金沢学院大学の評判と偏差値【内部進学者が多いfラン大学】


こんにちは!
今回は金沢学院大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、金沢学院大学は付属高校からの進学者が多く、大学の学力レベルもいわゆるfランとよばれるくらい低いものとなっています。

この記事以上に金沢学院大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで金沢学院大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば金沢学院大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく金沢学院大学の評判について見ていきましょう!
金沢学院大学のパンフレットを無料請求

金沢学院大学の評判まとめ

金沢学院大学の偏差値

◇文学部
文-日本文学…偏差値37.5
文-英米文学…偏差値35
文-歴史学…偏差値37.5
文-心理学…偏差値37.5
教育-小学校・中学校教諭…偏差値37.5
教育-幼稚園教諭・保育士…偏差値37.5

◇経営情報学部
経営情報学科…偏差値35

◇芸術学部
芸術学科…偏差値37.5

◇人間健康学部
スポーツ健康学科…偏差値35
健康栄養学科…偏差値37.5

金沢学院大学の学生の学力レベル

石川県内で他の大学を受験できないレベルの学生が多かった。

金沢学院大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
金城学院大学<金沢学院大学<北陸学院大学 といった印象。

金沢学院大学の世間からの評判

同法人の金沢学院高校からそのまま入学する生徒が多く、金沢学院高校は県内ではかなり低学力の高校で中学で通知簿が1がついても入学できる高校なため、自ずと大学のレベルも同等のものとなっています。

地元では大学卒業という肩書がほしいためにいく大学という認識が強いのが現状。スポーツ推薦で入学している人は好待遇だが、それ以外の人は就職も心配と言われています。バイト先でも、地元の人には少し馬鹿にされることもありますが、それもわかって入学している人がほとんどです。

県外から来た人はこうした評判を知らずにびっくりすることもあります。生徒の大半が地元で、金沢学院高校からそのままあがってきているので、低学力で4年制大学に進学したければ最初から金沢学院高校に入学して金沢学院大学へ入学するという流れになっているため、入試で落ちることはない、必ず受かる大学と言われています。入学してちやほやされるのは、スポーツができる学生だけです。

金沢学院大学の学生の様子

勉強を真剣にしている学生はほとんどいません。スポーツかバイト、もしくは遊んでいる学生が大半です。何か資格を取ろうとおもっても、それほど取得できる資格もないことや、勉強習慣ができていないため、勉強はほとんどしません。学生も勉強したくて入学している人はほとんどいないので、勉強をしている姿を見かけることはほぼないです。

また、授業中はお菓子を食べたり、スマホを触ったり、ゲームをしている学生が多く、中には雑誌を広げている人もいます。大声を出して騒いだり、授業を妨害する生徒は今のところみたことはないですが、ほとんど座って自分のしたいことをするといった感じです。授業のノートをとるのも面倒な場合は、携帯で撮影している生徒も多く、自由な感じです。

金沢学院大学の就職先について

大学の上位成績者やスポーツで優れた成績をおさめた人は有名な企業に勤めることはありますが、生徒のほどんとは地元スーパーや工場、中小企業の営業マンや自営業をつぐ人が多いです。

スーパーが多く、大学で学んだことを活かして就職するということはほとんどないです。地元のIT企業に勤めた人もいますが、ほとんどは名前もあまり聞いたことがない会社ばかりです。

就職先にはあまり期待はできず、地元でもそれほどこの金沢学院大学卒業生をほしいという企業は少ないので、就職活動は毎年大変だと聞きます。営業かサービス業、運送業がおおいので、その中から自分に合うものを探して就職をする形となります。レンタルCD屋や本屋に就職した先輩もいます。

金沢学院大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①勉強にうるさく言われないので、単位をもらいやすい。

②テストが簡単なため、勉強をする必要がない。

③出席数が足りていれば問題ないため、バイトがたくさんできてお金を稼ぐことができる。

悪かったところ

①就職先が少なく、就職活動で苦労する。

②バイトの面接でも馬鹿にされる

③あまりコンパなどでももてない。

→まだ入学して1年しか経過していないためこの先、それくらい良いことや悪いことがあるかはわかりませんが、大学のレベル同等の評判しかないため、特に期待はしていません。ただ、良かったことは他の大学は絶対に受からないとわかっていたけれど、一応4年制大学に入学しこのままでいけば卒業が留年せずにできそうな点は良かったと思います。

金沢学院大学に通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。自分の学力からいえば、4年制大学に入学し、卒業までできるなんて中学校や高校生の時には想像もできていなかったです。そのため、この大学に入学したことで「大学生になる」という夢は叶えることができました。

この大学に通ってよかったと思える点は、友人に恵まれました。それほとお高くとまっている生徒もおらず、また小さい頃からスポーツ一筋で一生懸命頑張っている人を友達になれたことで、ひとつのことをずっと続けている人は、根性や精神力が強くその友人から教えてもらうことはたくさんありました。そういった点では、全く自分とは異なる人と出会い、そういう人生もあるのだと知ることができました。それはとても刺激になりました。

金沢学院大学の基本情報

金沢学院大学の住所と最寄駅

◇住所
〒920-1392
石川県金沢市末町10

◇最寄駅
JR「金沢駅」より北陸鉄道バス「金沢学院大学行き」に乗車(所要時間約35分)

金沢学院大学の学費(4年間)

金沢学院大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

文学部…学費416万円
経営情報学部…学費412万円
芸術学部…学費524万円
人間健康学部(スポーツ健康)…学費456万
人間健康学部(健康栄養)…学費524万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、金沢学院大学の学校パンフレットでご確認下さい。

金沢学院大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
金沢学院大学は付属高校からの進学者が多く、大学の学力レベルもいわゆるfランとよばれるくらい低いものとなっています。

この記事以上に金沢学院大学について詳しく知りたいという方は、金沢学院大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で金沢学院大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

金沢学院大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*