青山学院大学の評判と偏差値【都会での遊びを知り、新しい人生経験を】


こんにちは!
今回は青山学院大学の評判について、在学生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、青山学院大学は表参道という好立地にキャンパスを構えているので、都心で華やかな学生生活を送りたい人には最適な大学です。

また、青山学院大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで青山学院大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば青山学院大学のパンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく青山学院大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は青山学院大学経営学部の2020年卒業予定者です。

青山学院大学の評判まとめ

青山学院大学の偏差値

◇文学部
英米文学科…偏差値60
フランス文学科…偏差値62.5
日本文学科…偏差値60
史学科…偏差値62.5
比較芸術学科…偏差値60

◇教育人間科学部
教育学科…偏差値60
心理学科…偏差値62.5

◇経済学部
経済学科…偏差値62.5
現代経済デザイン学科…偏差値62.5

◇法学部
法学科…偏差値62.5

◇経営学部
経営学科…偏差値65
マーケティング学科…偏差値62.5

◇国際政治経済学部
国際政治学科…偏差値62.5
国際コミュニケーション学科…偏差値65

◇総合文化政策学部
総合文化政策学科…偏差値60

◇理工学部
物理・数理学科…偏差値55
化学・生命科学科…偏差値55
電気電子工学科…偏差値55
機械創造工学科…偏差値57.5
経営システム工学科…偏差値57.5
情報テクノロジー学科…偏差値57.5

◇社会情報学部
社会情報学科…偏差値62.5
社会情報学科…偏差値60

◇地球社会共生学部
地球社会共生学科…偏差値60

◇コミュニティ人間科学部
コミュニティ人間科学科…偏差値60

青山学院大学の学生の学力レベル

英語力に長けた生徒が多かったです。

青山学院大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
法政大学<青山学院大学<慶應義塾大学といった印象。

青山学院大学の世間からの評判

青山学院大学に入学が決まった時は地元ではヒーロー扱いされた。これは駅伝やミスミスターコンテストの知名度効果により有名になり、大学に進学するという選択を持たなかった人たちでも知っている名前のため、そのレベル以上に優秀な大学だと思われているのである。

また、ミスコンテストの評判が良すぎることから、可愛い生徒が多いと思われるため、合コンのセッティングや友人の紹介などを頼まれることもよくあった。

しかし一方で、1世代上の大学をあまり知らないバイト先の社員は、同じジーマーチである明治大学や法政大学よりも青山学院大学を下に見ていて馬鹿にされた。

それはおそらくかつての六大学というくくりに青山学院大学は入っていないからだと思った。なので、就職に関しての青山学院大学の評判は人事課の世代によって変動するのではないかと思った。これから駅伝でさらに名を挙げることによってレベルが上がることに期待しようと思った。中堅校レベルである。

青山学院大学の学生の様子

バイトに力を入れている生徒が多い。サークル活動に全力で取り組む生徒が多い。喫煙所に溜まる生徒の数が非常に多い。渋谷のセンター街が徒歩圏内であるため、お酒を飲むのが好きな生徒が多い。

そして、立地上お洒落な服や装飾品を持ち、お洒落なランチに行く生徒が多い。特に女子生徒はお洒落ランチに行った事がない人はいないレベルである。

また、必修の英語の授業などは課題が必須なため事前学習に取り組んで真剣に受けている人が多かった。単位が楽に取れる授業は話している人や携帯をいじっている人、寝ている人などもいる。

出席が必要な授業に友達に代理出席を頼むこともあった。また、出席が必要のない授業に出る人は少なかった。真面目に受講している人も1/4ほどはいる。

青山学院大学の就職先について

経営学部の学生は必修講義で簿記を学んでそのまま銀行に内定をもらう人が多く、銀行の就職率が高かった。ゼミナールによってはコネクションが存在するため、他の学部の生徒よりも難なく内定をもらうことも可能になりうる。

東京の企業に就職する生徒が多いが、地方の中小企業で就職すると、少しだけ青山学院大学に通っていた事がステータスになるという話も耳にした。しかし、経営学部の就職率は他の学部よりやや低めの傾向にある。

海外留学に行く生徒も多いため、外資系に就職する生徒も稀にだが存在する。先輩に大手KEYENCEに就職した人もいて、大手企業へのコネクションも存在するという事がわかった。しかし、枠はそんなに多くないと感じる。

青山学院大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①サークルや学生団体の数や種類が豊富で、コミュニティが広がり友達が増えた。また、その友達の多くは何かしらの能力に長けている人が多く、将来まで繋がっていたいと思える人が多い。

②留学生とのコミュニテケーションが取れる。

③渋谷、表参道という好立地のお陰で遊ぶ場所や買い物、食事をする場所が豊富にあり、放課後の生活も楽しむ事ができ、充実していた。

悪かったところ

①仲間内が強いため、インカレサークル等は少なく、他大学までコミュニティが広がらなかった。

②専門分野だけでなく共通の基本科目の履修が多くて学びたいものだけを学ぶ事ができなかった。

③立地が良いために、遊びに羽目を外してしまい学生としての本業に集中しきれなかった。

青山学院大学に通ってみていかがでしたか?

現在も通っていますが、青山学院大学に通っていて私は良かったと思っています。

理由は、やはりコミュニティが広がったという点です。様々な経験を経て入学してきた生徒が多く、海外留学者や浪人の生徒から体験談を聴くと、勉強になることが多いです。

また、将来頼れそうな友人や気の許せる友人ができる程サークルの愛が強いため、本当に進学して良かったと思う事ができた。これから就職が控えている自分にとっても心強い設備や先輩、教授の支えがあるため、自信を持って取り組む事ができると思います。

また、地方から上京してきたので表参道という好立地にキャンパスを構え、都会の遊びを知る事ができたので本当に新しく人生経験ができたことも良かったと思います。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
青山学院大学の評判はまだまだ発展途上ですが、マーチという高学歴のくくりに入っているので就職活動上特別不利になることはなさそうです。

都心での華やかなキャンパスライフを期待する方には、青山学院大学は最適な環境だと思います。

また、青山学院大学のサークル情報や授業カリキュラムなどといった詳しい事を知りたい方は、青山学院大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に青山学院大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で青山学院大学のパンフレットを取り寄せる

コメントをかく

*