学費が安い私立大学一覧【年間90万円以下の大学も沢山あります】


こんにちは。
私立大学の学費ってとっても高いですよね。
私立文系でも4年間で400万円、私立理系だと4年間でなんと600万円も掛かってしまいます。

そして、これらの学費を少しでも減らしたいというのが実情だと思います。
そのため、今回は初年度の学費が安い有名大学を一覧形式にしてまとめたした。

MARCHをはじめとした有名大学に進学したいけれど、学費は安く抑えたいという方は是非参考にして下さい(^^)奨学金制度の充実している大学についてもまとめましたのでお楽しみに。

▪️関連記事
専修大学の学費は安いという噂の真偽について

私立大学で学費が安い大学一覧

有名だけど学費が安い大学

リンクをクリックすると、大学の資料・願書請求ページに飛びます。
今回紹介しているのは入学金がプラスされた「初年度の学費」ですので、2年次以降の学費はマイナス2~30万円ほどとなります。

◆初年度納入金が80万円以下

・駒澤大学(夜間)…79万円
・専修大学(夜間)…75万円
・東洋大学(夜間)…71万円
・日本大学(夜間)…66万円
・福岡大学(夜間)…47万円

◆初年度納入金80~90万円
・東京電機大学(夜間)…88万円
・東京理科大学(夜間)…89万円

◆初年度納入金90~100万円
近畿大学…91万円

◆初年度納入金100~110万円
名城大学…104万円
福岡大学…105万円
京都産業大学…109万円
龍谷大学…108万円

◆初年度納入金110~120万円
亜細亜大学…119万円
武蔵野大学…112万円
同志社大学…119万円
立命館大学…112万円
関西大学…113万円
関西学院大学…118万円
駒澤大学…115万円
創価大学…119万円
帝京大学…119万円
東洋大学…119万円
早稲田大学…117万円

やはり、初年度の学費が80万円以下となるとほとんど夜間コースとなってしまいます。
早稲田大学の学費は意外と良心的ですね。

特待生制度が充実している大学

・神奈川大学
神奈川大学では、4年間の学費+生活援助金の最大800万円を給付する給費生制度を設けています。
そして、この給費生の発表はセンター試験前に行われるので、これに選ばれた学生は安心して神奈川大学に学費を払うことなく入学することができます。

しかし、この神奈川大学の給費生に選ばれる為にはMARCHや早慶に楽々合格できる学力が必要なようです。

なお、神奈川大学の給費生試験は12月下旬に行われます。
給費生制度などの情報が載っている神奈川大学のパンフレットはマイナビ進学で無料ゲットできます
(送料も無料です。)

是非、マイナビ進学の公式ホームページで神奈川大学のパンフレットを無料請求してみてください。

・和光大学
和光大学は神奈川大学のように全額免除とまではいきませんが、試験科目2科目で8割以上の特典を獲得すると、初年度学費である95万円が免除されます。

8割以上ときくと相当難易度が高いような感じがしてしまいますが、和光大学の入試問題は簡単なので、是非見てみて下さいね。
和光大学の過去問をマイナビ進学で無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしたでしょうか。
今回は、学費の安い私立大学をまとめてみました。

ですが、夜間の学部を除くと、どの大学も割と似たりよったりです。
その為、学費を安く抑えたい方には、神奈川大学のように特待生制度が充実した大学をお勧めします。是非、マイナビ進学で神奈川大学のパンフレットを無料ゲットしてみて下さい。

▪️関連記事
専修大学の学費は安いという噂の真偽について

コメントをかく

*