明治大学の評判と偏差値【早稲田落ちも多いがなんだかんだで優秀】


こんにちは!
今回は明治大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、明治大学は日本の中で高学歴大学として扱われており、就職活動において難関企業も十分狙える立ち位置にいます。

この記事以上に明治大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで明治大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば明治大学パンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく明治大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は明治大学商学部の卒業生です。

明治大学の評判まとめ

明治大学の偏差値

◇法学部
法律学科…偏差値62.5

◇商学部
商学科…偏差値62.5

◇政治経済学部
政治学科…偏差値62.5
経済学科…偏差値62.5
地域行政学科…偏差値62.5

◇文学部
文-日本文学…偏差値62.5
文-英米文学…偏差値60
文-ドイツ文学…偏差値60
文-フランス文学…偏差値60
文-演劇学…偏差値62.5
文-文芸メディア…偏差値62.5
史学-日本史学…偏差値62.5
史学-アジア史…偏差値60
史学-西洋史学…偏差値62.5
史学-考古学…偏差値60
史学-地理学…偏差値62.5
心理-臨床心理学…偏差値62.5
心理-現代社会学…偏差値62.5
心理-哲学…偏差値60

◇理工学部
電気-電気電子工学…偏差値57.5
電気-生命理工学…偏差値57.5
機械工学科…偏差値60
機械情報工学科…偏差値57.5
建築学科…偏差値60
応用化学科…偏差値57.5
情報科学科…偏差値60
数学科…偏差値57.5
物理学科…偏差値60

◇農学部
農学科…偏差値60
農芸化学科…偏差値60
生命科学科…偏差値57.5
食料環境政策学科…偏差値60

◇経営学部
偏差値62.5

◇情報コミュニケーション学部
情報コミュニケーション学科…偏差値62.5

◇国際日本学部
国際日本学科…偏差値62.5

◇総合数理学部
現象数理学科…偏差値57.5
先端メディアサイエンス学科…偏差値57.5
ネットワークデザイン学科…偏差値55

明治大学の学生の学力レベル

早慶の滑り止めで入学した層が4割、付属校からの上がりが4割、MARCH第一志望の層が2割というイメージです。

明治大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
日本大学<明治大学<早稲田大学 といった印象。

明治大学の世間からの評判

志望大学ランキングで数年連続1位を獲得していたこともあり、世間一般的には名門大学として認識されていると思います。

特に商学部と政治経済学部は人気・就職率等で特に上位となっていました。実際、マスコミでも明治大学出身のタレントは高学歴タレントとして紹介されることが多いです。

しかし、名の知れた大手企業(就職希望ランキングに乗るような企業)ではやはり早慶・上位国立大学出身者がボリューム層となっており、そうした中では明治大学はあまり優位性は見出せないと思います。

ただし、大企業でも明治大学卒業のOB・OGは一定数いるので、門戸が閉ざされているというわけではありません。一方、大手子会社や中小企業では明治大学出身というだけでかなり高学歴扱いをしてもらえることが多く、選考もスムーズに進みやすいです。

また、前述のランキング1位の実績もあり、MARCHの中では最も上位の大学という扱いをしてもらえることが多い印象です。

明治大学の学生の様子

①早慶の滑り止めで入学した層が4割
②付属校からの上がりが4割
③その他が2割というイメージです。

①は受験勉強もしっかり行なっており、自頭も良く発言も論理的かつ態度も良いですが、②は受験勉強をほとんどしていない人が多く、学力が低く人間的にも幼稚な印象を禁じ得ませんでした。学生数が多いので色々な人がいますが、そうした傾向は強いと思います。

明治大学の就職先について

必修の授業は全体の出席率は9割と高いですが、選択授業では出席を取る授業で7割、取らない授業では4〜5割という印象です。第二外国語等は必修なので学生も真剣に授業を聞いていますが、その他は出席していても寝ていたりスマホを操作している人も多いです。また、1、2限の授業は時間が早いので自主休講の割合が高い傾向にあります。

割合としては金融業界(銀行や保険など)が多い印象です。特に女性の場合、採用人数が多いこともあり、同業界の一般職として採用されるケースが非常に多いです。また、商学部はメーカー(製造業)就職希望者が多いですが、早慶や国立大に比べ就職は難しくなっています。

他には小売店や専門商社等も学部特製上比較的多く就職していると思います。いずれにせよ、前述の通り名の知れた大手企業では明治大学はあまり優位性は見出せないと思います。サークルや体育会系などで何かしらの実績が必要となる場合が多いです。一方、大手子会社や中小企業では明治大学出身というだけで高く評価してもらえることが多く、選考もスムーズに進むことが多いです。

明治大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

① 都心にキャンパスを構えており、立地が良いこと。大多数は1、2年は明大前、3、4年は御茶ノ水に通います。

②就職に関するサポートが手厚く、数多くの説明会やセミナー、OB・OGのサポート、特製の就活手帳の配布等、手取り足取り手助けをしてくれる体制が整っています。

③幅広いジャンルの講義を受講できるところ。

悪かったところ

① 学内のコンビニが明大マートというローカルの店舗となっており、店舗も狭く品揃えや質があまり良くないこと。

② セミナーハウスの使用料金が高いこと。ゼミ合宿等で何度か使用すると費用がかさみます。

③食堂の料理があまり美味しくないこと。大半の学生は外で食事をとっています。

明治大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。

理由は、「そこそこ優秀な大学」で学生のレベルも「ちょうどいい」からです。上位私大の早稲田は泥臭くいわゆる「ウェイウェイ」騒ぐ人が多くノリが合わないことも多いです。

慶應はプライドが高く、また幼稚舎等から慶応の学生をトップとしたカースト制度のようなものがあるので過ごしづらい面があります。一方、明治大学は比較的落ち着いた真面目な学生が多く、度を越した騒ぎを起こすことが非常に少ないです、また、付属上がりの学生は慶応と違いむしろ下に見られることが多いので、気を使ったりすることもありません。

まさに「そこそこ優秀」で「ちょうどいい」学生が多いため、学生生活を送る上で過ごしやすく、色々な意味で快適だと思います。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
明治大学は日本の中で高学歴大学として扱われており、就職活動において難関企業も十分狙える立ち位置にいます。

この記事以上に明治大学について詳しく知りたいという方は、明治大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に明治大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で明治大学のパンフレットを取り寄せる

コメントをかく

*