北里大学の評判について【免疫学の研究が盛んです】


こんにちは!
今回は北里大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、北里大学は医療系の分野、特に免疫学の研究がとても盛んです。そのため、それらの研究を希望する方にはとても良い大学です。

この記事以上に北里大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで北里大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば北里大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく北里大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は北里大学理学部の卒業生です。

北里大学の評判まとめ

北里大学の偏差値

◇理学部
物理学科…偏差値50
化学科…偏差値52.5
生物科学科…偏差値55

◇獣医学部
獣医学科…偏差値60
動物資源科学科…偏差値45
生物環境科学科…偏差値45

◇海洋生命科学部
海洋生命科学科…偏差値50

◇薬学部
薬学科…偏差値60
生命創薬科学科…偏差値55

◇医学部
医学科…偏差値62.5

◇看護学部
看護学科…偏差値55

◇医療衛生学部
健康科学科…偏差値42.5
医療検査学科…偏差値52.5
医療工-臨床工学…偏差値50
医療工-診療放射線技術科学…偏差値55
リハ-理学療法学…偏差値52.5
リハ-作業療法学…偏差値45
リハ-言語聴覚療法学…偏差値45
リハ-視覚機能療法学…偏差値45

北里大学の学生の学力レベル

一流の国立大学を落ちて来た人が多い。推薦で入ってきた人は本大学のレベルよりかなり低い人もいる。そのためレベルに開きがあります。受験で英語の比重が小さいため英語が苦手な傾向にあります。

北里大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
日本大学<北里大学<東京理科大学 といった印象。

北里大学の世間からの評判

THE世界大学ランキングにランクインしています。

また、北里柴三郎の研究所が元になっていることもあってか海外の方からの認知度の方が日本より高いかもしれません。さらに、2017年の採用数を増やしたい大学ランキングにおいても私立では1位を獲得しており、日本と海外の両方で知名度のある大学だと思います。

実際にインターンに行ったり、就職した先輩の話を聞いたりした友達の話では、北里大学出身には優秀な人が多い、また、ブランドになっているという事を聞きました。免疫学の研究室では、毎年大手に就職する人が多く、私が在学していた時も先輩方の就職先を聞いて驚いた事があります。

また、研究成果においても結果を残しており、イブノーベル賞の受賞、さらには特別名誉教授の大村智先生のノーベル賞受賞も記憶に新しいかと思います。北里大学ですといってバカにされたことはありませんがそれよりもどこ?もしくは医学部?と言われることが多く理学部の存在はあまり大きくないようです。

とはいえ、理学部の偏差値も低くはないので、たまに頭良いねと言われることがあります。

北里大学の学生の様子

授業の出席率はほとんどの学生が出席しています。また、試験勉強にも多くの時間を充てているように思います。早い人では1ヶ月以上前から試験勉強を始め、2週間前には大半の生徒がやっています。

そのため、試験に落ちる人は少なく、大体いつも同じ人が落ちる傾向にあります。また、部活やバイトと上手く両方している人がほとんどで、一言で言うと真面目な人が多い印象です。

北里大学の就職先について

医療系の学生は、どのくらいの余裕を持って内定を貰っているか分からないですが、苦労話をあまり聞かず、大学病院のレベルを考えるとそれほど困る状況では無いように思います。

理学部の特に私が在学していた生物科学科では、MRやCROの大手に就職出来る人もいればそうでない人もいます。飲食業界にも強いイメージです。ただ、レベルを問われると少し難しく、半数近くは大学院に進学しそれらの人に成績優秀者が偏る傾向にあるため、あまり名前の知られていない企業に勤める事が多いように感じます。

先ほど述べたMRの大手に直接入るような人は修士号まで取っている人が多いです。とはいってもMRなどの業界は同じ業界内での転職が当たり前で学部卒業後に、キャリアを積んでいる人も少なくないように思います。また、生物学という性質上、就職先は多岐に渡るためいろいろな業界のいろいろなレベルの企業に就職しているというのが一番正しいと思います。

北里大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①医療系に強い大学ということもあり、大学の授業は生物学の基礎になる学問に重点があったので、他大学の大学院受験の際の受験勉強が一度細かくやった内容なので、勉強しやすかったところ

②大学自体に研究室が少ない関係で4年次では外部の研究室に多くの学生が配属される仕組みだったが、むしろ様々な専門の研究室から選ぶ事が出来る点

③それらの研究室のほとんどが就活や大学院受験に理解があり、それらのために時間を割くことが出来た点

悪かったところ

①一般教養の事務室があまり親切ではなく、むしろ学生をナメた態度で対応する人もいた点

②2年次で他のキャンパスに移動する学部がある関係で他学部のいるサークルや部が少なく他の学部の情報が入って来にくい点

③高い授業料なのに追試でさらにお金を取る点

北里大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。なぜなら、生物の基礎を固めることが出来、さらに、大学院受験のために時間を割くことができ、現在の大学院に進学することが出来たためです。

また、海外ボランティア部に在籍し、フィリピンへ住居建設へいったり、南三陸へ行ったりして多くの経験特に、旅行では得られないものを得ることが出来た点です。海外へ行く経験が出来たため、卒業旅行では、同じ部の友達とトルコ、ギリシャ、エジプトをまわる旅が出来ました。

また、親友と呼べる友達が出来たことも大きいです。先生方や先輩方との交流も多く、フットサル大会やソフトボール大会、また実習後の飲み会など楽しい思いを多く出来たことがよかったです。独り暮らしで、友達と宅飲みしたりしたことも実家暮らしではなかなかできない事だったので良かったと思います。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
北里大学は医療系の分野、特に免疫学の研究がとても盛んです。そのため、それらの研究を希望する方にはとても良い大学です。

この記事以上に北里大学について詳しく知りたいという方は、北里大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で北里大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で北里大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*