指定校推薦の面接で聞かれることまとめ【99%合格するから安心して下さい】


こんにちは!
今回は指定校推薦の面接で聞かれる質問内容をまとめてみました。

面接中、全部でだいたい5つくらい質問されるので、これらの質問に対しては全て答えを作っておきましょう。

なお、受験大学の特徴について事前に詳しく知っておくと指定校推薦の面接に上手く答えることができます。
その大学の特徴は大学のパンフレットにまとまっており、大学パンフレットはマイナビ進学で無料請求できます。

大学パンフレットを無料請求

指定校推薦の面接に関する前提

質問項目をお伝えする前に、まず皆さまに知っておいて貰いたいことがあります。
それは、指定校推薦は試験科目に学科試験がない限り99%合格が決まっているということです。

指定校推薦とは、定員を確実に確保したい大学が行なっているものなので、ほぼ落ちません。高校との信頼関係もありますし。

校内選抜を勝ち抜き、指定校推薦の面接という舞台に立っている時点であなたの勝ちはほぼ決まっています。

そのため、指定校推薦の面接ではいじわるな質問はされません。
学生の素を引き出したり、リラックスさせるような質問項目が多いです。

試験官に悪態をついたり、椅子を蹴り飛ばしたりしない限りほぼ合格するので、リラックスして面接の準備を行なって下さいね。

指定校推薦の面接で聞かれること一覧

その1 大学の志望理由

「この大学を志望した理由は何?」
「この学部を志望した理由は何ですか?」

このような質問は、面接時必ずされると思って良いでしょう。

指定校推薦に出願する際「志望理由書」を提出しましたよね。400字とか800字くらいの。それに沿って志望理由を述べればOKです。

とはいえ、将来公認会計士になりたいので経営学部を志望しました!だけだと、だったら別の大学の経営学部でもいいじゃん、となってしまいます。

そのため、志望理由を述べるときはその大学独自の取り組みを必ず述べましょう。
例えば、公認会計士の育成講座が充実していたからです。といったように。

大学側のホームページを見れば、そのような情報は出てきます。
ですが、これらのネット上の情報は指定校推薦の受験生ならば誰でも閲覧しており、差別化が難しいです。

より確実に合格したい方は、マイナビ進学を使ってその大学のパンフレットを取り寄せると良いでしょう。大学によっては、送料も含め完全無料でパンフレットを届けてくれるので、ぜひマイナビ進学で志望校を検索してみて下さいね。

大学パンフレットを無料請求

その2 部活のことについて

「部活はどんなことをやっていたのか」
「部活での立ち位置、役割はどのようなものだったのか」

これもよく聞かれる質問ですね。

素直に、自分のこれまでやってきたことを答えましょう。

ずっと2軍だったのにも関わらず「キャプテンとしてチームを引っ張ってきました!」と話を盛るのはよくないです。高校側に問い合わせれば嘘はすぐ分かります。

まあ、嘘がバレたところで不合格になることは無いと思いますが、精神衛生上よろしく無いので避けた方が良いでしょう。

別に、大学側も華々しい経歴を求めている訳ではありません。雑談の一貫というか、素のあなたを見たいだけです。

「2軍のチームリーダーとして、部活全体の士気の向上に勤めました」
「経験者が多い中、愚直に練習を続け引退試合にはレギュラーとして選抜されました」

華々しい経歴である必要は全く無いので、これまでやってきた事を素直に答えましょう。

その3 高校時代に勉強したことで印象に残ったものは

指定校推薦を受験した塾の生徒に話を聞いてみると、この質問もたまになされます。

まあ、ここは自分の専門としたい教科を答えるのが無難でしょうか。
例えば、数学科の指定校推薦を受験しているのであれば「数学3 」が印象深かったです。といったように。

ただ、経済学部や経営学部のように、高校の時から繋がる教科が無いよという場合は、素直に自分の興味を持った科目を答えればOKです。

その4 大学で一番学びたいことは何か

これも指定校推薦に出願する際に提出した「志望理由書」に沿って答えればOKです。

ただ、
・大学では〇〇の研究をしたいです!
→うちでは〇〇の研究はやってないんだけど大丈夫?

・△△先生の元で学びたいです!
→△△先生は今年で退官だよ。
といった事故もときたま起こります。

そのような事故を起こさないためにもマイナビ進学でパンフレットを取り寄せて事前に大学をきちんとリサーチしておきましょう。

まあ、仮に本番でこのような事故が起こっても、他の分野の勉強も頑張りたいです!と言えば普通に大丈夫だとは思いますが。

大学パンフレットを無料請求

その5 最後に何か質問はありますか?

これは面接の締めにされる質問ですね。ありませんと答えても問題はないかと思いますが、何か質問をした方が向こう側の心象は良いでしょうね。

大学のパンフレットやホームページを見ながら、自分なりの疑問点を2~3コ事前にピックアップしておくと良いでしょう。

指定校推薦での面接時間はどれくらい?

集団面接か個人面接かにもよるのですが、個人面接の場合、指定校推薦の面接時間はだいたい5~10分ほどです。その時間内に3~5コの質問を答えていきます。

集団面接の場合は、もう少し時間が長いですが、自分が質問に答える時間だけみると個人面接よりも楽だと思います。

集団面接の場合は、他の人が質問に答えている時も、態度を崩さずしっかり聞いておくことが大切です。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
指定校推薦は99%合格が確定している、いわば内定のようなものなのですが一応面接で聞かれる質問項目をまとめておきました。

それでも不安な方、本当に確実に合格したい方はマイナビ進学で志望校のパンフレットを取り寄せ、大学について詳しくリサーチしておくと良いでしょう。

関連記事
指定校推薦に合格した後のおすすめの過ごし方  ←必ず合格してから見て下さい!!

大学パンフレットを無料請求

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    凄い参考になりました!!
    指定校でも落とされるからねと脅されてたんですが少し元気になりました(><)
    あと何日かで受験なのですが頑張ってきます!!

    • By 椎名

      コメントありがとうございます!
      指定校推薦は99%合格するという事実を伝えると生徒は勉強しなくなってしまうので、やはり担任の先生は落ちる可能性もあると脅してきますよね…
      面接頑張って下さい!応援しています!

コメントをかく

*