【芝浦工業大学】システム理工学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は芝浦工業大学「システム理工学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

芝浦工業大学「システム理工学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は芝浦工業大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、芝浦工業大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも芝浦工業大学「システム理工学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

芝浦工業大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく芝浦工業大学「システム理工学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は芝浦工業大学「システム理工学部」生命科学科生命コースの卒業生です。

関連記事
芝浦工業大学の全体的な評判

芝浦工業大学「システム理工学部」の評判まとめ

芝浦工業大学「システム理工学部」の偏差値と入試難易度

システム理工学部
電子情報システム学科…偏差値55
機械制御システム学科…偏差値52.5
環境システム学科…偏差値52.5
生命-生命科学…偏差値52.5
生命-生命医工学…偏差値52.5
数理科学科…偏差値52.5

芝浦工業大学システム理工学部生命科学科は、明治大学理工学部応用化学科の下、工学院大学先進工学部生命化学科の上くらいです。

難易度は国立の難関大学から落ちて来た人や、ギリギリ届いた人もいるので、ピンキリです。ほとんどは明治大学などのランクが上の大学に行くために蹴った人が多いと思います。実際に友人は蹴って国立に行きました。

センター利用の人はほとんどが国立や難関大学に行ったためか入学者は一般か、推薦、あるいは後期受験の人がほとんどでした。

芝浦工業大学「システム理工学部」の志望理由

私が芝浦工業大学システム理工学部生命科学科を志望した理由は、受験生の時に受験生向けの大学フェアでブースを訪れて、自分は食品や医薬品について勉強したいとお話したところ、生命科学科を勧めていただき、受験を決意しました。

当時の受験生だった私は理系志望で、化学を勉強するのが好きで、食品や医薬品に関する勉強を専門的にやりたい、また大学院進学も視野に入れて大学を選びたいと考えていました。

もちろん、物理も勉強するのが好きでしたが、それ以上に化学の勉強が好きだったので、食品や医薬品などを有機化学の観点からアプローチして勉強したいと考えていました。様々なブースを訪れましたが、芝浦のブースでのやり取りは鮮明に覚えています。

芝浦工業大学「システム理工学部」に入学してから感じたギャップ

私が芝浦工業大学システム理工学部生命科学科に入学してから感じたギャップは、専門科目の違いです。

私は受験生の時に物理化学を選択していましたが、入学後には生物分野の勉強が多く苦労しました。全く勉強していなかった内容なので、初めは頭に入れるのがいっぱいいっぱいになりました。その為、慣れない科目の勉強で初めは成績がとてもいいとは言えないようなものでした。

専門ではない数学や物理化学は生物分野に比べて優しくやりやすかったのですが、ほんのすこししか学ばなかったので全体的にかなり苦労しました。

芝浦工業大学「システム理工学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

芝浦工業大学システム理工学部生命科学科の場合、バイトや就活においては、自分が思った以上に評判は良く、実際に就活でも学歴によって落とされたことはあまりなかったです。内定先の社員さんの印象も良いらしく、入社前からかなり期待されていたみたいです。

また、バイトでもかなり賢いと思われていたらしく、一緒に働いた方々との印象自体は特別悪いということは無かったです。その為、バイト先で学歴コンプレックスになることはほとんど無かったです。

内部生からみた評判

芝浦工業大学システム理工学部生命科学科の場合、食品や医薬品などの業界では、学科としての歴史が浅い為、他の名だたる歴史ある大学には名前負けしてしまいますが、近年では徐々にうちの大学の名前が浸透してきているのか、思ったほど学歴フィルターというものを感じなかったです。

また、専門の業界以外に目を向けると、ウチの大学の他の歴史の長い学部のおかげあってか、かなり印象は良く、大手の企業にも内定を頂いた先輩や同期を何人も見てきました。その為、自分の通う大学は意外と良い印象があり、就活でもあまり苦労しなかったなと思いました。

芝浦工業大学「システム理工学部」のそれぞれの学科で勉強すること

芝浦工業大学システム理工学部の場合、機械制御システム学科、生命科学科、電子情報システム学科、環境システム学科、数理科学科があります。

生命科学科は私達の健康にどのようにアプローチしていくか学びます。内容はほとんどが生物分野の内容です。あとは有機化学、食品の栄養学、微生物などの環境学を学び、生物について体系的に学びます。

機械制御システム学科では、機械の制御システムを学び、自動車などの機械の内部のシステムに関する内容を専門的に学びます。電子情報システム学科では、プログラミングや電子系の実験を行い、最終的にソフトウェアかハードウェアなどを選択し、専門的に学んでいきます。

環境システム学科では、建物に関する話、あとは街というシステムについて学ぶ学科です。最終的に建築系か環境系か別れて専門的に学びます。数理科学科は数学を体系的に学び、最後の卒業研究に向けて専門的に学び深めていくというような学科です。

芝浦工業大学「システム理工学部」のリアルな就職先について

私の大学の学科の就職先はほとんど決まっていて、大部分は食品、化粧品、医薬品、あとは意外とIT系に進む人もいます。成績優秀者とかそういう頭の良さは特に相関はなく、個人の努力次第で就活は決まると思います。

他にもCROやCECなどの医療系、あとは教職履修者が教員免許取得の為に進むというのがあります。ですが、教職志望は毎年一桁、それも5人以下です。

食品は有名な企業に出た人が多いです。例えば、フジパン、山崎製パンなど食品の大手に就職した先輩もかなりいました。それも成績優秀者ではなく、成績が特別優秀だった方というわけではありません。他にも実験の消耗品などを製造するメーカーに行った方も中にはいらっしゃいました。

ほとんどが食品、医薬品、化粧品のメーカー、あとはIT系に進む人がほとんどであるというのが私が見て思った感想です。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、芝浦工業大学「システム理工学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

芝浦工業大学「システム理工学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で芝浦工業大学のパンフレットを請求してみて下さい。

芝浦工業大学のパンフレットを請求

関連記事
芝浦工業大学の全体的な評判

コメントをかく

*