明治大学と明治学院大学を比較してみました!


こんにちは!
今回は明治大学と明治学院大学の違いをまとめていきたいと思います!

基本的な世間からの評価は、明治大学の方が明治学院大学よりも上なのですが、学費や立地といったその他の条件も比べてみました(^^)

関連記事
明治大学の評判について
明治学院大学の評判について

明治大学と明治学院大学の比較

偏差値【明治大学の方が明治学院大学よりも圧倒的】

明治大学と明治学院大学の一番難易度が高い学部の偏差値を比較すると、

明治大学…65.0(政治経済|全学部統一)
明治学院大学…62.5(心理学部|全学三教科型)

一番難易度が低い学部の偏差値を比較すると、

明治大学…57.5(文学部フランス文学|一般選抜)
明治学院大学…47.5(文学部フランス文学|A日程)
となりました!

やはり、明治大学の方が受験難易度は高いですね。明治大学の下位学部が明治学院大学の最難関学部に匹敵するイメージです。

学費【明治大学も明治学院大学も同じくらい】

理系学部と文系学部の学費を比べるのはフェアではないのでそれぞれの文系学部の初年度学費を比べると、

明治大学…約130万円
明治学院大学…約130万円(2018年度生から値上がりしました)

以前までは明治学院大学の初年度の学費は110万円と明治大学よりも安かったのですが、最近では同じような学費になってしまいました。

立地【明治学院大学は立地が悪い】

明治大学は文系学部の場合 1~2年次は明大前、3~4年次は御茶ノ水のリバティタワーで授業を受けることになります。
ただ、理系学部の場合は生田という神奈川県の片田舎で4年間授業を受けるはめになります。

一方、明治学院大学の場合は1~2年次は神奈川県の戸塚という片田舎で、3~4年次は白金という都会で授業を受けることになります。

学年によってキャンパスが変わると、一人暮らしの人は引っ越しか大変そうですね。。。

著名な卒業生【明治大学の方が卒業生は豪華】

明治大学の著名な卒業生には、北側景子さん、山下智久さん、向井理さんをはじめとした華やかな芸能界の方が多いです。

とはいえ、全員が全員美貌を活かしたAO入試で明治大学に入学した訳ではありません。
特に、向井理さんは明治大学農学部で遺伝子工学の研究をとても真面目にやっていたそうです。チームで優秀な研究結果も残しています。

一方、明治学院大学の卒業生としては放送作家の鈴木おさむさんや、USEN社長の宇野康英さんが挙げられます。

宇野康英さんと聞いてピンとくる方は少ないかと思いますが、超実力派の経営者です。ホリエモンやサイバーエージェントの藤田さんの兄貴分のような存在です。

今回のまとめ

今回は明治大学と明治学院大学を比較してみました。
受験難易度やキャンパスの立地、世間からの知名度は明治大学の方が上ですね。

とはいえ、大学名が良いからなんとかなるという時代はとっくに終わっています。
明治大学卒業者の中で、明治学院大学の宇野康英さんを超えられる人なんて殆どいないはずです。

大学名よりも個人の実力の方が圧倒的に大切なので、あまり偏差値や世間からの評価にとらわれすぎないようにして下さいね。

関連記事
明治大学の評判について
明治学院大学の評判について

コメントをかく

*