文化学園大学の評判と偏差値【fランだがファッションに特化した大学】


こんにちは!
今回は文化学園大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、文化学園大学は偏差値こそ高くありませんが服飾を専門的に勉強したい方にはとても良い大学です。

また、文化学園大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで文化学園大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば文化学園大学のパンフレットは完全無料で取り寄せることができます。
文化学園大学のパンフレットを無料請求
それでは、さっそく文化学園大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は文化学園大学服装学部です。

文化学園大学の評判まとめ

文化学園大学の偏差値

服装学部
ファッションクリエイション学科…偏差値35
ファッション社会学科…偏差値37.5

造形学部
デザイン・造形学科…偏差値37.5
建築・インテリア学科…偏差値37.5

現代文化学部
国際文化・観光学科…偏差値35
国際ファッション文化学科…偏差値40

文化学園大学の学生の学力レベル

中学生向けの問題も怪しいレベルの学生が多かったです。

文化学園大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
文化学園大学<大妻女子大学 といった印象。

文化学園大学の世間からの評判

ファッションに特化している学校なのでアパレル関係の会社の面接では印象が良いです。文化学園大学の授業は学部によって異なりますが、服を造ったりデザインしたりと技術的なことを学ぶことができるので、専門学校のようです。授業はファッションのことがほとんどなので、専門的な知識を集中して身に付けることができ、アパレル業界を目指す人からしたらとてもいい環境です。

しかし偏差値が低く、バカばっかりだと評されることも少なくありません。また、学費が少し高いので、親はあまりいい顔をしませんでした。新宿を拠点とする友人からは文化学園の生徒って真っ黒なイメージがある、男子もスカートの様なものを履いているイメージがあるとよく言われます。たしかに学内では全身黒に揃えたコーディネートをする学生が多かった印象があります。個性が強く、人とかぶる事を嫌う人が多いので男子学生もスカートを履く人がいました。その外見もあってか、ほかの大学の生徒からは、文化学園は変な人が多いよねと言われたことがあります。

文化学園大学の学生の様子

・個性的なファッションの学生が多いです。
・髪色がピンクや緑など奇抜で派手な学生ばかりです。
・授業に対してはあまり熱意はなく、単位さえ取れればいいという考えの学生がほとんどです。
・単位が取れるギリギリまで授業を休んでいます。
・服が好きな学生が多いです。
・図書館では無料で雑誌が読めるので利用しています。
・サークルに入らずバイトをしている学生が多かったです。

また、携帯をいじっていたり、授業とは別の作業をしている学生が多いです。そうでなくても寝ていたり真面目に受講している人はほんのわずかでした。評価が甘い先生の授業では欠席が多く、全員揃うことがほぼありませんでした。授業によっては成績の付け方が出席率を含まない場合があるので、友達に授業内の板書を写真で送ってもらったりしていました。

文化学園大学の就職先について

ほとんどの学生はアパレル関係の仕事に就きます。学校には多くの求人がきているので、就職相談室に行ったり、掲示板からチェックして求人を探すことができます。私の友人はECサイトを展開している会社に就職が決まっていて、インスタでインフルエンサーも担っています。ファッションを専門とする大学だけあって、文化学園大学という名前はアパレルメーカーを受けるに当たっては1つの武器になると言えます。

もちろんアパレルとは別の会社に内定を貰う人も沢山います。不動産会社などです。1月の時点で就職が決まっていない人もいますが、まだ募集してる企業はあるので、マイペースにゆっくりと就活する生徒もいます。また、就職せずそのままフリーターになる人もいます。

文化学園大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①良くも悪くもゆるくて、出席さえすれば単位が取れるところです。

②服を作ったり、洗濯についての授業があったりと、将来主婦になった時に役に立ちそうな知識がつけられたことです。

③図書館が充実していることです。服飾関係の本が特に多いのと、雑誌も置いているのでわざわざ本屋に行かずとも読めるのはありがたかったです。

悪かったところ

①全体的に学生の偏差値のレベルも低く、素行の悪い生徒もいるため、その雰囲気に流されて堕落した人間になってしまったこと。

②あまり授業に行かなくても怒られることもなければ、最低限の出席と提出物で単位が取れるため、寝坊してばかりで夜型生活に変わってしまったこと。

③履修登録が4月に全て完了させなければならないので前期単位を落としたからといって後期で授業を増やすことができなかったことです。

文化学園大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。駅からそんなに遠くなく、何より新宿という立地は最高でした。帰りに買い物もできるし、新宿であれば大体のお店は揃っているので、別の駅まで行く必要もなく助かっていました。定期も新宿までのものが作れるので、私用で新宿又は別の場所に行く時にも安く済んだので、新宿という立地がこの大学の1番の良いところかもしれません。

ほかの大学に進んだ友人の話を聞くと、必修科目が億劫な1限にあったり、毎日組み込まれていて全休がつくれないというのを聞いていたので、そういうのがなかったのも良かったと思います。比較的、楽をして卒業できたなと思います。しかし大学生活で楽をしすぎてしまったので、これからの人生でしっかりできるかが心配です。

文化学園大学の基本情報

文化学園大学の住所と最寄駅

◇住所
〒151-8523
東京都渋谷区代々木3-22-1

◇最寄駅
JR各線、東京メトロ丸ノ内線、都営地下鉄大江戸線・新宿線、京王線、小田急線「新宿駅」より徒歩7分。

文化学園大学の学費(4年間)

文化学園大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

ファッションクリエイション学科…489万円
ファッション社会学科…489万円
デザイン・造形学科…503万円
建築・インテリア学科…503万円
国際文化・観光学科…457万円
国際ファッション文化学科…489万円
ファッション学科(2年間)…239万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、文化学園大学の学校パンフレットでご確認下さい。

文化学園大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
文化学園大学は偏差値こそ高くありませんが服飾を専門的に勉強したい方にはとても良い大学です。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、文化学園大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で文化学園大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

文化学園大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*