日本獣医生命科学大学の評判と偏差値【獣医学科は難しい】


こんにちは!
今回は日本獣医生命科学大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、日本獣医生命科学大学は全体的には東京農業大学以下の難易度ですが、獣医学科だけは難易度が高く上智~早慶ほどの難しさです。

また、日本獣医生命科学大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで日本獣医生命科学大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば日本獣医生命科学大学のパンフレットは完全無料で取り寄せることができます。
日本獣医生命科学大学のパンフレットを無料請求
それでは、さっそく日本獣医生命科学大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は日本獣医生命科学大学応用生命科学部の卒業生です。

日本獣医生命科学大学の評判まとめ

日本獣医生命科学大学の偏差値

獣医学部
獣医学科…偏差値65
獣医保健看護学科…偏差値45

応用生命科学部
動物科学科…偏差値42.5
食品科学科…偏差値40

日本獣医生命科学大学の学生の学力レベル

獣医学部を目指していた学生、農業高校出身者が多かったです。

日本獣医生命科学大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
日本獣医生命科学大学<東京農業大学 といった印象。

日本獣医生命科学大学の世間からの評判

就職活動中、日本獣医生命科学応用生命科学部ではどんな勉強をしていますか?とよく聞かれましたので、答えると専門的知識が豊富なんですね!とよく感心していただけました。学祭は地元の人たちも気軽に参加できる形で、動物のふれあいコーナーや他大学ではない動物に関する展示や企画をを行っていましたので、たくさんのお客様が来てくださいました。

あまり一般的な有名大学ではないですが、獣医学や家畜、生命科学等の狭く深い分野を勉強すると分かった相手からは、将来仕事には困りませんねといった評価を頂いております。大抵の人からは、どんな授業があるか、実習内容は何をするのか、と細かく聞かれたため、事細かにお話するととても驚かれて、「私には難しくて分からないわ。あはははは。」といった会話になります。

そして、最終的には、動物が好きな学生さんが集まる大学なんですね!といった感想をもらうことが多かったと思います。特に大学のレベルについて聞かれることは少なかったように感じます。

日本獣医生命科学大学の学生の様子

動物好きで、みんな何かしらペットを飼っていました。キャピキャピしてる人はごく僅かで、ほとんど平凡な学生が多かったです。地方出身者も多く、一人暮らしが結構いました。

一部不良学生がいましたが、授業には出席していましたし、成績もそれなりに良かったと思います。ずる賢い系の男子学生が多かったイメージです。女子学生はハキハキとした人が多く、面倒見が良かったです。

また、一般教養の科目に対しては、やる気が出ない学生が多かったです。特に英語の時間は、先生もあまり良くないせいか、出席率は悪かったです。

実習や実験、動物に関する授業では目がキラキラしていました。特に、解剖を行う時間はワクワクしているような人が多かったと感じました。授業はパワーポイントのスライドが多かったので、デジカメ等で撮影している人が多く見られました。板書を書き写す人は少数派だったと思います。

日本獣医生命科学大学の就職先について

獣医学部や獣医看護は動物病院への就職が多いですが、大学院に進む人、実験系の中小企業に進む人もいます。応用生命科学部では、食品会社、医薬品、家畜系に進む人が多いです。みんな中小企業がほとんどです。家畜の勉強をするので、そっち系の公務員を目指す人もいて、講座もやって貰えます。

また、理科系や農業の教員免許を取得し、教師になる人も毎年います。大手メーカーの説明会が大学内で行われますので、優秀な学生はそこに決まることもあります。私の先輩は大手の医薬品メーカーに進みました。牧場や野生動物といった方向に進む人ももちろんいます。難しい進路とは思いますが、全国、海外を飛び回っていると聞いています。

動物園や博物館を志望する人も多くいますが、こちらは狭き門ですので全ての人が進める道ではないようです。学生時代の実習の時から、動物園を選択しておかなければいけないようです。

日本獣医生命科学大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①自分が学びたかった動物について、多方面から深く知ることが出来ました。

②動物好きな人たちが進学してくる大学なだけあって、話していても楽しいし、見たことない動物や触ったことない動物にも触れ合えて楽しかったです。

③1番通らないと思っていた分野の就職先に出会えて、自分の中の世界が広がりました。

悪かったところ

①大学自体古いのであちこちガタがきていて、卒業した後、色々取り壊しになってしまいました。少し寂しいです。

②喫煙所があって、喫煙を助長しているような雰囲気が少しだけですけどありました。

③全然、学食が充実していなかった点です。場所も狭くて、入れ代わり立ち代わりなので、落ち着いてご飯を食べれませんでした。

日本獣医生命科学大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。理由は、1番学びたかった動物について、勉強できたからです。元々、動物好きだから漠然と獣医さんになりたいなと思っていたので、進学先を考える時もそういう大学ばっかり見ていました。獣医学部がある大学には、私が通った応用生命科学部動物科学科のような学科が他にもありました。

この大学は、元は畜産学部で、家畜の牛豚鶏をメインに授業が進みましたが、哺乳類はこの子達をベースに考えるというのが当たり前と教えてもらいました。

また、動物園や牧場も経験できましたし、農業の経済についても興味を持てるようになりました。人間、食べないと生きていけませんから、「食べる」ことについて色々な角度で視られるようになったことは財産です。より一層、人間以外の動物を大切にしていきたいと思いましたし、愛していきたいと思いました。

日本獣医生命科学大学の基本情報

日本獣医生命科学大学の住所と最寄駅

◇住所
〒180-8602
東京都武蔵野市境南町1-7-1

◇最寄駅
JR中央線「武蔵境」駅より、徒歩2~7分

日本獣医生命科学大学の学費(4年間)

日本獣医生命科学大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

獣医学部(獣医)…学費1,373万円(6年間)
獣医学部(獣医保健看護)…学費847万円(6年間)
応用生命科学部…学費577万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、日本獣医生命科学大学の学校パンフレットでご確認下さい。

日本獣医生命科学大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
日本獣医生命科学大学は全体的には東京農業大学以下の難易度ですが、獣医学科だけは難易度が高く上智~早慶ほどの難しさです。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、日本獣医生命科学大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で日本獣医生命科学大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

日本獣医生命科学大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*