【東海大学】情報通信学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は東海大学「情報通信学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

東海大学「情報通信学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は東海大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、東海大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも東海大学「情報通信学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

東海大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく東海大学「情報通信学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は東海大学「情報通信学部」通信ネットワーク工学科の卒業生です。

関連記事
東海大学の全体的な評判

東海大学「情報通信学部」の評判まとめ

東海大学「情報通信学部」の偏差値と入試難易度

◇情報通信学部
情報メディア学科…偏差値45
組込みソフトウェア工学科…偏差値42.5
経営システム工学科…偏差値42.5
通信ネットワーク工学科…偏差値42.5

東海大学情報通信学部通信ネットワーク工学科の難易度は大東亜帝国レベルなのでほとんどFランクレベルの学科です。その中でも桜美林大学よりは上で日東駒専よりは下のランクです。

私と同じ学科の友人は下から上までいて、旧帝大から下がってきた友人や、付属の高校から来た友人など様々です。実際に私は、東京電機大学から東海大学に落ちてきたという形で入学しました。

なので、上の大学から落ちてきたという生徒が大多数を占めているといいえます。

東海大学「情報通信学部」の志望理由

私が東海大学情報通信学部通信ネットワーク工学科を志望した理由は、理工系の学科に進みたいという思いがあり、またその中で情報系の学科に進みたいと感じていたからです。

実際に、私は、国家資格の情報系の資格を持っており、それはセキュリティにかかわる資格です。その中で学科を絞り志望校を決めたところたくさんのセキュリティに関する学科がある中、東海大学は英語にもさらに力を入れているとのことでした。

私は、英語が得意で外国なども月に何回か一人で旅行したりするほどアウトプットが得意でまた、その知識を東海大学では活かせるまた、成長できるというところから志望を決めました。

東海大学「情報通信学部」に入学してから感じたギャップ

私が、東海大学に入って感じたギャップは大学という高等教育機関では、頭が悪い人(数学の四則演算すらままならないという人)がいるとは思いませんでした。そのせいがあって、私が集中して学びたい強化に対する不満足感や、実力がないのにもかかわらず成績が容易に取れてしまったり、生徒に対する甘さが想像していた大学とのギャップでした。

また、大学といえばキャンパス生活で女の子がたくさんいるイメージでしたが情報系の理系の学科ということもあり男女比が大変なことになっていました。

東海大学「情報通信学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

実際、スポーツや卒業者の芸能人率の高さから名前はかなり売れているそうで就職や大学の名前を外で出す分にはそこそこの反応を得られたことが多くありました。

しかし、大学のランク付けや学歴に関してうるさい人からすればFランク同様なのであまりいい評判は得られないみたいです。しかし、今年2019年度の世界大学ランキングにてランクインしたためか、海外からの評判は上昇しつつあるとの情報をいただいたことがありました。

内部生からみた評判

大学の中からすれば、付属高校から上がってきた生徒などが授業を荒らしたりすることがまれにあり、満足度が得られない学生もしばしばいるようです。しかし、教授は国立有名大学の博士号を持つ方が多いので授業の質というのは教科により高いそうです。なので、授業内容に関してとても印象がいい教科がほとんどです。

国際交流がほかの大学に比べとても活発だとも感じます。所属している学生の大半が留学生を占めている私の大学では、英語で授業を行っていたり、授業外での外国人との交流が活発に行われているため国際面ではとても発展していると感じました。

東海大学「情報通信学部」のそれぞれの学科で勉強すること

東海大学情報通信学部では、ITに関する授業を展開しています。当学部では、通信ネットワーク工学科、組込みソフトウェア学科、情報メディア学科、経営システム学科の4つの学科からなっており、それぞれがIoT社会のシステムをつなぐ役割を行う授業を行っています。

通信ネットワーク工学科ではメディアを安全にダウンロードするための情報網の役割を担う授業を行い、組込みソフトウェア学科では、メディアをダウンロードするための媒体を動かすためのソフトウェアを開発する授業をメインに行っています。

情報メディア学科ではメディアをどのように圧縮してより軽くできるかどうかの授業を行い、経営システム学科では、どのようなニーズが市場では現在トレンドなどかなど、調査を行う授業を行っています。

東海大学「情報通信学部」のリアルな就職先について

ほとんどが、IT系の企業に進出しており、有名なところですとNTT, NEC, など通信系の大手企業に進出していたりするそうです。各学科により進学先はバラバラで、経営関係ですと、マネジメント系の会社、組込み系ですと電気系の会社に進出する方が多いと聞きました。しかし、中でも飲食店やサービス業に進出する方もいるそうで、バイト先の企業にそのまま進出する方も何人かいると聞きました。しかし、メインはITの学習をしているのでほとんどがIT系の企業に進出しています。

私の大学には大学院があり、そちらに進学する人も中に入るそうで、あまり多くはないのですが大学院受験したあと修士課程に入る生徒もいるそうです。また、他大学の大学院受験をする方も多くいることから、受験をする生徒もいるということがわかりました。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、東海大学「情報通信学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

東海大学「情報通信学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で東海大学のパンフレットを請求してみて下さい。

東海大学のパンフレットを請求

関連記事
東海大学の全体的な評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)