の人や団体、企業と学部の先生との繋がりが強いので、特に、学年が上がると、◯◯先生のゼミです、◯◯先生の授業を受けてきました、と話すと一気に距離が縮まる印象がありました。

内部生からみた評判

 

山形大学「地域教育文化学部」のそれぞれの学科で勉強すること

山形大学地域教育文化学部には、地域教育文化学科1つしかなく、その下に専門的なコースが分かれています。小学校教諭を育成するコース、建築を学ぶコース、芸術として音楽と美術を学ぶコース、科学や栄養学を学ぶコース、スポーツや体育を専門とするコース、数学やプログラミングを専門にするコースと、細かく分かれており、各分野コースの色が分かれます。経営学科、イノベーション学科の4つがあります。

小学校教諭養成のコースでは、様々な志向をもった人も多く、また、教職への意識が高い学生が集まる特徴があり、比較的仲が良いです。小学校教諭養成のコースなので、一通りの科目と教育学、心理学を学び、実際にフィールドワークとして学校や団体に足を運んで学ぶ機会が多いです。

山形大学「地域教育文化学部」のリアルな就職先について

山形県教員、宮城県教員、仙台市教員、その他の地域の教員になる人が多くです。また、教員だけでなく、保育園教諭や行政、公務員になる人も多いです。教員や公務員で約7割くらい。その他、大学院に進む人が1割程度で、一般就職する人ももちろんおります。

一般企業としては、山形ですので、地域の銀行である、山形銀行、荘内銀行、または、仙台の七十七銀行に就職する人も多いです。就職だと、企業自体が少ないのもあってか、金融系の企業に就職する人がほとんどです。その他、フォトスタジオや塾の講師など、子どもに関わる職業に就く人もいます。若干数ですが、自衛隊、警察官になる人もいます。

ただ、教員採用試験は狭き門の地域もあるので、残念ながら不採用となってしまった人は、講師として働きながら勉強し、次年度以降に教員採用試験を受け直すパターンも一定数あります。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、山形大学「地域教育文化学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

山形大学「地域教育文化学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で山形大学のパンフレットを請求してみて下さい。

山形大学のパンフレットを請求

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*