【福山大学】人間文化学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は福山大学「人間文化学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

福山大学「人間文化学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は福山大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、福山大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも福山大学「人間文化学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

福山大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく福山大学「人間文化学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は福山大学「人間文化学部」人間文化学科の卒業生です。

福山大学「人間文化学部」の評判まとめ

福山大学「人間文化学部」の偏差値と入試難易度

◇人間文化学部
心理学科…偏差値35
人間文化学科…偏差値35
メディア・映像学科…偏差値35

福山大学人間文化学部人間文化学科の難易度は松山大学人文学部社会学科より下、広島文化学園大学学芸学部子ども学科より少し上です。

私は当初、松山大学人文学部社会学科を志望していたのですが、センター試験の成績が足りませんでした。あと一押しで受かるが、どうするかと担任教諭には言われましたが、私から見ると無理があるように思えたので、第一志望校を諦めて第二希望の福山大学人間文化学部人間文化学科に進路を定めました。

松山大学が受からなかった成績でしたが、福山大学では基準値を大きく超えていました。一般入試にも挑戦しましたが、拍子抜けするくらい簡単だったのを覚えています。

福山大学「人間文化学部」の志望理由

私が福山大学人間文化学部人間文化学科を志望した理由は、文学を研究したかったためです。司書資格が取れる松山大学を当初は志望していましたが成績が足りず、ならば文学を専攻しようと考えたことがきっかけです。

第二に、地元から遠く離れたくなかったことが挙げられます。私は愛媛県の北側の出身で、広島県との行き来が手軽であったため、愛媛県と広島県の大学を中心に探していました。その中で、文学が専攻できる大学は僅かしかなく、その中でも自分にレベルが近い大学として福山大学人間文化学部人間文化学科を志望することに決めました。

福山大学「人間文化学部」に入学してから感じたギャップ

私が福山大学人間文化学部人間文化学科に入学してから感じたギャップは、想像していた以上に緩い校風の大学だったことです。

友人が大学を中退していたため、私はそもそも大学に対して厳しめのイメージを持っていました。しかし、福山大学は中でもことさらに校風が緩い大学であり、教授も温和で人当たりの良い性格の方が多く、生徒とは半ば友人のような関係を築いている教授もいらっしゃいました。

通っていた高校が厳しく規制されるところだったため、大学の緩さはむしろ好ましかったですが、入学当初は驚きました。

福山大学「人間文化学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

入学前に知人から福山大学に関する噂は聞いていました。曰く、入るのは簡単だが、卒業するのは難しい、という評価です。実際に入るのは簡単だったので、それなりの覚悟をしていたのですが、難易度通りに緩い校風でした。

また、「福山大学の卒業生は成績が良くても実践では役に立たない」という評価を友人の知り合いの企業の方が言っていたそうです。福山大学の薬学科は高い水準の卒業率であるため、薬学科は大学外の評価も高いのですが、人間文化学部は知名度が低いようです。

内部生からみた評判

大学内では「人間文化学科には変人が多い」という評判が蔓延していました。人間文化学科はかなり専攻に幅があり、選択肢が広いため、様々な人が所属していたように思えます。中でも、専攻できるテーマの中にサブカルがあるために、アニメやマンガを好む方が多く在籍していました。

全体的に大人しい性格の人が多く、活発にスポーツなどをする人はあまりいませんでした。人間文化学科は他の学科に比べて人数が圧倒的に少ないため、同じ学科内で知らない顔というのはほとんどいませんでした。そのため、仲が悪いという話は聞かず、アットホームのような雰囲気がありました。

福山大学「人間文化学部」のそれぞれの学科で勉強すること

福山大学の人間文化学部には3つの学科があります。

ひとつは人間文化学科です。歴史、言語、文学を中心に学んでいます。しかし、専攻できる内容はサブカルや文化まで可能であり、その幅はとても広く選択できます。

2つ目は心理学科です。心理学科では臨床心理学などを勉強しています。犯罪心理や教育心理学など、各分野に対する心理を広く学べる学科であり、人間文化学部の中では人気の高い学科として知られています。

最後に、メディア・情報学科です。映像メディアなどを専門に勉強しており、実技として映像資料の制作などもこの学科の生徒が行っています。しかし、学長が所属していた学科である心理学科や学部の名を冠する人間文化学科と比べるとヒエラルキーは低いです。

福山大学「人間文化学部」のリアルな就職先について

人間文化学科の学生は教員免許や学芸員資格を取得する人が多いです。経済学部や薬学部と比べてあまり就職向けの専門的勉強には向かない学科ですが、その分、余暇が多く取れるために資格取得には向いています。特に、優秀な層は教員免許や公務員を目指す方は多く、一年生の頃から教職免許や公務員試験を視野に入れた勉強を進め、教職員や、銀行などに就職して公務員になっています。

対して、多くの人は株式会社ユーホーなどのホームセンターやドラッグストアーひまわりなどの販売業を選んでいます。しかし、そういった枠に入れなかった人たちは自衛隊などの受け入れ口が広い体力が必要となる肉体労働系の職に就くことになります。

また、大学の雰囲気に惹かれて就職せずにそのまま大学院へと進んでいる人も多いです。学芸員資格の取得を目指す方も多いですが、学芸員は人数が限られるため、その資格が生かせる進路を進む方は稀です。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、福山大学「人間文化学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

福山大学「人間文化学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で福山大学のパンフレットを請求してみて下さい。

福山大学のパンフレットを請求

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)