大和大学の評判と偏差値【ネット上のやばいという悪い評判はデマでした】


こんにちは!
今回は大和大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、大和大学はネット上でやばい大学と揶揄されていますが、大和大学の倍率は年々上がっており、特に保健医療学部の評判はとても良いです。

この記事以上に大和大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで大和大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば大和大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく大和大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は大和大学保健医療学部の卒業生です。

大和大学の評判まとめ

大和大学の偏差値

◇政治経済学部
政治行政学科…偏差値52.5
経済経営学科…偏差値52.5

◇教育学部
初等幼児教育…偏差値50
国語教育…偏差値50
数学教育…偏差値50
英語教育…偏差値50

◇保健医療学部
看護学科…偏差値50
総合-理学療法学…偏差値47.5
総合-作業療法学…偏差値45
総合-言語聴覚学…偏差値45

大和大学の学生の学力レベル

兵庫医療大学や神戸学院大学へ落ちた人が何人かいました。偏差値的には低すぎないので平均的な学力の生徒が多かったです。

大和大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
藍野大学<大和大学<関西医療大学 といった印象。



大和大学の世間からの評判

私は、作業療法士を目指すために大和大学へ入ったのですが、近所の人達に大和大学へ通っていると言うと、頑張って勉強したんだね。と褒められる事もありました。新しい大学ですが、年々倍率が上がっているからです。

実習先の病院の先生達からは、「大和大学からの学生なら安心」だと言われました。他の大学で、一から指導しないといけない学生が多い大学も沢山あるそうで、大和大学からの学生はいつもある程度の知識は持っている子が多いので指導しやすいと言われました。

他にも、大和大学との繋がりが欲しいので、うちの病院に就職してくれないかと言われた実習先もありました。このように、大和大学と言うと印象の良い話をされた事が沢山あります。作業療法士の国家試験の会場にも選ばれている大学なので、しっかりしているイメージだそうです。私が就職している現在の病院でも、先輩達からは、「大和大学から就職何人か来てもらえないか聞いて欲しい、大和大学はしっかりした子が多い」と今でも言われます。

大和大学の学生の様子

私の保険医療学部の学生は、意欲の高い学生が多かったです。勉強を普段からしている子も少なくありませんでした。アルバイトをしている子もいますが、学部の半分も居ないと思います。アルバイトをしている子でも、試験前や実習前には休んでいる人が殆どです。県外から国家資格を取るために出てきている学生も多かったので、しっかりと勉強に力をいれてる人が多かったです。他の学部でも教員免許や看護師免許を取るために勉強を頑張っている人やが多く、空いている教室で勉強をして過ごしている方も沢山いました。

また、講義には、ほとんどの学生がしっかり出席していました。欠席は本当の体調不良くらいだと思います。保険医療学部なので、単位を1つでも足りないままだと国家試験が受けれないので、講義に対しては積極的な学生が多いです。 私語、居眠り程度なら時々している学生もいましたが、ほとんどの子が真剣に勉強に取り組んでいましたので、いつも勉強しやすい環境でした。ですが、他の学部の講義では出席の確認が甘い講義では欠席が多かったりするようで、学部の講義によって雰囲気は多少違います。

大和大学の就職先について

私達の保険医療学部では、就職に困る人はほとんどいません。実習先の病院からのスカウトも多いですし、病院の方から大学に就職希望者がいないか問い合わせもあります。

大体が病院や施設等に就職するのですが、面接へ行って落ちた学生は殆どいませんでした。落ちた学生は、市民病院や国立の病院などの競争率の高い病院を受けた人が2人いたくらいです。ですが、こういった競争率の高い病院でも受かる人は多いので、これは大和大学の強みだと思います。

他の学部の学生は就職活動に苦労している人も多いようで、大手企業の就職を目指し、いくつも面接を受けている人や、中小企業の会社を選び就職する方など様々ですが、専門職の方は就職にはあまり困りません。ですが、教員免許を受けて落ちた人の中では就職浪人する人もいました。

大和大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①大和大学で国家試験を受けれた。 私達、保険医療学部の学生は国家試験を受けるために勉強をしていたのですが、その国家試験の会場が大和大学だったので、安心して試験を受けられました。

②キャンパスが綺麗 実習や国家試験の勉強に追われて、しんどい時期もありましたが、大学内は綺麗で整備が整っていますので、リフレッシュしながら自由に過ごす事が出来ました。

③先生達が熱心に教えてくれる 国家試験対策では、沢山プリントを配ってくれたり、就職先の相談に沢山時間を割いて下さったり、教員の人数は少ないですが優しい先生が多かったです。

悪かったところ

①アクセスが少し不便。 吹田なので市内から少し遠いですし、駅からも少しですが歩くので、市内の南方に住む私は、通うのが少ししんどかったです。

②学費が高い。専門職の勉強なので仕方ないですが、学費が少し高いです。

③食堂や駐輪場に人が多い 綺麗なのですが、人が多い割に食堂や駐輪場を筆頭にスペースが狭い所もありました。

大和大学に4年間通ってみていかがでしたか?

私は、大和大学へ通って良かったと思っています。理由としてはまず、大学内での講義がとても充実していた事です。実技の授業が多く、実際に体を触り合う事が多かったのですが、これは病院実習だけではなく、現在の仕事でも使える知識です。

なので、こういった実際に使える実技を講義の中では教えてもらえた事にとても感謝しています。そして、国家試験のサポート体制です。勉強がとても苦手で合格率も下がっている中では本当に合格できるか不安だったのですが、先生達は勉強方法や教材などを沢山紹介してくれましたし、分からない所は何度も教えてくれました。私が国家試験に受かり、今の仕事を出来ているのは、大和大学の先生達のおかげで、本当に良い大学を選んで良かったと思います。



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
大和大学はネット上でやばい大学と揶揄されていますが、大和大学の倍率は年々上がっており、特に保健医療学部の評判はとても良いです。

この記事以上に大和大学について詳しく知りたいという方は、大和大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で大和大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で大和大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*