東京工業大学の評判と偏差値【ランクは京大と同等】


こんにちは!
今回は東京工業大学の評判について、在校生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、東京工業大学は東大に次ぐハイレベルな理工系大学です。京都大学と難易度はほぼ同じですが、就職に関しては立地の分東工大の方が有利でしょう。

また、東京工業大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで東京工業大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば東京工業大学のパンフレットは完全無料で取り寄せることができます。
東京工業大学のパンフレットを無料請求
それでは、さっそく東京工業大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は東京工業大学物質理工学院応用化学科2021年の卒業予定者です。

東京工業大学の評判まとめ

東京工業大学の偏差値

理学院…偏差値65

工学院…偏差値65

物質理工学院…偏差値65

情報理工学院…偏差値65

生命理工学院
生命理工学系…偏差値65

環境・社会理工学院…偏差値65

東京工業大学の学生の学力レベル

理系総合大学として日本一なので、ハイレベルな学生が多かったです。

東京工業大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
慶應大学<東京工業大学<東京大学 といった印象。

東京工業大学の世間からの評判

国内トップレベルの大学なので周りの評判はとてもいいです。ただ女子率が10%台ととても低く、なんだか理系の男オタクが多いイメージを持たれていることが多いため、東京工業大学ですと言うと驚かれることもよくあります。彼氏が彼氏の友人に「彼女東工大生なんだ」と言ったら「お前ブス専かよ!」と言われたらしいです、とても失礼な話ですよね。実際は女子は身なりに気を遣っている人が多いのでぱっと見じゃ東工大生と分からないです。

また大学に関心がある人なら東京工業大学は知っているのですが、そうではない人、もしくは地方の人からしたら東大や早慶に比べて知名度が低いため、いわゆる工業大学と勘違いされてしまうこともあります。「工業大学行ったの!?意外」と中学の同級生に言われたことも…。学力の割に知名度が低いことは少し残念ですが、分かる人は分かってくれるので、なんだかその「玄人感」もいいかなあなんて最近は思うようにしています。

東京工業大学の学生の様子

やはりみんな勉強をしてきた人たちなので基本的に真面目で、ちゃんと授業に出席する人が大多数です。ただ中には大学に入ってはっちゃけてほとんど来ない人も…大体そういう人は留年するので途中から見かけなくなります。

女子は身なりに気を遣っている人が多く、男子もそういう人ももちろんいるのですが、いわゆる東工大生という人もたくさんいます。

また、みんな真面目に講義を聞いている人が多いです。レポートの締め切り直前の講義だと、ちゃんと聞かずにレポートを書いている人も見られますが。

出席が無い授業だと出席があるものに比べれば出席率は下がりますが、そもそも人がこないということもありません。授業中の私語もほとんどなく、静かな中で集中して講義を受けられます。

東京工業大学の就職先について

東京工業大学ということでやはり理系就職をする人が大多数です。大手メーカーに理系総合職や技術職で就職する人が多く、たまに中小や官公庁がいるかなといった感じです。やはり最近は機械系や情報系が人気で、そちらは推薦もあると聞きました。また研究室の教授のコネによる就職もあると聞きます。

文系就職の様に何十社もエントリーシートを出す人はほとんどいなく、大体4,5社ほど受けて終わる人が多いです。ただ生命理工学院は他の学院に比べて就職がよくないとも聞きます。他の学院の就職がとてもいいから相対的によくないように見えるだけだとは思うのですが、これは生命系の企業の採用人数が少なく、狭き門であることが多いことに起因すると考えられます。

東京工業大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①学生も教員もとにかくハイレベルで最先端の技術に触れる機会が多いです。ノーベル賞をとった大隅良典先生の公開講義など、興味深い講義もたくさんあります。

②研究設備がとにかく整っています。国立大学で私立大学に比べて安い学費で私立大学よりもよい設備を使えるというアドバンテージがとても大きいです。

③知名度は確かに低いですが、知っている人からの評判はとてもよいです。

悪かったところ

①やはり理系大学なので変わった人が普通の大学よりは多いと思います。

②英語教育への力の入れ方がいまいち外れている点が気になります。理系は学会や論文で英語を使うため英語力は必須なのですが、その教育が微妙な気がします。

③リベラルアーツの教育にも力を入れているのですが、これも英語同様外れている上に正直何がしたいのか良く分かりません。

東京工業大学に4年間通ってみていかがでしたか?

私は東京工業大学に通っていて良かったと思います。学生や教員が理系に特化しているため、研究設備がしっかりしていてきちんと研究が出来るのはもちろん、普通に会話をしていても知的好奇心が刺激されることが多く、とてもいい人に恵まれている環境だと思います。中にはちょっとこの人ヘンだな…という人も東工大なのでもちろんいますが、そういう人とはかかわりを持たないようにすれば大丈夫です。

こういう言い方はよくないかもしれませんが、東京工業大学というブランドの力は強く、周囲の評判がいいだけではなく、就活でもとても有利だと思います。学歴フィルターで落とされることはもちろんありませんし、学歴フィルターがあったら逆に有利なくらいです。

東京工業大学の基本情報

東京工業大学の住所と最寄駅

◇住所(大岡山キャンパス)
〒152-8550
東京都目黒区大岡山2-12-1

◇最寄駅(大岡山キャンパス)
東急大井町線・目黒線 大岡山駅 徒歩1分

東京工業大学の学費(4年間)

東京工業大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

理学院…学費260万円
工学院…学費260万円
物質理工学院…学費260万円
情報理工学院…学費260万円
生命理工学院…学費260万円
環境・社会理工学院…学費260万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、東京工業大学の学校パンフレットでご確認下さい。

東京工業大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
東京工業大学は東大に次ぐハイレベルな理工系大学です。京都大学と難易度はほぼ同じですが、就職に関しては立地の分東工大の方が有利でしょう。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、東京工業大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で東京工業大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

東京工業大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*