【跡見学園女子大学】マネジメント学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は跡見学園女子大学「マネジメント学部」の評判について、在校生の方にインタビューをしてきました。

跡見学園女子大学「マネジメント学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は跡見学園女子大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、跡見学園女子大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも跡見学園女子大学「マネジメント学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

跡見学園女子大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく跡見学園女子大学「マネジメント学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は跡見学園女子大学「マネジメント学部」マネジメント学科の在校生です。

関連記事
跡見学園女子大学の全体的な評判

跡見学園女子大学「マネジメント学部」の評判まとめ

跡見学園女子大学「マネジメント学部」の偏差値と入試難易度

◇マネジメント学部
マネジメント学科…偏差値40
生活環境マネジメント学科…偏差値37.5

獨協大学の経済学部経済学科や経営学科は跡見学園女子大学マネジメント学部マネジメント学科の少し上くらいで、大学の友達は同じ埼玉県内ということもあり、受けていた子は多かったみたいです。

私は指定校推薦でここを選びましたが、同じ指定校推薦の基準としては千葉県の淑徳大学、東京都の拓殖大学、産業能率大学などがありました。センター試験で日東駒専レベルを受けていた子達も割と跡見学園女子大学マネジメント学部マネジメント学科の中にはいるみたいです。

跡見学園女子大学「マネジメント学部」の志望理由

私が跡見学園女子大学マネジメント学部マネジメント学科を志望した理由は、アートマネジメントについて学べる環境があったからです。私は元々音楽の専門学校に行きたかったのですが、親に大反対され、なくなく大学進学を決意しました。出身の高校が商業高校だったということもあり、商学系や経済・経営系なら将来の幅も広がるのではないかと考え、その中でも音楽について学べるという点で跡見学園女子大学マネジメント学部マネジメント学科を志望しました。

跡見学園女子大学の他に産業能率大学も視野に入れていましたが、部活動を高校3年生の12月までやっていたということもあり、指定校推薦がない産業能率大学は諦めました。現在は音楽系のゼミに属しており、自分の学びたいことは学べているのでとてもいい環境だと思います。

跡見学園女子大学「マネジメント学部」に入学してから感じたギャップ

私が跡見学園女子大学マネジメント学部マネジメント学科に入学してから感じたギャップは、憧れていた(イメージしていた)大学生活とはかけ離れていたことです。

跡見学園女子大学には4号館まで建物がありますが、オープンキャンパスの時は比較的綺麗な3.4号館しか入れてもらえなかったのですが、入学してから実際に授業を受けるのは建物が古い1号館が中心で、全ての教室が綺麗な建物なのだろうと予想していたこともあり、入学してからはガッカリしました。

跡見学園女子大学「マネジメント学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

バイト先などの学生、若い人に跡見学園女子大学マネジメント学部マネジメント学科の学生です、と自己紹介をするとだいたいはどこの大学?マネジメント学部って経営学部みたいな感じ?と質問をされることが多いです。

キャンパスが埼玉ということもあり、私が住んでいた地元の千葉県では全く聞いたことがないという人が多いです。しかし、祖母などの年代に聞くとやはり古くからある学校のため「ごきげんようの発祥地だよね」とか「伝統校だよね」と言われることが多いです。

内部生からみた評判

マネジメント学部マネジメント学科は、他の学部に比べて比較的偏差値的な意味合いでは上の方なのではないかと感じます。マネジメント学部に属している学生は大人しめの人が多いです。観光の学生たちは俗に言うパリピ系、ギャル系が多く、全学共通科目を受けている時には後ろの方で騒いでいたりととても迷惑です。

マネジメント学部は経済、経営、商学などを幅広く学べるということを売りにしていますが、実際は必修の授業は語学ばかりで自分で授業を選択しない限り、経営や経済の勉強はほとんどすることがありません。マーケティングなどを学んでも触り程度なので、詳しいことは勉強出来ずにいます。

跡見学園女子大学「マネジメント学部」のそれぞれの学科で勉強すること

跡見学園女子大学マネジメント学部には、マネジメント学科と生活環境マネジメント学科があります。

マネジメント学科は主に経営学、経済学、行政学等さまざまな社会科学を基盤に、社会を取り巻くあらゆる問題の解決策やその方向性をマネジメント視点で分析できる力を身につけるということを売りにしています。ゼミは1年生から全員所属することはとてもいい点です。また、2年生からは必修でインターンシップがあることもマネジメント学科ならではのいい点だと思います。

生活環境マネジメント学科は、ファッションや食生活、インテリアなど身近な暮らしへの関心から出発し、女性の視点で環境や社会と共生するビジネスを学べる学科です。生活環境に関する専門科目と具体的な事例研究や演習を通じて、衣・食・住から金融・サービスまで幅広い企業で活躍できる専門知識と実践力を身につけることを売りにしています。

跡見学園女子大学「マネジメント学部」のリアルな就職先について

跡見学園女子大学マネジメント学部マネジメント学科は、主に金融のお仕事や商社・流通に就職する人が半数います。エアラインや化粧品会社など、女子大ならではのところに就職する人もいます。前にも述べたように、跡見学園女子大学マネジメント学部マネジメント学科では2年次よりインターンシップが必修であるため、進路のことは他の大学よりも時期を早く考えさせられます。

毎月講師の方を呼んでキャリアについての講演をすることもあります。私は現在2年生で、高校の頃は音楽の仕事に就きたい!というアバウトな目標を持っていましたが、先日のインターンシップでそのような仕事とはまったく関係の無いところにインターンシップに行き、このような業種の仕事もあるのだと、考えさせられることが多かったです。自分の興味のあることだけではなく、就職活動のために様々な情報を早い段階で教えていただくこともあり、就職率は98.8%と高い値が出ています。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、跡見学園女子大学「マネジメント学部」の在校生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

跡見学園女子大学「マネジメント学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で跡見学園女子大学のパンフレットを請求してみて下さい。

跡見学園女子大学のパンフレットを請求

関連記事
跡見学園女子大学の全体的な評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)