センター試験の服装は何にするべき?【制服or私服】

センター試験の服装は制服と私服どっちが良い?


こんにちは、もうすぐセンター試験本番ですね。
皆さんはもう、センター試験当日の服装は決めていますか?

私服で受験するメリットデメリット、制服で受験するメリットデメリットについてまとめてみたので、是非当日の服装選びの参考にして下さい。
(ちなみに僕は私服でセンター試験を受験しました。)

制服

制服のメリット

①絶対に怒られない
制服でセンター試験を受験する最大のメリットって多分これです。制服で受験をすれば、センター試験会場で浮くことはまずありません。

心配性の方は、制服でセンター試験を受験されることをお勧めします。当日の朝になって、他の友達が全員制服で来たらどうしよう。。と余計な心配をする必要がなくなります。

②浪人生を威圧できる
浪人生は100%私服でセンター試験を受験するので、制服で受験をすれば現役生アピールをすることができます。
また、難関高校の生徒はあえて制服で受験することで周りの受験生を威圧することが、結構あるそうです。

制服のデメリット

①動きにくい
普段から制服で勉強しているなら良いのですが、制服って窮屈なので、結構腕とか動かしにくいですよね。本番制服で受験するのであれば、制服を着て過去問演習をすることをおすすめします。

②温度調整がしにくい
制服って基本的に、下着→ワイシャツ→セーター→ブレザーという構造になっているので温度調整をする際の自由度が少ないです。その点私服ならもっと細かく温度調整をすることができます。

私服

私服のメリット

①テンションを上げやすい
和田秀樹さんの、受験本番に勝つ!77の法則という本によれば、人間は服装や身なりに大きく影響を受けるそうです。

服装や身なりは、人間の心理に影響を与えることがわかっている。有名なのが「スタンフォード監獄実験」である。

模擬の刑務所に健康な一般人を「看守」と「囚人」に無作為に振り分けて入れる。看守役には制服と警棒、囚人役には囚人服と足の鎖を与え、彼らの行動を観察するという実験である。

その結果、看守役はより看守らしく、囚人役はより囚人らしく振舞うようになっていった。ついには本物の刑務所のように暴力や虐待が横行して大混乱したため、実験は途中で中止された。

人間は、与えられた服装や身なりにふさわしい役割に「なりきろうとする」「なりきってしまう」ことが、この実験から確認された。
引用元:受験本番に勝つ!77の法則

そのため、自分のお気に入りの服をきて、テンションを上げてセンター試験を受験する作戦は結構有効だと思います。

②機能性が良い
見た目を度外視(もこもこしたスウェットとか)すれば、私服の方が制服よりも圧倒的に機能性が高いです。
ただ、機能性を重視しすぎて、あまりにもダサい服を選んでしまうと先ほどの「監獄実験」の理論的にはマイナスなのかもしれません。

私服のデメリット

①服装によっては怒られる可能性がある
英字や和歌がプリントされている服を着てセンター試験を受験しようとすると、試験官に怒られます。本番面倒なことになりたくないな、という方は制服での受験をおすすめします。

②選ぶのに無駄な意志力を使う
皆さんは、”Will Power”という考え方を知っていますか?
簡単に説明すると、人は何らかの選択をするたびにWill Powerという力のようなものを使ってしまうという考え方です。

そしてそのWill Powerの源は1つしかないので、どうでも良い些細な選択を繰り返していると重要な決断をする際に支障をきたしてしまう可能性がある、という理論でもあります。
(スティーブ・ジョブズやマークザッカーバーグが毎日同じ服を着ているのもこのためだと言われています。)
Will powerについて詳しく知りたい方には、メンタリストDaigoさんが書かれたこの本がおすすめです。

そのため、当日の朝になってどんな服が良いかと悩んで、余計なWill Poweを使ってしまうくらいならば、制服で受験をした方が良いでしょう。

まとめ

✔︎他人の目を気にしてしまいがちな人は制服で受験しましょう。
✔︎お気に入りの服を着てテンションを上げたい人は私服で受験しましょう。

コメントをかく

*