【文教大学】国際学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は文教大学「国際学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

文教大学「国際学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は文教大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、文教大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも文教大学「国際学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

文教大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく文教大学「国際学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は文教大学「国際学部」国際観光学科の卒業生です。

文教大学「国際学部」の評判まとめ

文教大学「国際学部」の偏差値と入試難易度

◇国際学部
国際理解学科…偏差値42.5
国際観光学科…偏差値42.5

文教大学国際学部の難易度は、拓殖大学国際学部と同等、神田外国語大学外国語学部より少し下くらいです。

同じ学部に入った人は高校の推薦枠にあったようで、試験に受けず合格したということです。または神奈川にある大学なのですが、学生の多くは地元の人が多かったです。

私は一般入試で拓殖大学と神田外国語大学を受験しました。拓殖大学が合格したのですが、神田外国語大学は落ちてしまったのでレベル的には文教大学国際学部はその中間のレベルかと思います。

文教大学「国際学部」の志望理由

わたしが文教大学国際学部を志望した理由は、観光に関連した仕事がしたいと思ったからです。地元は観光地であるものの、東北の田舎にあるせいで少子化・観光地としての賑わいに欠けるところがありました。また地元では都会より仕事が少なく、新たな働き場所として観光が有効になるのではと考えていました。

ただ、自分自身海外に興味があり、同時に英語等を学びたいと思っていました。どちらも学べる大学を探していたところ、国際学部には国際観光学科があり、国内外の観光事情を学べる、英語も勉強できるとことが魅力に感じました。また学校自体観光地が多い神奈川にあるのも魅力の一つです。

 

指定校推薦や公募推薦の志望理由書を書いている方は、ぜひマイナビ進学で文教大学のパンフレットを取り寄せてみて下さい。大学パンフレットを見れば文教大学「国際学部」のカリキュラムや特徴について詳細に知ることができますので、志望理由書を他の受験生と差別化することができます。

文教大学のパンフレットを請求

文教大学「国際学部」に入学してから感じたギャップ

わたしが文教大学国際学部に入学して感じたギャップは、英語の勉強があまり充実していなかったところと、観光に関しての資格取得ができなかったことです。

英語の授業はありますが、学生自体の学びの意欲が低く、質の高い学びではないと感じました。正直高校の英語授業と大差がない印象です。

また観光に関しては、座学メインで現在の観光事情を見るという印象が多く、知識にはなりましたが実践がなくゼミに入らない限りは専門性のある学びはできない印象です。

文教大学「国際学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

学校自体メジャーではないので、名前を言っても特に反応はありません。ただ国際学部というと英語が話せるという印象をもたれます。神奈川県内では付近に有名大学が多いため、あまり名前を言いたくない・言ってもよい反応ではないことが多かったです。

ネーミング力ではどうしても劣ってしまいますが、ゼミで学んだことや学部の紹介をすると若干興味を持ってもらえる程度かと思います。埼玉県にある学部は知名度があるのでそちらで捉える人もいるようです。

内部生からみた評判

文教大学国際学部国際観光学科は、立ち位置というものは特にありませんが、学内からすると女性比率が高く華やかな印象がある学部です。

他の学部と比べると、学生の傾向としては明るい人が多い印象です。理由としては、座学だけでなくグループで行う授業も多いので、コミュニケーションが必ず必要となります。同年代・先輩後輩関わらず話す機会が多いので、知り合いも増えやすい学部です。

また男女比も女性が9割のため集まると華やかな雰囲気になります。もちろん女性男性と関係なく明るい人が多い印象でした。

文教大学「国際学部」のそれぞれの学科で勉強すること

国際理解学科は国際事情を主に勉強します。教員免許を取得できる学部でもあるので、学内では一番真面目な人が多い学科かと思われます。国際観光学科は国際理解学科にプラスして国内外の観光学を学びます。人数も多いので、学内では華やかな印象を持たれます。

情報学部はIT系の授業がメインで、専門性が一番高い学部です。他学部と関わる機会はありませんが、課題などの難しさは聞きます。

健康栄養学部は専門的学びとなり、人数も少ないため学内ではあまり目立つ印象はありませんでした。

文教大学「国際学部」のリアルな就職先について

国際観光学科の場合、優秀層であれば大手航空会社や観光会社に就職します。ゼミの教授が元々社員だったということで、コネなどではありませんが教授から進められることもあるようです。しかし、実際観光に関した就職先は少ないため、普通層は一般の企業に入社します。特に英語や観光に関連した仕事ではありません。接客業など業種は様々です。また学校に地元から募集がかかるので、そこで就職する人もいるようです。

また就職するのではなく、1年間ワーホリに行ったり旅をしたり、または民宿でバイトしたり正社員に囚われず自分のやりたいことをやるという人が多かったです。

国際関連・観光関連は仕事が少ないので、自分で色々な道を見つけて関連する仕事に挑戦しています。
ですので、観光関連の仕事がしたいと思って入学する人にとっては正直厳しい学部かと思います。

文教大学「国際学部」の具体的な就職先については、ぜひ大学パンフレットでご確認下さい。大学が開示している情報と卒業生からのリアルな口コミを比べてみることも大切です。

文教大学のパンフレットを請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、文教大学「国際学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

文教大学「国際学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で文教大学のパンフレットを請求してみて下さい。

文教大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*