弘前大学の評判と偏差値【就職先は地元の中小企業が多い】


こんにちは!
今回は弘前大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、弘前大学は青森県内でトップの大学であり、就職先としては地元の中小企業が多いようです。

この記事以上に弘前大学の情報を詳しく知りたいかたはスタディサプリ進路というサイトで弘前大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、スタディサプリ進路を使えば弘前大学のパンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく弘前大学の評判について見ていきましょう!
弘前大学のパンフレットを請求
今回インタビューをした方は人文社会科学部社会経営課程の卒業生です。

弘前大学の評判まとめ

弘前大学の偏差値

◇人文社会科学部
文化創生課程…偏差値47.5
社会経営課程…偏差値47.5
社会経営課程…偏差値47.5

◇教育学部
学校-小学校…偏差値50
学校-中学国語…偏差値50
学校-中学社会…偏差値50
学校-中学数学…偏差値47.5
学校-中学理科…偏差値47.5
学校-中学技術…偏差値45
学校-中学家庭科…偏差値47.5
学校-中学英語…偏差値52.5
学校-特別支援教育…偏差値47.5
養護教諭養成課程…偏差値47.5

◇医学部
医学科…偏差値67.5
保健-看護学…偏差値50
保健-放射線技術科学…偏差値52.5
保健-検査技術科学…偏差値52.5
保健-理学療法学…偏差値50
保健-作業療法学…偏差値50

◇理工学部
数物科学科…偏差値47.5
物質創成化学科…偏差値45
地球環境防災学科…偏差値42.5
電子情報工学科…偏差値45
機械科学科…偏差値45
自然エネルギー学科…偏差値42.5

◇農学生命科学部
生物学科…偏差値50
分子生命科学科…偏差値50
食料資源学科…偏差値50
国際園芸農学科…偏差値50
地域環境工学科…偏差値47.5

弘前大学の学生の学力レベル

偏差値45〜60以上まで、ピンからキリまで学力の差がありました。

弘前大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
山形大学<弘前大学<宮城教育大学  といった印象。

弘前大学の世間からの評判

地元で考えると、青森県内においては唯一の国立大学であったため、かなり評判がよく、弘前大学に在学、卒業という経歴を伝えると、頭がいいというイメージを持たれました。

しかしながら、弘前大学出身者であれば、学力にピンからキリまであることをわかっているため、学部などを詳細に聞かれ、それで判断されることもありました。また、医学部もあり、医学部は偏差値も他の学部に比べ格段に高く、キャンパスも他の学部とは違う場所にあったため、別格扱いでした。

それでも、地元の企業では弘前大学出身だとかなり優遇されることが多く、ステータスにはなっていたと思います。高校の先生からは、大学に進学するとなると、まず弘前大学を勧められ、学部も文系から理系まで幅広く取り揃っているため、そこそこの勉強でも合格でき、ある程度のステータスになる弘前大学は、高校の進学実績を作るためにはうってつけの大学であったと、今改めて考えるとそう思います。

弘前大学の学生の様子

授業の最初だけ出て、出席確認さえしてもらえれば出席扱いになる授業も多かったので、サボる人は多かったと思います。サボる人は大抵食堂にいることが多いため、四六時中食堂が混み合っており、席を確保するのに苦労したことを覚えています。また、当時は構内でタバコを吸うことができたため、喫煙所にも学生が多くたむろしていました。

また、授業中は寝ている人が多かったと思います。授業時間も90分と長いため、集中力が続かないことが原因だと思います。あとから真面目にノートをとっていた人から写させてもらう、ということも頻繁にありました。逆に体育などの授業はみんな真面目に出席していて、かつ授業も楽しんで受けている印象がありました。体を動かすことがみんな好きだったのかもしれません。

弘前大学の就職先について

医学部医学科や医学部保健学科の学生は苦労なく病院などの内定を貰えていたと思います。教育学部の学生は、やはり教員を目指す人が多く、教員試験の勉強をひたすら行っていたと思います。

他の学部の学生は、自分も含め早めに就職活動を始めているのにも関わらず、なかなか内定がもらえず苦労していた印象があります。最初から公務員志望で就職活動をせず、試験勉強に励んでいた人もいました。

大学で合同就職セミナーも何回か開催されていて、地元の中小企業に就職していた人が多かったと思いますが、地元の中小企業の採用募集はそれほど多くなかった印象もあり、関東、関西近郊の企業の就職を目指していた人も少なくなかったイメージがあります。

弘前大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①青森県以外の県からやってきた学生も多く、いろんな意見を聞くことができ、知識や見識が広がったことです。

②文系から理系まで幅広く学部があり、別の学部の学生と同じ授業を受ける機会もあったので、そこで意見交換することができました。

③キャンパスの周りは学生用の安い店、居酒屋やアパートなどが揃っていて、生活する上で便利でした。

悪かったところ

①構内や学所が他の大学と比べて狭く、暇をつぶす場所が少なかったです。

②他の学部の建物に入るときは気まずい雰囲気があり、健康診断は普段のキャンパスからまた別の遠い場所で受けなければならず、めんどくさかったです。

③駅からキャンパスまでが遠く、他の市から電車で通う際は大変でした。また、駐車場も狭く少なく、車で通うのも大変でした。

弘前大学に4年間通ってみていかがでしたか?

別の大学に進学すればよかったと思います。 理由としては、地元の大学だということもあり、周囲の環境など、新鮮さがあまりなく、顔見知りも最初からいたため、交際範囲も自然と狭まってしまったことです。

サークルなどでも最初から身内で固まっているという印象が強かったので、入りづらさを感じました。 また、授業を真剣に受ける学生が少なく、それに流されてしまう傾向もあり、勉学に身が入りにくい環境ではありました。

よって、大学に行ったことで学べたこと、知識になったことが少なかったと感じました。学部によっては授業体制、内容も変わり、また別だったのかもしれませんが、人文社会学部は そういった授業をさぼる傾向が強かったと思います。

弘前大学の基本情報

弘前大学の住所と最寄駅

◇住所
〒036-8560
青森県弘前市文京町1

◇最寄駅
JR「弘前駅」よりバス乗車、「弘前大学前」または「弘前大学農学生命科学部前」停留所下車すぐ。

弘前大学の学費(4年間)

弘前大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

医学部…学費349万円
人文社会科学部…学費242万円
教育学部…学費242万円
理工学部…学費242万円
農学生命科学部…学費242万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、弘前大学の学校パンフレットでご確認下さい。

弘前大学のパンフレットを請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
弘前大学は青森県内でトップの大学であり、就職先としては地元の中小企業が多いようです。

この記事以上に弘前大学について詳しく知りたいという方は、弘前大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

スタディサプリ進路というサイトを使えば簡単に弘前大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

弘前大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*