【豊橋創造大学】保健医療学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は豊橋創造大学「保健医療学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

豊橋創造大学「保健医療学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は豊橋創造大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、豊橋創造大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも豊橋創造大学「保健医療学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

豊橋創造大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく豊橋創造大学「保健医療学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は豊橋創造大学「保健医療学部」看護学科の卒業生です。

豊橋創造大学「保健医療学部」の評判まとめ

豊橋創造大学「保健医療学部」の偏差値と入試難易度

保健医療学部
理学療法学科…偏差値42.5
看護学科…偏差値45

看護科が設立されて二期生でした。そのため、実績や具体的な就職先が記載されていなかったため私の受験時は倍率が低かったかと思います。

私は聖隷クリストファー大学を受験して、この大学を滑り止めとして受験しました。結果クリストファー大学は失敗したためこちらに通うことになりました。

私の同期は浜松医科大学の滑り止めとして受験した娘や、地元の看護師を目指している娘が多かったです。
一期生が卒業してから、徐々に難易度は高くなっていると後輩から聞きました。今は難しいのではないでしょうか。

豊橋創造大学「保健医療学部」の志望理由

前から看護師になりたかったので、とにかく自宅の近くで看護科のある大学を希望しました。浜松に看護科のある大学は浜松医科大学か聖隷クリストファー大学しかなく、保健師の資格も取りたかったので、専門学校は選べなかったです。

浜松医科大学は、推薦でほぼ定員は決まってしまうため、内申点がかなり高く小論文もしっかりと書ける方でないと厳しかったです。

聖隷クリストファー大学は、前期で落ちてしまうと後期はディベートがしっかり出来ないと難しかったです。
同期に聞いたのですが、聖隷クリストファー大学より、若干ですが豊橋創造大学の方が授業料が安いと聞きました。

豊橋創造大学「保健医療学部」に入学してから感じたギャップ

大学ってもう少し自由で好きに授業を選択するような、個人で学びたいものが選択できるイメージがあったのですが、看護科は違いました。必修科目がとにかく多くて、一限から五限までほぼ毎日朝から晩まで勉強でした。

実技の授業も多く、宿題も多くて大変でした。教科書も多く、鞄は何個も潰れてしまいました。友達と遊ぶ余裕はなく、授業が終わればみんなで集まっても課題をやるのみ。本気で看護師になりたいと思っている方でなければ続けるのは厳しいと思います。

豊橋創造大学「保健医療学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

看護師として働きだして、後輩を見て思うのですが豊橋創造大学の生徒は患者さんの声を聞こうとする姿勢が良いです。でも、業務が立て込んでしまうと業務が遅くなってイライラされる印象が強いです。

解剖生理学の勉強があまり出来ていない娘が多い。今はどうか知らないけれど、担当の先生が授業に関係ない話をしたりするので自習しない限り頭に入っていないのではないかと思います。

実習には、色々な病院や施設に行かされるので、大学の知名度はなかなかあると思います

内部生からみた評判

先生同士が仲が悪かったり、派閥があったりと空気が悪かった。あと、先生のお気に入りになれないと実習の時のカンファレンスで標的にされたり怖かった。ただ、優しい先生もいて、守ってくれる事もあった。

ゼミでやる企画も大変だったけど、なんだかんだで楽しかった。他の科の人達は、毎日は大学にいないから、大学に主にいる生徒は保健医療学部の生徒ばっかりになっていた。

オープンキャンパスは看護科でサークルに入っている娘は少なくて、あんまり参加している娘はいなかった。でも、有名人とかも来ていて、盛り上がってはいたと思います。

豊橋創造大学「保健医療学部」のそれぞれの学科で勉強すること

短大も同じキャンパスだったので、幼児教育?保育士を目指している生徒もいました。後は情報ビジネス科があったと思います。あとは栄養士の資格の科もあったかと思います。

保健医療学部は看護科と理学療法科がありました。理学療法科の人達は、顔は合わせるけどあまり交流はなかったです。保健医療学部の生徒は授業が多いので、主にいるのはその生徒達ばかりでした。

勉強する内容は、必修科目は主に1,2年で習得し、3年目から4年目前半までは実習。卒論は3年目にやりました。4年目の後半は国家試験対策と就職活動をしていました。授業は少しでも休むと単位が取れないし、必修科目の単位を一つでも落とすと留年なので、みんな必死になってました。

豊橋創造大学「保健医療学部」のリアルな就職先について

同期では、地元の病院で勤める娘が多かったです。大学に三重から来て一人暮らしをしていた娘は、実習先の病院が気に入ってそのまま就職していました。東京の大学病院に就職された先輩もいました。

国家資格さえ取れれば、どこでも働くことが可能になるので、看護師は人手不足なため就職活動には困らなかったです。病院を決めたら、大きな問題がない限りそのまま採用になることが多いですね。

保健師の資格を取得しても、保健師として就職した娘は私の同期ではいなかったです。助産師として就職した娘はいました。就職した病院をやめて、小学校の養護教諭の先生になった娘はいました。その就職の際にも、すぐに採用されて就職活動に困る事は無かったと聞きました。

大学に通う間は大変だけど、働き出してから職に困らないので看護師になって良かったなとは思います。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、豊橋創造大学「保健医療学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

豊橋創造大学「保健医療学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で豊橋創造大学のパンフレットを請求してみて下さい。

豊橋創造大学のパンフレットを請求

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)