國學院大学の指定校推薦について【面接内容や志望理由書の例文】


こんにちは!
今回は、國學院大学の指定校推薦の情報をまとめてみました。

ただ、國學院大学の公式ホームページで指定校推薦について調べてみたところ、詳細な情報は公開されておらず、詳しくは高校に送付した指定校推薦に関する要項を参考にして下さいとのことでした。

そのため、今回提供する情報はネット上のものを拾い集めたものだという事は十分念頭に置いて下さいね。(とはいえこちら側で情報を精査しましたので、そこまで本来の情報と大きく外れるという事は無いかと思います。)

この記事でも十分な情報は提供していますが國學院大学の指定校推薦の受験を検討している方は、國學院大学のパンフレットで入試要項やスケジュールを必ず確認しておいて下さい。

國學院大学のパンフレットを無料請求

それでは、國學院大学の指定校推薦の情報について詳しくみていきたいと思います!

参考元: 國學院大学の指定校推薦(大学公式サイト)

國學院大学の指定校推薦の日程について

國學院大学に限らず、指定校推薦は
高校に願書提出→校内選抜→大学に願書提出→大学で面接

という流れで進んでいきます。

國學院大学側で指定校推薦に関する日程は公開されていないので詳しくはあなたの通っている高校の先生に訪ねて欲しいのですが、どこの大学も指定校推薦に関する日程は似たようなものです。

大抵、夏休み明けの9月上旬に高校側に校内選抜の書類を提出します。
そして、校内選抜者が決定されるのが9月下旬あたり。

10~11月頃に大学側で面接を行います。

國學院大学も同じような流れで指定校推薦が進んでいくことが予想できます。

國學院大学の指定校推薦に出願するための平均評定や条件

先ほども軽く触れた通り、國學院大学の指定校推薦に関する要項はネット上で公開されていません。
ですが、指定校推薦に必要な平均評定はおおよそですが推測することができます。

國學院大学の公募推薦の条件と比較すれば良いのです。

指定校推薦は特定の高校の生徒しか出願することが出来ませんが、公募推薦はどんな学校の生徒でも出願することが出来ます。

そのため、出願するための条件のきつさは、公募推薦>指定校推薦になります。

つまり、公募推薦に出願するための平均評定を持っていれば大抵指定校推薦にも出願する事が出来ます。

今、國學院大学の公募推薦の出願要件を見てみたところ、出願要件に高等学校第3学年1学期(または前期)までの全体の評定平均値が3.8以上とありました。

そのため、平均評定が3.8を超えていれば指定校推薦にも出願する事が出来ると考えて良いでしょう。

國學院大学の指定校推薦で提出する志望理由書について

國學院大学に限った話ではないですが、指定校推薦の願書を提出する際には400~800文字の志望理由書を提出します。

まずは、先輩が國學院大学の指定校推薦の受験の際に提出した志望理由書を見てみましょう。

國學院大学の志望理由書(文学部哲学科)
私が貴学を志望する理由は、高校のときの塾の先生に倫理の話を伺い、倫理に関して興味を持ったからです。高校の授業では倫理の授業がなく、塾の先生に渡された教科書を自分で読んでいるうちに、倫理の面白さに惹かれました。特に、欲求の話やイドラの話は興味深く、とても熱中して読んでいました。そして、大学では哲学や思想、倫理を深く学習したいと思い、貴学の哲学科を志望しました。インド、中国、日本の思想をも視野に収め、さらに美と芸術の理論的考察をも包括する「愛知の営み」によりより深くフィロソフィアについて学習することができると考えました。また2・3年次からコースに分かれて勉強するということで、ゼミや少人数の授業を利用して哲学を深く学び知識をつけていきたいと思っています。将来は、哲学に関係する仕事に就きたいので、貴学で学んだことを生かしたいと考えています。

この先輩の志望理由書のように、志望理由書を書く際には必ずその大学の受験学部ではないとできないことを盛り込む必要があります。

留学制度が整っており〜といったどの大学のどの学部でもできるようなことは書かない方が良いです。

この先輩が書いたように、國學院大学に進学したい理由を、國學院大学ではないといけない理由を述べる必要があります。

そして、そのためには國學院大学が具体的に何を行なっているのか、どのようなカリキュラム構成になっているのかを詳しく知る必要がありますよね。

ですが安心してください。國學院大学のカリキュラムや特徴は、全て大学パンフレットにまとまっています。

國學院大学のパンフレットはマイナビ進学で無料請求できるので、國學院大学の指定校推薦を受験する方は必ず取り寄せておいて下さい。

そしてこのパンフレットは、指定校推薦の面接時にも必ず役に立ちます。

國學院大学のパンフレットを無料請求

國學院大学の指定校推薦の面接で聞かれる内容

Q
國學院大学の文学部外国語文化学科を指定校で入学した人や指定校で國學院大学に入学した人にお聞きします。

面接ではどのようなことを聞かれましたか?具体的に教えてください!

 

A
毎年内容は違います。さらに面接官によっても違います。何を聞かれてもいいように万全の準備をしとかなければなりません。一般入試の勉強地獄に比べれば屁みたいなものと考えれば辛くないです。過去の傾向に頼りすぎて大火傷を負った人が今日の知恵袋にも何人かいます。チャッカリしたつもりが大失敗してしまったということです。

面接で気をつけることでよく言われているのは、ふたつのことを同時にやってはいけないというのがあります。お辞儀をしながら何かを話す、よろしくお願いしますと言いながら椅子にさわるなどです。確かにひとつひとつやるとグッと上品になります。面接官を待たせてはいけない、と気を使うとかえって良くないということです。
知っておくと役に立つかもしれません。

また長所を言うときはみんな大丈夫で、引っ掛かる人はほとんど短所で減点になります。いけないのは短所が短所ではなく、遠回しの長所になってしまうことです。声が小さい→慎重、真面目、優しいなど入試では本能的に自分の短所を都合よくすり替えてしまいがちです。ですから短所をなぜ短所と思うか、どんな失敗をしたか、そこから何を学んでどう生かすかなど言えたり書けたりすると良いです。

 

引用元:國學院大学の指定校推薦の面接について

國學院大学の指定校推薦の面接に上手く答えるには、なぜ他の大学ではなく「國學院大学」を志望しているのかということを自分の言葉で説明できるようにしておくことが大切です。

そしてそのためには、國學院大学について事前にきちんとリサーチをしておく必要があります。

ただ、ネット上で分かる情報はありふれていますし信憑性も薄いので、指定校推薦の受験前に必ず國學院大学のパンフレットを取り寄せておきましょう。

マイナビ進学ならば、送料も込みで完全無料で國學院大学のパンフレットを取り寄せる事ができますよ。

國學院大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
指定校推薦を受験する際には、必ず志望理由書というものを提出する必要があります。

そして、この志望理由書にはなぜ他大学ではなく國學院大学に出願したいのかという内容を盛り込む必要があります。

そのためには、國學院大学の特徴は何なのか、カリキュラムはどうなっているのかを事前にしっかりと知っておく必要がありますよね。

そして、そのような内容は全て國學院大学のパンフレットにしっかりとまとまっています。
國學院大学のパンフレットはマイナビ進学で無料請求できるので、ぜひ取り寄せてみて下さいね。

この大学パンフレットは指定校推薦の面接時に必ず役に立つので、ぜひご活用下さい。

國學院大学のパンフレットを無料請求

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)