東京経済大学の評判と偏差値【日東駒専未満の学力レベル】


こんにちは!
今回は東京経済大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、東京経済大学は日東駒専未満の学力レベルで、授業の質もさほど高くありません。

この記事以上に東京経済大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで東京経済大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば東京経済大学パンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく東京経済大学の評判について見ていきましょう!
東京経済大学のパンフレットを無料請求
今回インタビューをした方は東京経済大学2016年度卒業生です。

東京経済大学の評判まとめ

東京経済大学の偏差値

◇経済学部
偏差値50

◇経営学部
偏差値52.5

◇コミュニケーション学部
コミュニケーション学科…偏差値50

◇現代法学部
現代法学科…偏差値52.5

◇キャリアデザインプログラム
偏差値45

東京経済大学の学生の学力レベル

学力はピンキリでしたが、日東駒専に落ちて滑り止めで決めた人が周りには多かったです。

東京経済大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
東海大学<東京経済大学<神奈川大学 といった印象。

東京経済大学の世間からの評判

就職活動の際に、東京経済大学出身ですと言って悪い評価を受けたことはなかったです。

大学の卒業生達は様々な業種についているためか、就職活動中にバラバラな業種を見ていたにも関わらず、大抵の新卒採用担当の方々は大学名をご存知なようでした。また実際に、採用面接の際に年配の方を相手に大学名を言ったところ、もちろんご存知ない方も多くはいらっしゃいましたが、中には昔の良いイメージを持っているのか高評価してくださる方もいらっしゃいました。

ただバイト先や周りの友人からの大学の評価はあまり良いものではなかったように感じます。実際に生徒の学力もピンキリといったところで、同じ大学の友人達は本命の大学に行けずに東京経済大学に決めた人も多くいました。大学入学後は遊び呆ける人が多く、勉学にまじめに取り組むという人は一握りだったと思います。

そんな学生が多くいたので、バイト先では頭が良い学校だね!なんてことは言われたことはありませんでした。ですが、仕事はまじめにやる人が多い大学だという印象をなぜか私のバイト先の店長は持っていて、オンオフをしっかり切り替えられる人が多いのかなとも感じました。

東京経済大学の学生の様子

生徒の大半はバイトと遊びに力を注いでいて、学校の授業をメインに生活している人は少なかったです。そのためか出席を毎回チェックする授業は人気がなく、簡単に単位をとれる授業が人気でした。

大学のサークルに所属している友人が私も含めていなかったので、大学に縛られて生活するというよりは、普段の生活にたまに大学に行かなくてはならない時間があるという生活スタイルの人間が多かったです。

また、授業に出席していても、スマホでゲームをしている人が大半でした。大人数の授業では後ろの方の席では、カードゲームをしている生徒もいました。もちろんまじめに授業を受けている生徒もいましたが、そういう方は毎回同じ席で教室の前の方で教授の話を真剣に聞いていました。

大半の生徒はテストの時と出席をチェックする日にしか来ず、そういった日はいつもスカスカな教室がパンパンになっていました。

東京経済大学の就職先について

大企業に就職する人は周りの友人ではいませんでした。

中小企業やベンチャー企業に就職する人が大半だったと思います。就職できずにわざと留年するといった人も見受けられませんでした。私の友人は、CMでも見かけるようなIT会社や、高級物件専用の不動産会社、アパレル店員や、家具屋さんの社員、ベンチャーのIT企業など様々な業種についていました。

何か特定の業種につく人が多い印象は全くありませんでした。大学のレベル的に就職先が限定されてしまうという印象はなく、その人がどのような学生生活を送ったのかという点を重視されていたのではないかと思います。

実際CMでも見かける有名企業に就職した私の友人は、就職活動の際にやってもいないボランティア活動を熱心に頑張っていました!とアピールして内定をもらったとも言っていました。

東京経済大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①特別良い評価を受けるような大学ではなかったが、悪い評価もなく、良い意味で無難な学校だったところ。

②特定の教授に限るが、授業がとても有意義であったこと。権威のある方も中にはいたので、話を聞けて良かった。

③キャンパスに緑が多い。新しいキャンパスがきれい。

悪かったところ

①駅からキャンパスまでの交通の便が悪い。急な坂道が多く、体調が悪いときや天気が悪いときはとても通いにくい。

②授業をまじめに受けない生徒が多いせいで、教室の席取りに失敗すると、教授が何を話しているのかも聞こえない状態に陥る。

③古い校舎が残っているため授業を受けにくい場合があった。木造の机だと古くてガタガタで書きづらかったりもした。

東京経済大学に4年間通ってみていかがでしたか?

別の大学にすればよかったと思います。

基本的に質の良い授業はほんの一人握りで、私の学部の教授はやる気のない方もチラホラいらっしゃいました。何を言っているのか聞こえないのに、謎のこだわりで頑なにマイクを使わない教授や、前回どこまで授業をしたのか全く覚えていない教授もいました。

また学務課の対応がひどかったです。私は途中休学して個人的に留学に行ったのですが、その休学申請の際に成績や単位に触れられ、「あなたみたいな学力の人間が休学してまで留学に行くのはいかがなものか。」と言われました。

実際大学で得たものは特に何もなかったですし、留学にいっていなかったら就職活動の際に話すネタもなかったと思います。そんな大学だったので、他の大学だったらもっと充実したキャンパスライフを送れたんじゃないかなと思っています。

東京経済大学の基本情報

東京経済大学の住所と最寄駅

◇住所
〒185-8502
東京都国分寺市南町1-7-34

◇最寄駅
JR中央線、西武国分寺線・多摩湖線「国分寺駅」より徒歩12分。

東京経済大学の学費(4年間)

東京経済大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

コミュニケーション学部…学費457万円
現代法学部…学費442万円
キャリアデザインプログラム…学費440万円
経済学部…学費431万円
経営学部…学費431万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、東京経済大学の学校パンフレットでご確認下さい。

東京経済大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
東京経済大学は日東駒専未満の学力レベルで、授業の質もさほど高くありません。

この記事以上に東京経済大学について詳しく知りたいという方は、東京経済大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で東京経済大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

東京経済大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*