宮崎大学の評判と偏差値【宮崎県庁への王道ルート】


こんにちは!
今回は宮崎大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、宮崎大学は宮崎県内での評価はとても高いです。宮崎県庁や県内への市役所への王道ルートと言えるでしょう。

また、宮崎大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで宮崎大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば宮崎大学のパンフレットは完全無料で取り寄せることができます。
宮崎大学のパンフレットを無料請求
それでは、さっそく宮崎大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は宮崎大学農学部の卒業生です。

宮崎大学の評判まとめ

宮崎大学の偏差値

教育学部
学校-小学校主免…偏差値50
学校-中学校主免…偏差値52.5
学校-教職実践基礎…偏差値47.5
学校-子ども理解…偏差値47.5
学校-特別支援教育…偏差値47.5

医学部
医学科…偏差値70

工学部
環境応用化学科…偏差値50
社会環境システム工学科…偏差値47.5
環境ロボティクス学科…偏差値50
機械設計システム工学科…偏差値50
電子物理工学科…偏差値50
電気システム工学科…偏差値50
情報システム工学科…偏差値50

農学部
植物生産環境科学科…偏差値50
森林緑地環境科学科…偏差値50
応用生物科学科…偏差値50
海洋生物環境学科…偏差値50
畜産草地科学科…偏差値50
獣医学科…偏差値67.5

地域資源創成学部
地域資源創成学科…偏差値42.5

宮崎大学の学生の学力レベル

県内から進学した生徒は、県内トップの宮崎西高校・大宮高校出身はもちろん二番手三番手クラスの高校出身者も多かったです。 県外出身者は偏差値60〜70位の高校出身者が多かったです。旧帝国大学を目指していたがセンター試験が悪かったので受験したという人もいたので全体的にレベルは低くもなく高すぎもしないというくらいです。

宮崎大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
琉球大学<宮崎大学<鹿児島大学 といった印象。

宮崎大学の世間からの評判

県庁や市役所に就職する人が多いので県内では一番学力が高い学校です。農学部系の専門が強かったので就職も地元企業だとうちに来てくれと引く手数多でした。親やおばあちゃんなど上の世代からの評判がとても良かったです。 クラスの大半が各県、省庁に就職します。宮崎県外出身の人が地元の県庁を受験し見事合格したがその県庁ではその県の国立大生が優遇されているという噂を聞き、やはり地方国立大学の中でもレベルが下なのだと感じました。

県外に出ると地方中の地方国立大学なので「ふ〜ん。」といった感じにとらえられることが多いですが、「腐っても国立大学」という言葉があるように自分が専門としている学問では就職活動中の印象はよかったです。 2011年に発表された「本当に強い大学」ランキングでは18位に、2015年に発表された大学ランキング「大学が好き部門」「学生生活が充実部門」「一日の勉強時間部門」で1位を獲得した経験があり都市部の大学にも劣らない魅力を兼ね備えています。

宮崎大学の学生の様子

学生は比較的まじめでおとなしく地味な印象です。 田舎の大学だからか、一般的な大学生のようにオシャレをしていると逆に目立ってしまいます。 ジーパンにTシャツもしくはジャージという生徒が多かったです。女子学生もすっぴんの人ばかりでした。都会の有名私大生の話を聞いていると宮崎大学の生徒は本当に大人しいです。世間から見ればオタク気質な人が多いと思います。

また、出欠確認は点呼か授業終わりのアンケートで確認されていたので代理で出席にしといてというような人はそんなにいませんでした。ICカードで「ピッ」として形だけ出席にし、授業はでないというようなことはできません。

勉強、サークル、バイトをうまく両立させている人ばかりで学校に来ないという人はいませんでした。 授業中に携帯電話をいじっている人はいましたが騒ぎ立てるような人はいませんでした。

宮崎大学の就職先について

どの学部も公務員、企業に就職する人は半々くらいで就職できなかったという人を聞いたことがないので全体的に就職率はいいです。 宮崎県内で公務員になる人は多いですが県内の中小企業に就職する人は少なく、企業に就職する人の大半は宮崎県外で就職します。

