成蹊大学の評判について【成城大学より入試難易度が高い】


こんにちは!
今回は成蹊大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、成蹊大学は世間からの評判もそれなりに高く吉祥寺でキャンパスライフを楽しみたい方には最高の環境です。

この記事以上に成蹊大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで成蹊大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば成蹊大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく成蹊大学の評判について見ていきましょう!
成蹊大学のパンフレットを無料請求
今回インタビューをした方は成蹊大学文学部の卒業生です。

成蹊大学の評判まとめ

成蹊大学の偏差値

◇経済学部
経済経営学科…偏差値57.5

◇法学部
法律学科…偏差値57.5
政治学科…偏差値57.5

◇文学部
英語英米文学科…偏差値55
日本文学科…偏差値57.5
国際文化学科…偏差値57.5
現代社会学科…偏差値55

◇理工学部
物質生命理工学科…偏差値50
情報科学科…偏差値50
システムデザイン学科…偏差値50

成蹊大学の学生の学力レベル

大学受験で入学した人は、GMARCHの滑り止めとして受けていた人が多かったです。大学受験で入学した人と、内部進学で入学した人との間で学力の差があるように感じました。

成蹊大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
成城大学<成蹊大学<学習院大学 といった印象。

成蹊大学の世間からの評判を箇条書き

・安倍首相の出身大学ということで、優秀だと思われることが多いです。

・地方出身の方の中での地名度は低く、大学名で認識してもらえることはほとんどありません。

・成城大学と勘違いされることが多いです。

・歴史があるからか、お嬢様学校というイメージを持たれることがよくあります。

・高島彩の出身校なので、アナウンサーを目指す人も何人かいました。

・GMARCHからは学習院を除いて成蹊を入れるべき、という意見を聞いたことが何度かあります。

・「蹊」の漢字が難しい学校と言われることが多いです。

・知名度がやや低いことも関係しているかもしれませんが、過小評価されることはありません。

・幼稚園から入る場合は試験(?)が厳しいらしく、お受験の日には両親が揃っていないと受からないという噂も耳にしました。確かに受験の日には両親と手を繋いで校内を歩く子どもの姿が多く見られました。

・お嬢様学校というイメージを持たれがちですが、エスカレーター式で進学してきた人の中には本当にお金持ちのお家出身の人が何人かいました。

成蹊大学の学生の様子

学部によって違いはあると思いますが、授業もサークルもバイトもそれなりに頑張る人が多かったです。派手に遊んでいるやんちゃな人はそこまでいない印象でした。

また、少人数制の授業はほとんどの人がメモをとるなど、真面目に受講していました。大教室での授業になると、スマホをいじっている人や、出席票だけ出して教室を出て行く人が多かったです。また、出席がない授業や、テストではなくレポート提出で単位が取れる授業は人気が高く、受講者が多かったです。少人数制の授業では意見交換などを真剣に行うことができました。

成蹊大学の就職先について

財閥系の金融や保険などの企業に就職する人が多かったです。私はIT系の、東証マザーズ上場企業に就職しましたが、ベンチャー系に就職するのは少数で、私の就職先に就職した人はそれまでいませんでした。

まわりで多かったのは、三井グループ、三菱などです。教職課程を終えている人は多くいましたが、教職試験を受けて教師になった人はそこまで多くない印象です。女子でも一般職よりは総合職で就活する人が多く、キャリア志向の人が多くいたように感じます。

旅行会社や航空関係など、英語を活かせる職業に就く人も多くいました。私自身早めに就活を終えたというのもありますが、就活に苦労している人はまわりにはそこまでいなかった印象です。

成蹊大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①ワンキャンパスなので、文理関係なく色々な学部の人と関わりができます。

②キャンパスが吉祥寺にあるので、買い物やご飯などのお店が充実しています。また、雑誌などに載っているような有名なお店にも行く機会ができます。さらに、吉祥寺駅の反対側には井の頭公園もあるので、お花見や公園の散歩などを楽しむこともできます。

③ガラス張りの図書館や、ドラゴン桜や花より男子の舞台になっている校舎などの施設が綺麗です。

悪かったところ

①インカレ禁止なので他大学との繋がりは作りづらいです。

②大学のポータルサイトが使いづらかったです。

③強い運動部が特に無かったため、応援などに行く機会がなくて残念でした。

成蹊大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。理由は、吉祥寺という立地が大学生活を送る上で贅沢すぎるくらいいい場所だったということと、授業・サークル・バイトと大学生らしいことは全部体験できたからです。

また、ワンキャンパスなのでサークルの拠点も一箇所に集約されており、他の大学では分かれがちな理系の学生とも同じサークルに所属して意見を交換することができました。創立100年という歴史がある学校なので、地域とのつながりや信頼は感じられました。井の頭公園でのボランティアや、吉祥寺の地域活性化活動への参加など、成蹊大学でなければできないことを多く体験できました。また、おそらく他の大学より一学科あたりの人数が少なく、コミュニティも作りやすかったです。

成蹊大学の基本情報

成蹊大学の住所と最寄駅

◇住所
〒180-8633
東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1

◇最寄駅
JR中央線・総武線(東京メトロ東西線)、京王井の頭線「吉祥寺駅」より、(バスのりば1・2番)関東バスで約5分→
「成蹊学園前」下車

成蹊大学の学費(4年間)

成蹊大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

理工学部…学費612万円
文学部…学費434万円
法学部…学費434万円
経済学部…学費434万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、成蹊大学の学校パンフレットでご確認下さい。

成蹊大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
成蹊大学は世間からの評判もそれなりに高く吉祥寺でキャンパスライフを楽しみたい方には最高の環境です。

この記事以上に成蹊大学について詳しく知りたいという方は、成蹊大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で成蹊大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

成蹊大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*