【奈良教育大学】教育学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は奈良教育大学「教育学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

奈良教育大学「教育学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は奈良教育大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、奈良教育大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも奈良教育大学「教育学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

奈良教育大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく奈良教育大学「教育学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は奈良教育大学「教育学部」学校教育教員養成課程の卒業生です。

奈良教育大学「教育学部」の評判まとめ

奈良教育大学「教育学部」の偏差値と入試難易度

教育学部
学校-教育学…偏差値-
学校-心理学…偏差値-
学校-幼年教育…偏差値-
学校-特別支援教育…偏差値-
学校-国語(初)…偏差値55
学校-国語(中)…偏差値55
学校-社会科(初)…偏差値-
学校-社会科(中)…偏差値-
学校-数学(初)…偏差値52.5
学校-数学(中)…偏差値50
学校-理科(初)…偏差値52.5
学校-理科(中)…偏差値50
学校-音楽(初)…偏差値-
学校-音楽(中)…偏差値-
学校-美術(初)…偏差値-
学校-美術(中)…偏差値-
学校-保健体育(初)…偏差値-
学校-保健体育(中)…偏差値-
学校-家庭科(初)…偏差値-
学校-家庭科(中)…偏差値-
学校-技術(中)…偏差値-
学校-英語(中)…偏差値57.5
学校-書道…偏差値-
学校-文化遺産…偏差値-

奈良教育大学教育学部学校教育教員養成課程は大阪教育大学より少し下の難易度です。

しかし、選ぶコースによって難易度に差がありますので、一概には言うことができないと思います。また、合格人数が少ないため、倍率は高くなることが多いです。大阪教育大学、京都教育大学などの他教育大学や関西大学、同志社大学などを併願している人が多かったです。

女子では京都女子大学、同志社女子大学、武庫川女子大学などとの併願も多かったです。

奈良教育大学「教育学部」の志望理由

私が奈良教育大学教育学部学校教育教員養成課程を志望した理由は、教員を目指していたため、教員養成に特化している大学であることに魅力を感じたからです。

自分の住んでいる地域の教員になるためには、その地域の教育大学に行くのが地域に根差した学びがあると考えました。国立大学ですので、学費が安いこと、少人数できめ細やかな支援をもらえること、家から通えることも大きな決め手となりました。

とは言いつつも、倍率がとても高かったので、私立大学の滑り止め受験をし、進路を確保したうえで、宝くじに応募する気持ちで受験しました。

奈良教育大学「教育学部」に入学してから感じたギャップ

私が奈良教育大学教育学部学校教育教員養成課程に入学して感じたギャップは、思っていたよりも様々な地方から学生が集まってきていて、下宿している人が多かったことです。地元の人ばかりかと思っていたので、様々な方言を話す友達ができてとても楽しかったです。留学生もいて、在学している人の人数が他校と比べて少なく、こじんまりとしているので、かかわりを持つことができました。

また、教員を目指す人が多いですが、普通の就活を目指す人もおり、それぞれの専門のコースでやりたい学びを深めているのを感じ、とても刺激になりました。明るくまじめで優しい人が多く、男女年齢問わず仲の良い、いい意味で、高校時代とは違った友達・仲間関係を築くことができました。

奈良教育大学「教育学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

地元では、国立大学で教育大学ということで、かなり信頼感を持って見てもらえます。真面目・安定・しっかりしているというイメージが強いと思います。

一方でそのイメージが強すぎるために、「先生」という一言で印象を決められてしまうことがマイナスに働くこともあります。教員を目指す学生という風に見られますので、在学中から、校外での振る舞いや発言には気をつけるように自然となっていきます。それが堅苦しいと感じる人もいると思います。

内部生からみた評判

学校教育教員養成課程に所属する人が多くの割合を占めるので、そこまで、大学内での立ち位置について考えることはないです。しいて言えば、学校教育教員養成課程でない学生よりも教員免許取得のためや卒業のために取らなければならない単位が多かったり、実習や論文、ゼミなどがかなり忙しいので、「大変だね。」という声を掛けてもらうことが多かったです。

社交的な人が多く、課題や活動に熱心に取り組むことが多かったので、友達同士で遊んだり勉強したりしているのをうらやましく思ってもらうこともありましたが、主には大変、がんばってるというような印象だったように思います。

奈良教育大学「教育学部」のそれぞれの学科で勉強すること

奈良教育大学教育学部学校教育教員養成課程には教育発達基礎コースと教科教育のコースがあります。(いまは変わっているかもしれません。)

教科教育のコースでは、国語・英語などの様に、教科ごとの専修があり、小学校教輸免許とその教科の中高教諭免許の取得を目指します。教科の専門的な授業が多く、自分の専門教科をより深く学んだうえで教員免許を取得できます。

教育発達基礎コースでは、教育学・幼児教育・心理学・特別支援教育などの専門分野ごとに分かれていて、専門の学びを深めながら、教員免許の取得を目指します。自分の希望に沿って単位をとり、小学校教諭免許に加えて、中高、幼稚園、保育士、特別支援教育教員免許なども取ることができます。

奈良教育大学「教育学部」のリアルな就職先について

主な就職先は学校の教員が最も多いです。ほとんどの人が就活ではなく、都道府県の教員採用試験を受けます。小学校教員が最も多い。中学校教員、高校教員は難易度が高く卒業とともに合格する人は少ないですがいます。幼稚園や特別支援学校の教員となる人もいます。

不合格となった人は、私立学校の教員として働いたり、講師として非正規で教員をしたりして、次の年の試験に臨みます。働きながら教員採用試験を受けるのは大変なので、大学院に進学して学びを深めながら教員採用試験に挑戦する人もいます。

教員以外では、公務員を目指す人もいます。公務員保育士を目指す人もいます。一般の企業や福祉施設に就職する人もいます。就職支援もありますが、学内の雰囲気としては教員採用試験対策が強いですので、一般就職する人は、どうしてもここに就職したいという強い意志を持って就活する人が多いように思います。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、奈良教育大学「教育学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

奈良教育大学「教育学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で奈良教育大学のパンフレットを請求してみて下さい。

奈良教育大学のパンフレットを請求

 

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)