どの学部の生徒も自分の専門を生かせる仕事に就く人ばかりですが全く専門分野と関係のない企業に就職する人もいます。専門外の企業に就職する人は誰もが知っている大手企業に就職しました。

教育学部の生徒は教師になる人、地元の市役所に就職する人が多いです。教員試験で採用される人はわずかなので採用されなかった人は私立の学校に就職するか非正規として働いています。塾の講師になる人もいます。

工学部の生徒は大学院に進学してから公務員になる人もいれば、インフラ企業、技術職また研究職に就く人が多いです。 農学部の生徒は宮崎県が一次産業に長けている(特に農林畜産業)ことから県庁に就職し普及指導員になる人が多いです。

獣医学科もあるので動物病院に勤める人もいます。 医学部、医学科・看護科の学生は宮崎大学病院に就職する人が多いです。

宮崎大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①フィールドが充実しているので実習を重ね技術を身に着けることができるところ。  構内に牛舎があり畜産学科の生徒は移動せずとも実習を行えます。林学科の生徒は演習林が車で20分ほどの距離にあったので研究するにも自分たちで行きやすい環境です。(都会の大学は山が身近にないので移動にとても時間がかかると聞きました。)

②駐車場が広いうえに無料なので移動や道具運びが楽なところ。  医学部のキャンパスは有料でした。

③先生が優秀で面白い人が多いところ。  有名大学の先生に劣らない実績を残されていました。

悪かったところ

①図書館が狭く書籍もあまり充実していないところ。  狭いです。席数もそんなにないのでテスト前になると席取り合戦が繰り広げられていました。

②田舎なので大学周辺でバイトできるところが少ないところ。  車か原付がないと厳しいです。農家の手伝いバイトをしている人もいました。

③学園祭などのイベントが残念過ぎるところ。  予算が少ないので学園祭のゲストが毎回知らないマイナーな人です。来客もイマイチで盛り上がりに欠けます。

宮崎大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。  理由は自分の興味のある学問について学びそれを生かせる仕事に就くことができたからです。 私は農学部出身ですので、1年生のころから実習や実験が毎週のようにありました。海洋学科になると約1週間の乗船実習が授業に組み込まれています。実体験を通して協力することで生徒同士のみならず先生ともいい関係を築くことができました。今でも同級生、先輩、先生と交流があるので仕事の情報交換の場ともなっています。

宮崎大学に進学してよかったけれども、遊ぶ場所がイオンモールか海に行って泳ぐか釣りするか誰かの家でゲームをするしかない上に飲み屋街も車で30分、終電22時半という環境だったのでした。ですので都会の大学に通う学生は身近に何でもあって充実したキャンパスライフを送れているようでうらやましく感じました。

私は地味でおとなしいタイプでしたので宮崎大学の雰囲気に合っていたと思います。 チャラチャラして遊んでばかりな人はほぼいないので、自分の興味のある学問についてじっくりと研究したい人にお勧めしたい大学です。

宮崎大学の基本情報

宮崎大学の住所と最寄駅

◇木花キャンパス(教育・工・農・地域資源創成学部)
〒889-2192
宮崎県宮崎市学園木花台西1-1
最寄駅(教育・工・農・地域資源創成学部)
JR「宮崎駅」より宮崎交通バス乗車(「大学病院・宮崎大学」行)→「宮崎大学」下車

◇清武キャンパス(医学部)
〒889-1692
宮崎市清武町木原5200番地
◇最寄駅(医学部)
JR「宮崎駅」より宮崎交通バス乗車(811・822・832番バス)→「大学病院」下車すぐ。

宮崎大学の学費(4年間)

宮崎大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

医学部…学費349万円(6年間)
教育学部…学費242万円
工学部…学費242万円
農学部…学費242万円
地域資源創成学部…学費242万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、宮崎大学の学校パンフレットでご確認下さい。

宮崎大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
宮崎大学は宮崎県内での評価はとても高いです。宮崎県庁や県内への市役所への王道ルートと言えるでしょう。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、宮崎大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で宮崎大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

宮崎大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*