川崎医療福祉大学の評判と偏差値【岡山県の国立大学の滑り止め】


こんにちは!
今回は川崎医療福祉大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、川崎医療福祉大学のレベルはそこまで高くなく、岡山県内の国立大学の滑り止めとしてよく受験されるようです。

この記事以上に川崎医療福祉大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで川崎医療福祉大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば川崎医療福祉大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく川崎医療福祉大学の評判について見ていきましょう!
川崎医療福祉大学のパンフレットを無料請求
今回インタビューをした方は川崎医療福祉大学看護学部の卒業生です。

川崎医療福祉大学の評判まとめ

川崎医療福祉大学の偏差値

◇医療福祉学部
子ども医療福祉学科…偏差値40

◇保健看護学部
保健看護学科…偏差値47.5

◇リハビリテーション学部
理学療法学科…偏差値50
作業療法学科…偏差値45
言語聴覚療法学科…偏差値40

◇医療技術学部
臨床検査学科…偏差値55
診療放射線技術学科…偏差値47.5
臨床工学科…偏差値40
臨床栄養学科…偏差値40

川崎医療福祉大学の学生の学力レベル

普通科卒業であれば誰でも入れるだろうと思います。

川崎医療福祉大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
吉備国際大学<川崎医療福祉大学<岡山大学 といった印象。

川崎医療福祉大学の世間からの評判

私は川福(生徒は基本的にこう略してました)は短大よりはレベルが高いとは言われています。中庄には医大・大学・短大があってその中でも中間に当たるようで、短大の人からは頭いいよねーと言われてました。

逆に医大の人からは見下されるようでした。実習をしているときは指導者や看護師さんからは関連図、看護計画はしっかりと書けていると褒められました。しかし、逆に実践力がないとも言われています。高校のときは先生から川崎医療福祉大学は結構レベルが高いけど大丈夫かと問われたことがあります。

岡山県でよく国公立の滑り止めとして受けているという話をちらほら聞きます。逆に言えば、国公立を受験できるレベルの人がいるということで全体のレベルとしては悪くないのではと思います。学費が高く、学校の中にエレベーターがあるなどなかなか設備に力を入れ、中庄に住んでいる人は大なり小なり川崎より恩恵を受けている人が多いため、川崎王国などと言われています。

川崎医療福祉大学の学生の様子

専門科目は真面目に授業を受けている人は多いですが、必修になるとみんなスマホをいじって遊んでいる人が多かったです。看護科は単位を落とすと後々が大変で、実習にいけなくなる可能性もあるためだと思います。または代返をして来ない、遅刻してくるという人も一定数いました。そういう人たちはいずれ単位を落とし辞めていくのですが、医療系とあって真面目に受けている人が多いです。

また、授業中は静かなことが多いです。特に専門科目だとグループワークが多かったり、提出必須のものがあったりなどあんまり遊んだりスマホをいじる暇がないです。逆に必修だとみんなスマホをいじっていたり、代返をして来ていなかったりなどが多かったです。特に一年生の後期から二年生になってくると徐々に増えてくるようでした。

川崎医療福祉大学の就職先について

川崎系列の看護学科出身者は基本的に中庄の川崎医科大学附属病院に就職するか、岡山川崎病院に就職するか、地元へ帰るかのパターンが多かったです。

川崎医科大学附属病院と岡山川崎病院に就職するならほとんど難しい試験なく内定を貰うことができます。なので就職で困ったという人はここの大学ではほとんど見かけたことはありませんでした。

困るとしたら、他の病院を受けようとしたときに何故川崎医科大学附属病院では駄目なのか、なにが問題なのかを聞かれるといったことです。他の学部でもそこまで苦労したという話は聞きませんでしたが、理学療法士や作業療法士などは最近厳しくなってきたので小さな病院や企業に就職することが多いと聞きました。

川崎医療福祉大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①設備がきれいだったところ。エレベーターがついていたり建物がきれいだったり充実していました。

② 院内と大学内がつながっていて、白衣で行き来できること。

③学校内のパン屋が焼きたてで美味しかったです

悪かったところ

① 川崎の学生しかいないので他の大学との交流はほとんどなかった

②医大生に苛ついてしまうことがありました。やはり一番学費が高く、幅を利かせているぶん優遇されていたと思います。

③不審者が多いです。医療系で女子が多いからか、不審者が多く夜に一人で帰るのが怖かったです。大学のせいではないですが、自己防衛が必要でした。

川崎医療福祉大学に4年間通ってみていかがでしたか?

正直他の大学に進学していれば良かったと思います。一番は学費が結構高いことで、よくわからないオブジェや設備に使われていることがあり、それが不満でした。授業などは先生によってムラがあり、良い先生もいれば嫌いでどうしようもない先生もいましたし、相性だと思います。

岡山県は病院や専門学校が多く、川崎に拘らなくても看護師には十分なれると思います。また、実習先は川崎医科大学附属病院のみなので、そのまま就職すれば他の病院を知らないまま生きていくことになるのでもし視野を狭めたくないという方がいるのでしたからあまりおすすめはしません。しかし、設備は十分あり、将来川崎医科大学附属病院にて働きたいという意思があるのでしたら良いと思います。

川崎医療福祉大学の基本情報

川崎医療福祉大学の住所と最寄駅

◇住所
〒701-0193
岡山県倉敷市松島288番地

◇最寄駅
JR山陽本線「中庄(なかしょう)駅」より徒歩15~20分

川崎医療福祉大学の学費(4年間)

川崎医療福祉大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

医療技術学部…学費596万円
医療福祉学部(医療福祉)436万円
医療福祉学部(臨床心理、子ども医療福祉)456万円
医療福祉学部(保健看護)616万円
医療福祉マネジメント学部(医療福祉経営、医療秘書)456万円
医療福祉マネジメント学部(医療福祉デザイン)556万円
医療福祉マネジメント学部(医療情報)516万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、川崎医療福祉大学の学校パンフレットでご確認下さい。

川崎医療福祉大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
川崎医療福祉大学のレベルはそこまで高くなく、岡山県内の国立大学の滑り止めとしてよく受験されるようです。

この記事以上に川崎医療福祉大学について詳しく知りたいという方は、川崎医療福祉大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で川崎医療福祉大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

川崎医療福祉大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*