【早稲田大学】人間科学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は早稲田大学「人間科学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

早稲田大学「人間科学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は早稲田大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、早稲田大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも早稲田大学「人間科学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

早稲田大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく早稲田大学「人間科学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は早稲田大学「人間科学部」健康福祉科学科の卒業生です。

関連記事
早稲田大学の全体的な評判

早稲田大学「人間科学部」の評判まとめ

早稲田大学「人間科学部」の偏差値と入試難易度

◇人間科学部
人間環境科学科…偏差値65
健康福祉科学科…偏差値65
人間情報科学科 …偏差値65

明治大学に落ちてしまいましたがこちらは受かりました。その他、法政大学には合格しています。

しかし日本大学や専修大学に落ちていますので、意外と日東駒専でも難しい学部だとこちらのほうが簡単ということもあり得ます。早稲田大学の中ではかなり入りやすい学部なので、他の学部の滑り止めという人も多かったです。

また、慶應義塾大学の滑り止めで受けていた人もいました。慶應はかなりレベルが高いので、早稲田大学の人間科学部くらいを目指している人はまず慶應は受かりません。

早稲田大学「人間科学部」の志望理由

私が早稲田大学人間科学部を志望した理由は、人間科学が勉強したくて、日本全国の中で純粋な人間科学を勉強できる学部として1番レベルの高いところだったからです。

また、私は特定の心理学だけや医療だけを学びたいのではなく、いろいろなことに興味があって絞れていなかったので、幅広く学べる人間科学部がベストだと思っていました。また、人間科学部は文理融合学部で、文系の内容の授業も、理系の内容の授業も受けられるので、視野が狭くならず、さまざまな視点から物事を見られるようになると思い志望しました。

また、医学部に昔から憧れがあり、医学に興味がありましたが、理系教科が苦手だったため進学は無理だと思っていたので、人間科学部なら医者の教授がいて医学の授業もあったので志望しました。

早稲田大学「人間科学部」に入学してから感じたギャップ

私が早稲田大学人間科学部に入学してから感じたギャップは、人間科学を学びたい精鋭たちが全国から集まっていると思っていたけれど、実際はそうでもなかったことです。

人間科学をやりたくて入ってきている人は私の知る限り1人しかおらず、他はとにかく早稲田のどの学部でもいいので入りたかったとか、早慶のブランドが欲しくてという動機がほとんどでがっかりしてしまいました。そのため、単位もとれればいいやといったかんじで、授業も真面目に受けていない人が多かったです。

早稲田大学「人間科学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

早稲田大学人間科学部ですと紹介した場合には、早稲田ということですごいなと思われます。ものすごく頭がいいと思われますが、実際は日東駒専も落ちているのでそうでもないです。なので、期待されすぎてしまうのがネックになります。

また、学部を言うと、だいたいが、何をしてるの?と不思議がられますし、説明は結構面倒です。また、キャンパスが早稲田にないことを揶揄されたりもします。ただ、変わっているので話のネタにはなります。

内部生からみた評判

早稲田大学の中では、人間科学部はかなりレベルが落ちるため、少し馬鹿にされているところがあります。また、何を勉強しているかわからないふわふわしたイメージを持たれます。また、キャンパスが田舎にあり、早稲田にはないので、そのことでいじられることもありますが、ネタにはなります。

その他、人間科学部には羽生結弦選手など有名人も在籍しているので、その点は羨ましがられますし、卒業生にはKAT-TUNの中丸くんがいたりします。それで有名になったかなとは思います。とにかく早稲田の中ではかなり異色の存在といって良いでしょう。

早稲田大学「人間科学部」のそれぞれの学科で勉強すること

早稲田大学人間科学部には、健康福祉科学科、人間情報科学科、人間環境科学科がありますが、これらはほぼ垣根なくクラスも組まれますし、お互いの授業を自由にとれたり、ゼミも優先はあるにしろどの学科のゼミでも入れるので、あまりヒエラルキーなどはありません。

強いていうなら、人間情報科学科は少し理系寄りなので、人間情報科学科でかつ人間情報科学科の授業をとっていたりゼミに入っている人は理系なんだなあ、数学などができるんだなあと少しすごいなといった印象は持っていました。

また、健康福祉科学科では心理学や福祉をやったり、医療をやったりしたい人が多いイメージなので、優しい人が多いようなイメージはわずかにですがありました。

早稲田大学「人間科学部」のリアルな就職先について

早稲田大学人間科学部からは、優秀層も普通の層も、大学院などに進学する他はかなり名の知れた企業に就職できます。たとえばみずほ銀行や、三菱商事など、銀行系や商社が多いです。メーカーも多く、三菱電機やコクヨなど超一流企業にも多く就職しています。また、教員免許をとって特別支援学校などに行く人も一部ですがいます。

また、社会福祉士などの国家資格をとって、福祉施設などに就職する人もいます。ベンチャー企業なとに就職したり、起業する人もいます。

また、残念な層では、聞いたことのない企業に就職するならまだいいですが、就職できずにフリーターになったり、また、先述のとおり超一流企業に就職する人が多いために自分の就職できないことに悩み、鬱になったり、ひきこもってしまったり、無職という例も実際ありました。その他は進路変更で別の学校に行く人などもいます。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、早稲田大学「人間科学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

早稲田大学「人間科学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で早稲田大学のパンフレットを請求してみて下さい。

早稲田大学のパンフレットを請求

関連記事
早稲田大学の全体的な評判

コメントをかく

*